2020年10月31日

中央図書館で家紋講座

今日は篠山図書館友の会さんから依頼を受けた
家紋講座「家紋って何?(兵庫丹波編)」をやらせていただいた。
このネタは播磨屋にとっては鉄板ネタである、
聞けば事前予約も好調だったとか、ありがたいことだ。

1031_123135466_3123912131048161_2309171224118608072_o.jpg

友の会での講座は昨年の「明智光秀と波多野秀治」に
つづいて二回目のこと、会場も図書館の視聴覚ルーム。
スタッフの方とも面識があることとて
なんとなく安心して会場へと出かけて行った。

続きを読む
posted by うさくま at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2020年10月28日

医者をハシゴ、家に籠って原稿の推敲

今日は休日、午前中は医者をハシゴ、
内科の方は、大病院での精密検査をいわれる。
前から敬遠していた検査だが、数値が悪いらしい。
経年劣化の速度はいよいよスピードを増しているようだ。

昼からは一昨日取材した成果を踏まえ
Sala69 の原稿「香山氏」と「肥塚氏」の
草稿の推敲と文字数合せに格闘した。
両氏に関しては兼ねてより家紋や居城を訪ねている。
しかし、小勢力の在地武士の歴史と家紋を
史料から探るのは実に難しいのである。

続きを読む
posted by うさくま at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月26日

播磨西部へ、Salaの取材行

今日は公休日。道道に置塩城、城山城など
播磨の山城を見つつ、西播国衆、
香山氏と肥塚氏の家紋と歴史の取材で遠くたつの市に遠征。

a122832960_3274643839300839_7828477409320162034_o.jpg

b122892332_3274644029300820_8024532691973929447_o.jpg

まずは、かねてより取材アプローチをかけながら
壁が厚くて思うにまかせない、
香山城主 香山氏のご子孫宅を目指した。

続きを読む
posted by うさくま at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年10月23日

西への旅、第三日は益田七尾城

今日は、戦国土の城「七尾城」と
城主益田氏の墓所(五輪塔など)めぐり。

宿を出たのち、萩市限定クーポンを使わんと道の駅で買い物。
そのあとは昨日通った日本海に沿った道を益田まで、
今日の海は波は高いが青空を映して明るいブルー。

IMG_3645.JPG

IMG_3642.JPG

道道、日本海の荒波を見ながら、海岸にも降りてみた。
丹波にはない風景、波に洗われた石がギシギシ音を立てている。
なるほどこうして、海岸の石は丸くなっていくのだな
普段の生活にはない新しい発見と体験、旅は楽しい。

続きを読む
posted by うさくま at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2020年10月22日

西への旅、第二日は萩、秋吉台

今日は本来の予定なら益田城と
益田城下町歩きだったが、生憎の雨。
相方には申し訳ないが、
予定を変更して秋吉台と秋芳洞の見学に変更。
ルート的にはムダの多いことになるが、
雨の山城は避けたいということだ。

IMG_3426.JPG

益田を出てすぐ、日本海が見えてきた。
雨のせいもあって海の色は鈍い灰色、
なんとなく寂しい気分になる景色ではあった。
秋吉台へ行くには萩の町を通ることになる。
せっかくなので、萩城に立ち寄ることにした。

続きを読む
posted by うさくま at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年10月21日

西への旅、第一日は津和野城

ズッと行きたいと思っていた津和野の吉見氏、
益田の益田氏に絡む戦国めぐり。やっと実現できた。
朝5時起きで城下町津和野に向かって出発、
丹波から400Km以上の距離、相方の運転で一路中国道を爆走。

IMG_3162.JPG
朝、六時前、丹波を出発
122019313_3260693024029254_2774381804079510120_o.jpg

天気予報ではいまいちではあったが、
初日の今日の天気はよし!です。
初日の城跡は、吉見氏時代の土の中世山城と
亀井氏時代の石垣の近世城郭がセットの津和野城址。

続きを読む
posted by うさくま at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2020年10月15日

緊張感あふれる歴史講座を務める

高校の社会科の先生方を前に、
一時間半の講座を務めた。

「兵庫県高等学校教育研究会(地理歴史・公民)部会
令和2年度秋季研究大会」 という
丹波・摂津中心の、いわゆる丹有に位置する高校の
先生方による、我々から見れば大層な集まりであった。

119091505_3142716815826876_3147568323483366703_o.jpg

今日にいたるまで、あれやこれや悩みながら
レジュメとパワポの編集を進めてきた。
いざ、当日を迎えると、聴者は教えるプロである先生たち
それも高等学校の教師たちである。

続きを読む
posted by うさくま at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史講座

2020年10月12日

久しぶりの展示作業の手伝い

明日から始まる丹波篠山市立歴史美術館特別展
「丹波篠山市の軌跡〜古代から令和まで〜」の準備に出役。
二年ぶりの手伝い作業だ。昨晩にスタートして二日目、
大きな展示物もなく着々と進行。

121020427_3236607889771101_4215012325837648786_o.jpg

予定の時間内に終了、明日からの開始を待つばかりとなった。
この八月に異動辞令を受け、特展のチラシ、ポスター等の
デザインを担当、チケットのDTPも作らせていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月10日

土曜会、丹波学、兵庫丹波をうろついた。

朝、ひさしぶりのDSG土曜会に出席。
コロナ対応とかで、会場はいつもの観光協会二階ではなく
丹南支所近くの生涯学習センターであった。
九月になってからガイド要請は徐々に増えているらしい
かくいう自分の11月ガイド出役は城二件に町一件、
ほぼ1週間に三件ははじめてのこと。いい運動になりそうだ。

図書館によって家に帰ったあと、しばしデスクワーク。
ほどよいところで、丹波の森公苑にゴー!
続きを読む
posted by うさくま at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2020年10月09日

車をトヨタからニッサンに乗り換え

長いこと乗っていた二代目ビッツ、車検を前にして乗り換え。
*2012.09.22もらい事故→09.22廃車→10月はじめ二代目納車 以来八年
次の車は、17000km越えの日産ノートの中古車。
日産車は横浜時代に乗っていたサニー以来になる。
おそらく、車の買い替えはこれで最後になるかも。

続きを読む
posted by うさくま at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月05日

余田谷へ武家コラムの取材行

今日は勤務先の休館日。
余田氏の取材で旧氷上郡市島町出かけた。
先ず、予めアポをとっていた宗福寺さんを十時に訪問、
宗福寺は余田氏の菩提寺といい、期待は大である。

a120514545_3208974949201062_5502213777931224187_o.jpg
宗福寺

まだお若い西村住職に訪問の挨拶と趣旨をすませ、
余田氏にかかる伝承を伺い、本堂、境内を案内いただいた。

期待した余田氏に関連する伝承や
文書、特に期待した系図などの史料は伝来せず
聞けば、地域の方々も余田氏の歴史については詳しくないという。

続きを読む
posted by うさくま at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年10月01日

おもてなし講座で丹波戦国史を語る

丹波篠山市商工会が毎年、企画・運営されている
丹波篠山おもてなしマイスター育成講座のうち
「地域資源体験講座」の第一回を務めさせていただいた。

お題は「麒麟がくるの時代〜丹波篠山戦国史」。
今年の大河ドラマの主人公明智光秀の丹波攻めを中心に
丹波の戦国前史から光秀の滅亡までを語るという内容。

続きを読む
posted by うさくま at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座