2020年06月27日

春日町で墓地紋探索、ふたたび

いま、丹波市にからむ家紋に係る話をいただいている。
 歴史研究会のセミナー講師
 FM805の生番組の出演
 地元紙・丹波新聞へのコラム執筆 などなど。
浅学菲才の身には有難いことというしかない。

そういうことで、改めて丹波市の家紋と向き合っている。
まず、これまで丹波市の墓地をめぐった情報を
きちっとデータに落とし込む作業に着手。
ずっとほったらかしていただけに、記憶も曖昧
はじめのころは雑にまわっていてデータ化できない、など
データ化するためにいささか心許ない。

春日町東部の地図.jpg

ということで、先日は市島から春日町の西部をまわり、
今日は、春日町の東部の墓地を再訪した。

続きを読む
posted by うさくま at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2020年06月21日

光秀、本能寺への道 ― 唐櫃越を歩く

昨日に続いて今日も好天。
予定していた「唐櫃越」の道を亀岡から京へ歩いた。
唐櫃越は昔から丹波と京を結ぶ裏道で、南北朝時代には足利尊氏
戦国時代には明智光秀が本能寺に兵を進めたルートと言われる。

実は、10年前の2020年の暮れに独行したが
そのときは登り口が分からず、勘を頼りに尾根道を目指した。
その後、あれこれ丹波の戦国史跡を歩いたり、
資料を入手したりして登り口は如意寺脇にあることを知った。

aIMG_8163.JPG

これは正しいルートを踏破せねば!と思いながら日は空しく過ぎ去り
やっと今日、いつものメンバーで歩き通したのだった。
天気予報では暑くなりそうな気配、無理せず、ゆっくりペースで
行こう!と6時半に篠山集合、登り口の馬堀に移動した。

続きを読む
posted by うさくま at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2020年06月20日

おもゼミ山城編の下見に丹波市を歩く

今日は秋に予定されているイベント
「丹波ささやまおもしろゼミナール」山城編の下見で、
赤井・荻野氏にゆかりの史跡をめぐった。

九時前に四季の森会館前に集合したメンバーは
おもゼミ担当の市職員の方といつもの三人の計4人。
コロナウイルス騒動で六月から八月のおもゼミ講座は中止となったが
九月以降の講座は「やりたい」ということらしい。
わたしが担当する「荻野直正と赤井一族の城砦群」も
ぜひゼミナールを実施したいとのことであった。

IMG_8011.JPG
丹波市と丹波篠山市とを分断する金山城

今日の丹波は先週の土日とは打って変わった好い天気!
ザクっと作成した当日のレジュメ原稿を手元資料として
午前九時、行程の下見行をスタートした。

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2020年06月17日

丹波市のFM局「805たんば」に出演

今日は、丹波市にあるFM局「805たんば」の
生番組に出演。家紋と山城の話をさせていただいた。

先日、かつての同僚でパーソナリティの一人チシャキさんより
「先生質問があります」という番組への出演オファをいただき、
二つ返事で快諾。今日の番組当日を迎えたのだった。

0617_img.jpg

出演に先立って、丹波市の家紋や山城の資料を再整理
リスナーさんからの質問への回答資料の調査、作成
番組の途中に入るリクエスト曲の選定などなど
それなりに準備をして本番に臨んだのである。

続きを読む
posted by うさくま at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年06月16日

ついに、老眼鏡ができた

今年の一月、白内障の手術を両目ともに受けた。
その結果、高校以来かけ続けていた
近眼メガネから解放された。しかし、手元の文字などが読めない
いわゆる老眼になってしまった。
手術のあと、定期検診を受け続け、先週の金曜日
半年検診を受けて「問題ない」との診察であった。

そうして、老眼鏡の話をすると検眼していただき
早速、メガネ屋さんに走って老眼鏡を注文した。

IMG_7847.JPG

驚いたのは、そこの店主さんが、こども狂言に参加してくれた
西垣ブラザーズの親御さんであった。
不思議な縁を感じ、注文したメガネが今日アップした。

IMG_7961.JPG

予定より、二日早い仕上がり、
早速、かけてみたが、慣れていないせいもあるのだろうが
いささかフワーッとした感覚に襲われた。
これはズッとかけるのは面倒、当然、車の運転時は
裸眼でいくことになる。視力が落ちるというのは不便なものだ。
メガネ屋さんからの提案で、いままで使われていたメガネを
サングラス、あるいは伊達メガネ(表現が古い)にされて
日常使いにされてはいかがですか?と。

それもありかな?と思いながら、新しいメガネを受け取った。
これまで、五十年近い近眼メガネの生活から
老眼メガネの生活への転換、なんとなく近眼の時より面倒そう。
しかし、元にもどることはない、これも老いの一つということか。

posted by うさくま at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月14日

市島、春日に遠征、心にひかかっている墓地を再訪

この週末は残念な雨。予定していた遠征計画も流れてしまった。
ということで、引き籠もりして昨日の墓地訪問の成果を
踏まえながら旧氷上郡の家紋マップの見直し作業をした。

102779597_2730941757011869_3487236049023895541_o.jpg


家紋マップ、午前中であらかた作成したものの、
市島町と春日町の墓所調査が行き届いていないことがひっかかった。
そんなことを考えていると雨があがってきたので、
相方の運転で市島・春日方面へ墓地紋採取にドライブ。
当然ながらいずれの墓地も再訪。無駄足といえないこともないが、
それはそれ!行ったら行ったで墓地紋採取は楽しい作業である。

