2015年12月31日

古木に柏紋を、ひたすら書き起こす

29日から冬休み、休み初日、年賀状を作って印刷、
家紋Worldの年始関連のチョコッと作業に集中!
年賀状を投函しにチョコッと出た以外、やはり、引き籠ってしまった。

引き籠りついでに「古木に柏(株柏という言い方が定着しつつある)」
の書き起こしを始めたら、スイッチが入ってしまい、
古木柏(株柏)の家紋作図に熱中してしまった。

20151229.jpg
29日、七つ書き上げた


「古木に柏紋」は、サイトを立ち上げてすぐのころの1998年の四月、
たまたま出かけた舞鶴の寺町で見つけたのが初めてで
以後、あちこちで見つけたが、この夏、綾部において
ザクザクと「古木に柏」紋を発見した。
そして、使用されている家の方にお話を聞くことができ、
綾部では「株柏」と称している推していただいた。
「株柏」、古木に柏よりも響きがいいし、めでたさもアップする感じだ。

そんな古木に柏(株柏)紋、昨日、そして今日までの三日間
ずーっと引き籠り状態となり、24紋、書いてしまった。
なんというか、久しぶりに、すごい達成感を味わったことだ。

KabuKasiwa.png
30日、18紋を書き起こした

ところで、描きながら気付いたことは、古木に柏紋の図柄、
輪のなかにおさめる配置は、結構いい加減のようだ。
「古木に柏(株柏)」紋は、紋帳に載っていないことから、
墓石業者が家紋を彫るときに発注者の資料(古いお墓の写真など)を
ベースにせざるをえず、やむを得ない結果のようだ。
それゆえに、なんとも自由奔放で多彩なな紋形が生まれたようだ。

koboku_24mon.png
さらに6紋を書き起こした

mon_20151231.png
紋形の基本形を考察してみた


前々から「古木に柏」紋に対してなんとなく思っていた、
武家の時代にはなかった家紋であったろうということが
書き起こし作業をしているなかで実感された。
まだまだ謎だらけの家紋「古木に柏(株柏)」
その起こりは奈辺にあるのだろう?また、綾部を訪ねずばなるまい。
posted by うさくま at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170979791

この記事へのトラックバック