2020年03月29日

超ひっさしぶりに、辻の城跡整備に参陣

超久しぶり!ほぼ九か月振りに、
辻集落の山城整備作業に行ってきた。この作業は
辻集落に散在する中世山城群の整備を続けておられるもので、
振り返れば、十年近くのお付き合いになる。
今日の整備ターゲットは淀山城跡である。九時、集合場所に到着。

IMG_5637.JPG

IMG_5640.JPG

辻集落は、中世、波々伯部氏という国人が治めるところであった。
いま、集落には嫡流が拠ったという淀山城、
一族が拠ったという東山城、南山城が残っている。
さらに波々伯部氏の氏神というべき、波々伯部神社
いまは廃寺となった波々伯部氏ゆかりの寺跡も残っている
続きを読む
posted by うさくま at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2020年03月28日

むかしの仕事仲間が来篠、実に十年ぶりの再会

むかしの仕事仲間(と言ってもクライアント)の二人が来篠。
先日、鬼籍に入られた同じくむかしの仕事仲間のYさんが
実現してくれはった十年以上ぶりの再会であった。

朝、十時半、篠山城の登り口で待ち合わせ。
みれば、桜がちらほらと咲いているが今日の寒さは厳しい!

a91083678_2664297137002182_4471106683652800512_o.jpg

b91192581_2664297417002154_8953887925934751744_o.jpg

やや遅れ気味に登場された二人は、ほぼほぼ昔のままであった。
もっとも、十年間のうちに境遇はずいぶんと変化したようだが
いまも元気に仕事に従事されているとのことだった。

続きを読む
posted by うさくま at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年03月22日

墓地紋ウォッチに京都乙訓に遠征

朝8時1分の篠山駅発の電車で京都にゴー
10時、長岡京駅を下車、待ち合わせ場所のコンビニに到着。
今日の参加者は京都家紋研究会のメンバーである皆さん四人
そして家紋Worldこと播磨屋の併せて五人である。

天気予報では「曇り時々雨」。
勝龍寺城を皮切りにする予定だったが、雨が降りだす前に
墓地紋ウォッチをしようということになった。
あらかじめ、下調べしてくれてはった京家研のKさんが
チョイスされた墓地めぐりに乗っからせていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年03月21日

橋本市内に散在する中世山城跡をめぐる

朝起きてホテルから外を見ると、今日も和歌山県は快晴。
昨日は高野山を堪能したが、今日は、橋本市内に残る
中世山城群の探索と路傍の墓所での家紋ウォッチである。

まずは、恩地氏の拠った銭坂城跡。「生地岩見守」と書かれた小祠が
入り口にあり、いまも城主が祀られていることが知られた。

a89972262_3675061425897681_6848881173779709952_o.jpg
土塁、後方に横堀跡がある
b90195083_3675063475897476_9036077919054594048_o.jpg
岩見守は石見守の間違いであろう

城址は紀ノ川が形成した河岸段丘を天然の要害にした小さな城で
小さな公園に土塁と横堀がわずかに城であったことを伝えている。
おそらく、当時は台地の北方を流れる山田川を濠とし、
現城址が本丸、段丘上には曲輪群が構えられていたものであろう。

城址から紀ノ川を一望したのち、恩地家の墓所を探して
紀ノ川南にある永楽寺を訪ねる。境内墓地を歩くと、恩地さんの墓を発見

90516569_2525173640922016_540547386825506816_o.jpg
恩地氏の出自は?

家紋はと見ると「走り馬」、同じ墓地内に生地さんの墓石もあり、
その家紋は「上り藤」だった。恩地さんの「走り馬」紋、その由来を
知りたいところだったお寺は無住、聞くあても知る術もなかった。

続きを読む
posted by うさくま at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2020年03月20日

根来で墓参、その足で高野山に登る

かねてより心に引っ掛かっていた相方の実家 岩崎家の墓参り
お彼岸の今日、紀州の根来にあるお墓に遠征した。
せっかくなので、墓参に行った勢いで40年ぶりに高野山参拝。

