2015年03月25日

八ケ尾山登山行、ルートチェック二回目

朝、起きると外は雪!
先日、咲き始めた沈丁花も雪をかぶって寒そう。
これが、この冬の「仕舞いの雪」か?
ということで、今日の八ケ尾山下見行計画は中止となった・・・。

IMG_4978.jpg

せっかく年休をとりながら残念だな〜と思いつつ
沢田城跡の小林寺境内墓地で採取した篠山藩士の家紋を整理していた
ところが、太陽が顔を出し、雪はアッサリ融けてしまった。

IMG_4986.jpg

「これは行けるのでは?」と、先輩のTさんらと連絡を取り合って
一時間遅れで予定していた登山行の実施となった。

先輩Mさんに拾ってもらって、篠山市東部の細工所交差点近くで集合
Tさんの車に乗り換えて筱見四十八滝キャンプ場に移動。
10:48 キャンプ場をスタート、岩場を攀じ、鎖場を登り、
折々に姿を見せる滝をめぐりながら高度を上げていった。

IMG_4997.jpg

IMG_5007.jpg

途中、晴れたと思えば、雪、霙に見舞われる悪天候、
足元に注意をしながら八つの滝を登っていく。イベント当日、
参加者は高齢者の方が多いということもあって、
安全なルートはないかと迂回路を探してみたが見当たらない。

IMG_5016.jpg

IMG_5033.jpg

やむなく、そのまま滝めぐりルートを直登。
最後の見上げる岩場を鎖を頼りに攀じ登ったところで11:43、
四十八滝のピークへと到着した。

IMG_5048.jpg

IMG_5064.jpg

あとは、四十八滝の源流となる谷川沿いを進んでいくと広々とした雑木林が広がる、
林のところどころに炭焼き釜跡が散在、ホッとする里山風景に心が癒される。
前回の登山行は八ケ尾山から小原口までの全ルートを踏破したが
今日は八ケ尾山への分岐点を滝めぐり周回コースにたどった。

IMG_5077.jpg

周回コースもいい感じの雑木林、ところどころに今朝の雪が残っている。
尾根筋のピークで弁当タイムをとったが、滝登りでかいた汗がひきはじめたところに
粉雪が舞ってきたりして震える寒さに見舞われた。
早々と弁当を使い、キャンプ場へと下っていく周回ルートの状態を確認しながら
12:55、無事キャンプ場へと下山できた。

下山したあと、風輪里で今日のコースを振り返りつつお茶をすることになったが
饂飩を注文。冷えた身体が温まったところでウダウダと雑談に時間を費やした。
色んな話のなかで、お墓の話は面白かった。

今日の踏査行で、健脚の方は四十八滝ルートを、
体力に自信のない方は周回ルートを選んでいただき
滝上の八ケ尾山の分岐点で合流することになった。
これで八ケ尾山春登山のルートチェックは完了、本番もなんとかなりそうだ。
posted by うさくま at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116071791

この記事へのトラックバック