続きを読む
posted by うさくま at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年06月13日

雨で予定が崩れて、土曜会、墓地紋採取

今日は雨。予定していた「高野山町石道歩き」の計画は
雨とともに流れてしまった。実に残念無念なことである。

ということで、コロナウイルス騒動が起こってのち
感染防止ということで中止になっていたDSGの土曜会超久しぶりに出席。
今年になってからは、予約はキャンセルとなり
申し込みもパッタリと途絶え、ガイド実績はほとんど空白状態にあった。

解禁なったとはいえ未だ収束したわけではないが、今回のコロナ騒動で
観光のスタイルも大きく変わりそうな予感。DSGはどうなるのだろう?
そのような状況下、新人の方が五人も参加され
この客足が途絶えたいま、ガイド研修を!ということになったが
やはり、実戦を積み重ねる機会が増えることを願うが、さて?

続きを読む
posted by うさくま at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年06月12日

特別定額給付金の支給決定書が届いた

いま、世界中を騒がしている新型コロナウイルス
ただの風邪の新型くらいに思っていたのだが
想像以上の感染力と過剰ともいえる反応で
多くの事業者が操業中止、観光客は激減、
国民生活にとんでもない影響が出てしまった。

いまも、マスクが、消毒液が不足している!
商売ができないので倒産、閉店に追い込まれる
あれやこれやと、事態は悪い方向に進む一方である。

そんな状況を憂慮したアベソーリを首班とする政府が
アベノマスクを配布し、国民一人当たり十万円の給付金を
支給する方針を出した。それに係る事業の進め方に
多くの疑問が呈されたが、事業はグイグイと進められた。

IMG_7849.JPG

そして、今日、特別定額給付金の支給決定書が届いた。
有難いことではあるが、この給付金を配るのに
多くの事務経費、郵送料などが税金で使われた。
消費税を下げるとか、もっと金のかからない方法があったのでは?
と、強く思うところであり、マスク、給付金にかけたお金は
結局、われわれ国民に跳ね返ってくることは必至!!

さて、政府はアメを配って、どのようなムチを振るうのだろう
非力な民草の一人としては戦戦恐恐として待つしかない!

●医者めぐり

続きを読む
posted by うさくま at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月11日

今年もこども狂言がスタート

毎年、文化庁の助成金「親子教室事業」に申請
減額に次ぐ減額ながらも採択されてきた丹波篠山こども狂言
文化庁のルールとしては参加者十人以上というもので
昨年は結局、八人+高校生一人で、なんとかクリアできた。
しかし、今年は、十人を割ることは必至と予想され、
申請はしたもののどうなるか不安なことであった。

ところが、先日の顔合わせにおいて
新しい参加者が三人、加えて、中学生になったことで
参加を見送るのでは?と思われた二人がさなしてくれて
合計十人の参加者が確保できたのであった。

IMG_7841.JPG

かくして、今日、2020年度初回の稽古当日となり
全員の参加を得て、なんとか今年の狂言もスタートした。
目標は来年一月の「早春発表会」の晴れ舞台
これから半年以上にわたる稽古の日々が続く。
巷は新型コロナウイルス騒ぎで不自由を強いられるが
なんとか、全員、発表会を迎えられることを願う。
続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月09日

アベノマスクが届いた。

我が家にも例の一品が届きました。
アイデアはよいのだが、貴重な税金を無駄に使って
正体不明な業者に発注して製品の不具合を連発した末に、
やっと我が家のポストにも入ってました。

101943138_2834806253284602_2132619736574972271_o.jpg

もうマスクそのものはやや高値ながら普通に入手できるが、
ソーリのオココロザシありがたいことである。
このまま封を切らずに、大事に大事に
子子孫孫まで保存させていただきます?? ( ̄∀ ̄)
posted by うさくま at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月07日

放っていた丹波市の墓地紋調査録をデータ化

昨日に続いて今日も好天である。
どこかに行きたい気分ではあるが、団地のクリーン作戦に
相方が出てくれている以上勝手なことはできない。

ということで、朝早くに目覚めるとすぐパソコンを起動。
これまで心に引っ掛かっていた丹波市での家紋調査を
データ化しようと作業に着手した。

2014年ごろ、山南町での墓地紋調査を皮切りに
この六年間、氷上町、柏原町、青垣町、春日町、市島町と
墓地を訪ねて家紋の採取に勤しんできた。

続きを読む
posted by うさくま at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年06月06日

Sala 68 初校正の修正を返送

先月、初校正が届いたSala 68の家紋コラム
原稿を送ったあとも隔靴掻痒というか
いまひとつシックリときていなかった。

ということで、御着城周辺に改めて家紋採取に出かけ
さらなる資料を模索するなどして
シックリしないところをなんとか埋めようと頑張ってみた。

sala68_img.jpg

結果、初校正を全面に見直すことになった。
編集とDTPをしている担当の方には
まことに申し訳ないことではあるが
全面的に書き直した修正原稿を送らせていただいた。

これで、隔靴掻痒感が靴下で隔てたくらいになり
なんとなくシックリとくる内容になったような・・・
もちろん、もっともっと修正したいところはあるが
限られた文字数もあり「これで、よし!」と腹を括った。

posted by うさくま at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記