2015年12月26日

半年ぶり、山城整備作業に参加

「辻を知ろう歩こう会」さんの東山城整備作業に混ぜてもらって、
久しぶりの肉体労働に汗を流した。
今日のメニューは本来の大手ルートといわれる南側からの登り道の整備、
取り付き箇所は辻川の崖沿いの斜面を登る危険なルート。

IMG_0736.jpg
大手ルート登り口に全員集合

片側が谷川の崖に沿った獣道のような危ない山道、
ある程度、登ると、いい感じの山道があらわれるが、
しっかりとした足回りで登らないと途中で立ち往生してしまう可能性もある。

IMG_0739.jpg 登り始めると、大竪堀

IMG_0742.jpg
道開けに着手

IMG_0745.jpg
曲輪群に到着

IMG_0751.jpg
自然に倒れた倒木を撤去する

昨今の山城ブーム、事故防止他のため「危険ですよ」という
注意カンバンの設置は必至かと思われた。
ともあれ、尾根の山城部まで道を開け、南曲輪群の倒木撤去作業に汗を流す。
昨今、あちらこちらで山城の整備が行われているが、
木々を切り払い、四阿を立てて整備完了というのが多い。

IMG_0758.jpg
木々は程よく残しておく

IMG_0776.jpg
きれいになった曲輪

IMG_0777.jpg 危険な個所には階段も・・・


しばらくして再訪すると、なんとなく荒れ気味状態とく残念さ。
山城に限らず、整備作業は完了したときから新たな作業が始まる、
地道な作業の積み重ねが史跡保護につながる、ということだ。

IMG_0784.jpg
作業終了、足元に気を付けながら下山


半年ぶりの整備作業への参加、来年以降も地道な作業は続けられる。
可能な限り参加したいと思っている。
posted by うさくま at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170977273

この記事へのトラックバック