2014年08月05日

栗柄峠を越えて、春日へ家紋探索行

ささやま市民文化講座まで、ついに一ヶ月を切ってしまった。
資料を探しレジュメとパワポを作成せねば!
と気合いを込めて向う三日間の夏休みをとった。

相方を栗柄に送り届け、そのまま丹波市立中央図書館を目指した。
栗柄の山道を抜けて春日に入ると正面に三尾山が飛び込んでくる。

IMG_6006.jpg
栗柄峠を越えて春日に入ると三尾山城が正面に現れる

三尾山の山頂には赤井氏の築いた城砦があり、春日東部を押さえる格好の場所であることが分る。しかし、いつ見ても三尾山上にある山城と山麓との往来は大変だったことであろう。むかしの武士の頑健さには頭が下がることだ。
三尾山から右手の山麓広瀬集落に目を移すと墓地が目に入った。となれば、図書館を最終目的地として家紋探索に汗を流すことになった。

早速お邪魔すると細見さんの墓所で「三つ星に半菊」を多数派に「三つ星」の畑さんも。すぐとなりの墓所は山内さんで「根笹」紋が刻まれていた。

ついで下三井庄方面の墓地をはしごする−
運動公園そばの墓地は山内さんの墓所で「抱き柏」。次の墓地では岡田さんの「木瓜」、杉山さんの「二つ引」 、すぐ近くの植栽で囲まれた墓所にお邪魔すると早形さんで「四つ梅鉢」だった。

kasuga_yamauti.jpg

さらに田尻家の墓地があり「抱き茗荷」。墓地の一角に建てられた石碑には近江国主佐々貴家高信の後裔が田尻を称したとあり、石碑には「隅立て四つ目結」が彫られていた。
ついで鹿場集落では畑家の墓地を発見、家紋は「半菊一文字」と「二つ引」。そして、十六菊の下部に一文字を組み合せた「菊一文字」紋に初めて遭遇したのであった。墓地の一角に荻野さんお墓があり、こちらは定番の「二つ引」が彫られていた。

kasuga_hata.jpg

春日地域は家ごとに墓所が構えられているようで、畑さんの「二つ引」、中川さんの「抱き柏」があった。
鹿場集落の東方山麓の天台宗寺院常楽寺の墓地を訪ねると、畑家と矢持家の墓石がずらりと並び畑さんが「菊に一文字」矢持さんが「違い柏」、おそらく両家が常楽寺の大檀那なのだろう。こちらの畑さんはすべて「十六菊に一文字」であった。
変っていたのは石塚家で「逆さ一枚鷹羽」というのだろうか、鷹の羽を逆にした家紋が彫られていた。ついで、住職であろう板倉さんの墓所は菱紋?木瓜紋?と悩む不思議な図柄で、あとで”紋友”から板倉木瓜と教えてもらった。お寺の紋は遠目に見ると「四つ石畳」に見えたが、「尻合せ四つ蓮の花」というのだろうか、初めて見る図柄のものであった。

kasuga_hata-itakura.jpg

お寺を出て南へ移動したすぐのところの墓地は中川さんで「抱き柏」紋であった。これほど見事に名字と家紋が揃っていると、家紋と名字好きには堪えられない墓地めぐりとなった。

今日の目的地である図書館では目的の書籍がいまだに返されていず、館内の郷土コーナーでも目ぼしい収穫もなかった。本を借り出している方は、返却期限を二週間近く延滞しているそうで、借りた人、図書館ともに「いい加減に過ぎないか!」と残念な気持で図書館をあとにした。

帰り道では、栗柄峠手前の集落野瀬の墓地へお邪魔した。
野瀬集落は集落挙ってと思われるほど、細見さんの大集合であった。こちらの細見さんはも定番の「丸に三つ星に菊」と「丸に三つ星」がほとんどで、一部、「三つ巴」紋の畑さんがいらっしゃった。その墓地には赤松家と片山家の墓所があり、いずれも「三つ巴」で巴紋の畑さんはこちらの影響なのかも知れない。

kasuga_hosomi.jpg

野瀬集落でも家ごとに墓地が営まれており、「丸に三つ星に半菊」の畑さんは花弁の数が七つ、八つ、九つのものがあり、多紀郡側の細見さんと同様に十弁のものはなかった。また、「三つ星」紋の畑さんの墓地では「細見某紀信正」と彫られた石碑があり、紀姓がいまもシッカリと伝えられていることに感動した。そして、天田郡から起こった細見氏が、氷上郡、多紀郡へと広まっていたことが、今回の家紋探索で実感されたのだった。

今回の春日町東部の家紋探索行では、畑さんと細見さんがダントツに多かった。そして、畑さんのほとんどが「菊一文字」紋であったことは大きな収穫であった。
多紀郡、氷上郡に多い畑さんは「二つ引」「鶴一文字」「菊一文字」紋が用いられている。畑家の家紋について『多紀郷土史話』では、宮村流・出合流・牛之丞流の三流があり、家紋は宮村流が菊一文字、出合流が丸に二つ引両、牛之丞流が鶴一文字を用い、それぞれの出自を伝えているという。
多紀郡では「二つ引」が多数派で、中世の土豪館をいまに伝え指定文化財でもある土居の内のある大渕の畑家が「鶴に一文字」、そして、寺院墓地に「菊一文字」が散見される。
史話でいう出合流とは篠山氏北部の畑氏のことであり、牛之丞流は土居の内の畑氏であることは推定できるが、宮村流というのが分らない。
今日、春日町で出会った畑さんの家紋は、「菊一文字」が圧倒的に多く、「二つ引」が数えるほど、「鶴一文字」は皆無であった。ここが、宮村流といわれる畑さんたちの故地なのか?その確証はえられなかった。畑氏でいわれる「宮村流」・・・?、おそらく答えはカンタンなものなのだろうが、いまだ回答にはたどり着けない。

蛇足ながら、春日の畑さんの家紋は集落の墓地で輪の中に菊一文字、菩提寺であろう常楽寺の境内墓地は輪のない菊一文字であった。加えて、菊が半菊のものと全体をほぼみせているもの、一文字の書体の違い、・・・等々が、嫡庶といおうか家紋に込められた由来を感じさせられた。
posted by うさくま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
私、井尻貴秀と申します。
49歳に至って自分のルーツを知るに及び、先生のHPに辿り着きました。
本文中、「さらに田尻家の墓地があり「『抱き茗荷』。墓地の一角に建てられた石碑には近江国主佐々貴家高信の後裔が田尻を称したとあり、石碑には『隅立て四つ目結』が彫られていた。」これは「井尻」家の間違いです。ここは間違いなく、私が幼少の頃参った本家の墓地ですあせあせ(飛び散る汗)
私は私の代から分家です。つまり私の父は本家筋?というわけですが、ちょっと先生の興味を惹きそうな事実があります。
私の祖父は、畑家からの養子、陽治。
私の祖母は、細見家からきた、てる。
本家は今の丹波市、旧春日町の下三井庄に実在します。
Posted by at 2019年12月20日 22:43
コメント拝読いたしました。

データを確認しましたら
確かに 井尻 と彫ってありました。
家紋は隅立四つ目結でした。

墓地の井尻姓の墓石には、何故か
抱き茗荷紋が彫られてました。

丹波の井尻さんは、ほとんどが
隅立四つ目結なのですが、何故なのでしょう?
石碑の碑文との相違に対して
疑問に思ったことを思い出しました。

年末年始で返信が遅れたことご容赦ください。
Posted by 井尻 様 at 2020年01月13日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102287200

この記事へのトラックバック