2015年09月23日

諏訪上社の「根あり三つ梶の葉(諏訪梶葉)ウォッチ

諏訪上社の大祝・諏訪氏の家紋は
諏訪上社の神紋である「根あり三つ梶の葉(諏訪梶葉)」である。
諏訪氏にゆかりの地を歩くと、
当たり前のことだが諏訪梶葉紋が否応なく目に入ってくる。

IMG_0039_takasima.jpg IMG_0046_gokoku.jpg
諏訪高島城内で         諏訪護国神社賽銭箱で

IMG_0108_syouryuuzi.jpg IMG_0127_raigakuzi.jpg
佛法紹隆寺で           頼岳寺で

IMG_0139.jpg
頼岳寺境内に植えられている梶の木

それらの諏訪梶葉紋を見ると
現代の紋帳などに記された紋形にとらわれることなく
自由に描かれていて、なんとなくホッとしたりした。
いまさらのことながら、諏訪大社は上社と下社があり
上社は根が四本、下社は五本がお約束であった。

IMG_0132_raigakuzi.jpg IMG_0150_raigakuzi.jpg
頼岳寺境内で

IMG_0154_raigakuzi.jpg IMG_0155_raigakuzi.jpg
頼岳寺境内墓所で

上社の本宮、前宮をはじめ、諏訪氏ゆかりの地で採取した
諏訪梶葉紋は根が四本ばかりであったが、一つだけ五本のものがあった。
ま、そういうこともあろうか・・・。と思いつつ
なんとなく上社と下社のお約束事は守ってほしかったような。

IMG_0285_suwa.jpg

IMG_0279_suwa.jpg IMG_0281_suwa.jpg
諏訪上社本宮で

IMG_0302_suwa.jpg IMG_0329_suwamae.jpg
何故か?五本足         諏訪上社前宮で

 
また、ゆかりの寺社に植樹されていた梶の木の葉っぱが
まったく、諏訪梶葉紋に似ていないのもおもしろかった。
とはいえ、成長した梶葉が一般的な、特に平戸梶葉紋に似ていた。

kazi_ha.jpg   matura_2.jpg
一般的な梶葉紋          平戸梶葉紋


あたりまえのことだが、では諏訪梶葉は?
ということになるが・・・。 諏訪神のみぞ知るということか??
posted by うさくま at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋
この記事へのコメント
こんにちは。初めてメールします。

私70歳のリタイアした老人です。

先日、私の父の長兄が104歳で亡くなり、「自分の交友関係の写真は処分していいが、梶家祖先の写真は、残しておくように」と遺言があり、いとこが集まって相談し、私が明治期から今日までの写真をデジタル化し、アルバムを作り、いとこたち十数人で所有しようとなりました。表紙の絵柄をどうしようか?となり、梶の葉はどうだろうという話になり、ウェブ上で、探しています。このページでの写真は、使わせていただくことは可能ですか?その場合、費用は派生しますか?
お手数ですが、私のアドレスまで、お返事いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
Posted by 梶隆夫 at 2019年06月30日 00:43
梶 隆夫さま

書き込み、拝見しました。
家紋の写真の件、了解しました。
どうぞ、ご使用ください。
Posted by 播磨屋 at 2019年07月03日 05:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169742832

この記事へのトラックバック