2020年11月30日

姫路市大津区安積家、大江島肥塚家の家紋を探す

播磨の中世武家の歴史をズーッと調べている。
とくに、西播磨の武家の家紋と歴史を
歴史民俗誌Sala誌上に連載を始めてから四年、
なんとなく追われるように楽しく取材を重ねている。
それらの奮闘が効を奏したのか西播武家に係る講座の依頼も受け
改めて西播磨の武家家紋の取材に精を出している。

とくに姫路市大津区吉美の安積家と
大江島の肥塚家の家紋が気に掛かっていた。
あれこれ下準備を進めてきて、今日、現地へ出っ張ってきた。

続きを読む
posted by うさくま at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 家紋

2020年11月29日

春日町で成計さんの城郭講座を聴講

今日は半休をとって、高橋成計さんの講座を聴講。
お題は「丹波市の中世城郭」、場所は春日歴史資料館だ。
コロナ騒動ということもあって、人数制限があり
事前予約していたものだ。観光客が多い忙しい週末にあれだが
ムリを言ってワガママを通させていただいた。

a128139919_3363919530373269_8310202598283312336_o.jpg

b127638776_3363919810373241_1691683021620806166_o.jpg

さて、栗柄峠を越え、三尾山城跡、黒井城跡を横目に見ながら
一路、春日町に出張った。開場十分前に到着、
受付を済ませて入った会場はすでに満員だった。コロナによる
人数制限がなければもっと入場者は多かったのでは?

今日の講座は資料館で開催中の企画展「丹波市の中世城郭」と
連動するもので、企画展も成計さんの調査結果が主体となっている。
実際、丹波の城郭調査において成計さんは第一人者であり
その永年の成果は出版物としても刊行され、評判をよんでいる。
加えて今年の大河ドラマである。今日の講座への期待は高い。

続きを読む
posted by うさくま at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2020年11月28日

今月二度目、八上城ガイドに出動

今日は八上城の登山ガイド。
集合場所になる春日神社口の駐車場に出かけると
土曜日ということもあるだろうが、
すでに駐車場には車が十台以上停まっている。びっくり!

a127645794_3360798550685367_6944236012465697402_o.jpg

十時過ぎ、今日ご一緒する登山グループの皆さんが到着。
見れば、同年輩以上(いわゆる高齢者)の方々が大半であった。
例年なら、バスで出かけてウォーキングという予定だったらしいが
コロナ騒動のいま、密を避けて八上登山になったとのことだ。

続きを読む
posted by うさくま at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2020年11月24日

【実録!】三田市民病院で一日を過ごす

今年の健康診断で便潜血検査でプラスの結果が出た。
昨年の健診でも便潜血検査結果はプラスであったが、
なんら自覚症状もないこととて放っておいた。
今回は、念を入れてかかりつけの栖田内科でも検査を受けたら
そちらの方でも便潜血プラスの結果であった。

先生より大きな病院で検査を受けるべきとの指導をいただき
隣町にある三田市民病院の消化器内科への紹介状をいただいた。
そして、いよいよ今日は検査当日となった。

続きを読む
posted by うさくま at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月21日

ひさしぶり、藤原会長の講座を拝聴

今日は戦国にかかる講座のダブルブッキング!
一つは「講座丹波学」第四回、東大編纂所の金子哲さん、
もう一つは北播磨城研の藤原会長の講座。
悩んだ末に、藤原会長の方をチョイス。

金子哲さんはいま時の人、本能寺の話は正直聞きたかったが、
明智光秀がらみの講座は正直なところ食傷気味、
藤原会長の新説が聞けるであろう丹波穂壺城の方を選んだ。

126298124_3343246075773948_7723162973854217022_o.jpg

先日、会長より穂壺城の調査冊子を送付いただき
そのなかの赤井氏の件はおおいに興味を惹かれていた。
相方と連れ立って、会場になる
北はりま田園空間博物館へと出かけて行った。

続きを読む
posted by うさくま at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2020年11月19日

市島で取材、春日で展示見学、帰ってウェッブ更新

市島に遠征して郷土史研究会「いちじま史研」の
重鎮お二方に丹波吉見氏の歴史を取材。

126300398_3337744216324134_3235777292559464308_o.jpg

126298130_3337744439657445_7631371770738927137_o.jpg

丹波新聞の担当記者さんにお願いして設定いただいたもので
聞きたかったことをバッチリをうかがうことができ
まず見ることができない貴重な史料を拝見した。
想定通り!非常に有意義な時間を過ごさせていただいた。
丹波新聞に戦国コラムを連載しているからこその
ありがたい出会いであった。ありがたや、ありがたや。

続きを読む
posted by うさくま at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年11月16日

紅葉を求めて但馬へ遠征

「播磨屋備忘録(うさくま日々あっちこっち)」を始めて十二年、
振り返れば、当時は京都に住んでいた。
たかが十二年だが、いろんなことがあったな?。
次の十二年目は、なんと喜寿を越えている! 
呆けることなく頭も身体も元気で書き続けていればいいのだが?
それには、生きてこの世にいることが前提だが・・・。 

