2021年01月31日

引き籠って、パソコンと戯れる

今日の丹波篠山は晴れ。
今年は未だ山城に登っていない。
年末に予定していた金山城にでも登ろうか!
と思わぬでもなかったが予定通りに引き籠った。

丹波新聞のコラムの校正チェックをすませ、
柏原歴楽会に依頼を受けた家紋講座の
レジュメ作成とパワポの編集。
ついで、大芋の知人から受けた歴史講座の
レジュメとパワポの編集に精を出した。

続きを読む
posted by うさくま at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2021年01月26日

入院二日目、ボーッと過ごす

今日は除去手術当日、大腸を空っぽにするため
昨日の晩ご飯から明日の朝食まで断食である。
朝、看護婦さんがきはって下剤を2リットル持ってきはった。
この不味い液体を二時間かけて飲み干すことになる。
昨晩、飲んだ下剤効果はなし、さて今日の下剤は?

IMG_6974.JPG
2リットルは、正直キツイ

検査の時も飲んだが、下剤2リットルはきつい!
黙々と飲んでいると便意が
あとは飲んでは出し、飲んでは出し
出るたびに看護婦さんに便の色目チェックを受ける

IMG_6991.JPG
することもないので、三田市街を見てみた

続きを読む
posted by うさくま at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月25日

三田市民病院に入院

昨年の健康診断で便潜血との診断結果
かかりつけの医者で再検査するも同様の結果。
三田市民病院への紹介状をもらい検査を受けると
何と大腸に11個のポリープがあるとのこと。

IMG_6960.JPG

切除手術をすることになり、予約して二ヶ月、
いよいよポリープ除去手術の当日を迎えた。
先日、病院から連絡があり、時節柄PCR検査を
行いますので8時45分ごろには来院くださいと。

続きを読む
posted by うさくま at 15:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月21日

園部町宍人で小畠家の家紋を探す

昨日、京都の車折神社で御札をゲットした帰路、
園部の宍人に寄り道した。
宍人といえば今年の大河ドラマでも名の出た
丹波の国衆「小畠」氏が本拠としたところだ。
先日も園部の資料館で小畠氏に係る文書集を買い求め、
小畠氏が拠った宍人城に登ったばかりだ。

その後、宍人に園部藩士であった小畠家の墓所があることを知り、
いつか行かねばと思い、今日、早速墓所探しに精を出した。
ネットなどから得た情報をもとに墓所を探したが見つからない、
不審な者(当たり前だが)を見る目つきでこちらを凝視されている
農作業中の方に話しかけ、墓所のあるところを教えていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 家紋

2021年01月20日

今年も一陽来復の御札をゲット

横浜に暮らしていた時から年初の恒例となっている
「一陽来復」の御札をゲットするため
京都の車折神社さんへ行って戻ってきた。

振り返れば、東京の穴八幡さんで「一陽来復」の
御札をはじめて頂いてから何年になるのだろう?
かれこれ二十年近くは続けているような。

続きを読む
posted by うさくま at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月16日

大芋の歴史資料づくりに引き籠る

先日、古い知り合いの方から
珍しく電話をいただいた。
大芋で山城や家紋の話をしてもらえませんか
という歴史講座の依頼であった。

大芋は篠山盆地の北東部に位置する集落、
多紀郡では早い段階から開けたところで
中世は大芋庄という荘園があった。

続きを読む
posted by うさくま at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2021年01月12日

2021年の初積雪

明け方、トイレに起きて外を見たら普通の夜明け前だった
ところが、寝床から出ると窓が明るい
もしやと外を見ると雪が積もっているではないか!

IMG_6692.JPG

137599541_3471424476289440_9220734569205458622_o.jpg

どうやら、五時前くらいから降りだしたようだ。
今日は休みの日、出勤する方々には申し訳ないが
このまま降り積もったら、楽しいだろうな・・・

なんて思ったが、陽が高くなるにつれ雪は止み
あれよあれよと言う間に融けてしまった。
posted by うさくま at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月09日

園部で墓紋ウォッチ、宍人城探訪

六日の水曜日、園部に出かけてきた。
目的は文化資料館発行になる小畠氏の史料購入。
いま、兵庫丹波の戦国武家の歴史を調べているが
京都丹波側に属する船井郡(現南丹市)の国衆であった
小畠氏も兵庫丹波側の武家に加えたい存在だ。

目的の史料を購入したあと、せっかくなので帰り道に
点在するお寺にお邪魔して家紋をウォッチ。あわよくば、
小畠氏の墓所に出会えればと思ったことだった。

続きを読む
posted by うさくま at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史探索

2021年01月06日

園部で小畠氏の史料を求め、史跡を歩く

何かと心に引っ掛かってくる丹波国衆に小畠氏がある。
明智光秀と深い関係をもった中世武家で
光秀の丹波攻めの研究が深まるにつれ小畠氏の存在は
丹波国衆のなかでも見過ごしにできないものとなってきた。

丹波の戦国時代といえば、赤井氏、波多野氏が
クローズアップされるが、かれらに劣らない
重要な役回りを演じた武家が小畠氏であった。
小畠は「こばたけ」とよみ、丹波らしい名字のひとつだ。

続きを読む
posted by うさくま at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2021年01月01日

2021、新春。

2021年の元旦を恙無く迎えた。
振り返れば、2009年の丑年の春
丹波篠山に出戻り、定着して十二年目となる。

2021_nengaKAMON.jpg

今年の干支も丑、篠山暮し1/5 還暦だ。

あれもしたい、これもしたい
あっちも行きたい、こっちも行きたい ・・・が
ワチャワチャせず、歳相応に
干支にならって、ゆっくり牛歩で行こう。
posted by うさくま at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記