125242368_3328515253913697_122373702851311534_o.jpg

さて、今日は勤務先の休館日、紅葉を求めて
但馬の名草神社・日光院、出石城、養父神社に出かけて行った。

続きを読む
posted by うさくま at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年11月14日

播磨と丹波の国衆のコンテンツをアップ

朝、某ボランティアガイドグループの土曜会に出席。
なんとなく、マッタリとして帰宅。
ガイドグループもコロナ騒動でひと頃は勢いに翳りが見えたが
先月あたりからGoTo効果もあってガイド要請は増えているらしい。
しかし、いまコロナ第三波が来ている、前途は厳しい予感だ。

帰宅してのち、昨日来、勢いづいた家紋Worldの更新に没頭、
今日は播磨安積氏と丹波大槻氏のコンテンツをアップ。

続きを読む
posted by うさくま at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年11月12日

篠山城古地図を拝見。久しぶりのサイト更新

フッと思い立つことがあって、超!久しぶりに
「家紋World」の更新作業をやった。
久しぶりに過ぎて、はじめはFTPのディレクトリ構造、
Htmlの構造などなど、スッカリ忘れていて戸惑ってしまった。

a124625993_3318801704885052_1063574199409666894_o.jpg

やはり、作業は地味に続けるべき!ということを痛感。
ともあれ、丹波の芦田氏と余田氏のコンテンツを作成、アップした。
ただ、 ”」” と ”名” が化けるのは何故だろう???
以前、解決した事象だが、モヤッとした気分である。

昼からは、篠山城石垣の刻印、
丹波波多野氏の近世系譜を研究されている
歴史好きの知人のお誘いを受けて、
篠山城下町の古地図を見る機会に恵まれた。

続きを読む
posted by うさくま at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年11月09日

八上城の登山ガイドに出動!

一昨日、恒例の駅からハイキングが雨で中止となった。
今回のハイキング先は八上城登山だった。
これで、コロナによる春の企画流れに続いての中止
2020年度の駅からハイキングは残念な結果となった。

さて、今日はディスカバーガイドでの八上城登山ガイド。
お客さんは、丹波篠山市商工会女性部のオネエサマ方15人。
心配な天気予報は「晴れ」。

続きを読む
posted by うさくま at 16:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2020年11月07日

駅からハイキング 八上城ガイドが雨で中止

予定されていた「駅からハイキング」が雨で中止となり、
八上城登山ガイドは御役御免となった。
連休明けにも予定されていたが
新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
今年はコロナと雨で予定が流れることが多い。

さて、空いた時間をどうするか?
テレビをボーッと見ているのもつまらない。では、どうするか、
来月に予定されている宍粟学のの資料づくりを進めることにした。

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2020年11月05日

文化講座、波多野氏系図にかかる話を聴講

コロナで開始が伸び伸びなっていた市民文化講座、
半年以上の遅れで今日開講式が行われた。初回の講座は
大森さんの丹波波多野氏の系図(近世以後)にかかる話。

かねて大森さんから波多野氏系図の調査を進められる姿に接し
話を伺い、調査資料などもいただいていた。
今日の講座はその一つの到達点というべきもの
本当は八月に予定されていたがコロナで延期になったのだ。

IMG_4108.JPG

ちなみに市民講座は受講料が必要なのだが、そこはそれ
大森さんやスタッフさんらのご好意に甘えて
コソッと会場に入れてもらい聴講することができた。
なんというかズッコイ、セコイことであった。

期待した講座は音響が悪過ぎて、半分も聴き取れない。
しかも、パワポの文字が小さ過ぎてよく見えない。
会場は自らが勤めるところでもあり、言うのは憚られるが、
せっかくのいい講座が残念なことであった。
posted by うさくま at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2020年11月03日

来たる講座の発表資料づくりと格闘する

今日は公休日だが、あいにくの雨。
仕方がないので、家に籠もって、デスクワーク作業にいそしんだ。
一昨日に図書館友の会の講座が終了、
次は来月に予定されている
西播磨の「宍粟学」での発表資料づくりだ。

一応、全体の流れは作っていることとて、それに沿って
暇を見てはジワジワと、資料にあたり画像を作成してきた。

続きを読む
posted by うさくま at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月01日

丹波新聞、連載四回目が掲載

丹波新聞、今日の朝刊に
兵庫丹波の戦国武家コラム 第四回が掲載された。
今号は、市島町西部の国衆「余田」氏。

1101_123287539_3125949637511077_4335247844122817801_o.jpg

この戦国武家コラム、いろいろ書きたいことはあるのだが、
文字量千文字というのが一つのシバリなので
どうしてもガッツリと書き込むことはできない。
そこが残念なところではあるが、
これまでの見聞に加え、資料探し、取材など、
このコラムをやったからの新たな出会い、発見もある。

次号は「吉見」氏を予定しているが、写真ネタに苦しんでいる。
さて、どのように原稿を仕上げるか、
ハードルが高いほどに楽しいのである。
posted by うさくま at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記