7時20分に丹波篠山の我が家をスタート!
舞鶴若狭自動車道→中国自動車道→近畿自動車道→阪和自動車道を
一気にドライブして阪南ICを降り、風吹峠を越えると根来だ。
9時47分に岩崎家の墓所に到着。渋滞もなく約2時間の行程だった。

aIMG_3032.JPG

aIMG_3043.JPG

aIMG_3047.JPG

墓参をすませたあと、「めっけもん市場」に寄り道して買い物。
ここで、岩崎家の義兄・義姉らとバッタリ!我々と時間差で墓参をされ
おなじみのめっけもんに寄りはったたらしい。
10時52分、めっけもん市場をあとにして高野山に向かった

続きを読む
posted by うさくま at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年03月15日

5月予定の駅からハイキングの下見に出動

今日の丹波は晴れ!昨日、雨で流れた
「駅からハイキング〜八上城と黒井城〜」の行程タイムを
チェックするための山城ダブル登山に出動。
八時二十分、篠山口駅に集合、
今日のメンバーは観光協会のSKTさん、DSG仲間のMKさん
そして、同じくDSGの一人である播磨屋の三人。

SKTさんの車に同乗して、まずは八上城を目指す。
昨年、設えられた駐車場に車を停め、登山をスタート。

aIMG_2792.JPG

続きを読む
posted by うさくま at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2020年03月14日

今日は雨、パソコン・墓地紋・中華に過ごす。

今日の丹波は天気予報通りに「雨」。
予定されていた山城ガイドの下見登山は延期となった。
時間が空いたので四月に予定されていた(コロナで中止延期)
綾部の歴史講座のパワポとレジュメの作成・編集に過ごした。

89536120_2633829303382299_7590058173902356480_o.jpg

概ね資料作成ができ、外を見ると雨も上がっているような。
ジッとしていられない性分!予め調べておいた
三田方面の墓地紋ウォッチに出かけて行った。

続きを読む
posted by うさくま at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月11日

丹波篠山観光ボート 2020春の準備

ここ数年、篠山の春と秋の風物詩となった
篠山城北堀に浮かべる「丹波篠山観光ボート」
そもそもは、市長の肝煎で始められ
市役所の観光部門が運営を行っていた。

そのボート事業を現職場が請け負うようになって
この春で四年目を迎えた。職員である我々の
春・秋の風物詩になったのが、そのボート乗り場の設営だ。

KC3Z1785.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月08日

引き籠って、講座の資料作成

今日は雨。
予定では、長岡京市界隈の墓地をめぐり家紋ウォッチし、
勝龍寺城・神足城を訪ね、向日市文化資料館の展示会を見る
ということになっていたのだが、残念ながら延期となった。

昨日の天気がなんとも恨めしい限りだが仕方ない。ということで、
来月に予定されている家紋講座、国衆と山城講座などの
レジュメやパワポの作成、編集に時間を費やした。

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月07日

墓地紋めぐりに黒田庄町へ

朝遅く布団を出ると、なんと!外は快晴。
早起きしていれば綾部取材行か長岡京下見行に行けてた?!
と思ったが時すでに遅し。
とはいえ折角なので(?)、
丹波と播磨の境目になる黒田庄町(西脇市)北端部へ
墓地紋ウォッチに出かけた。

a84526820_2496167317155982_3522343584718127104_o.png

続きを読む
posted by うさくま at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年03月04日

いざ、家紋の話を聞かん!と京都に遠征!

昨年、丹波新聞社の取材を受けた家紋記事の
ヤフーニュース版がプチ炎上!
ヤフーに寄せられたコメントは実に1200件超、
それらを読むと誤解、中傷、誹謗、肯定などなど
文字通りの玉石混交!なかなか読みごたえがあった。

丹波新聞の記者さんから、第二弾をやりましょうよ!
との話があり、それはいいね!ということになった。
一応の取材は受けたものの、何だか物足りないのである。
では、家紋の世界で活躍している方々に取材しよう
ということになった。現代における家紋研究の第一人者である
高澤等さんは外せない、とはいえ東京への取材は厳しい。

続きを読む
posted by うさくま at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年03月02日

綾部で墓地紋ウォッチ。

昨日、綾部の甲ケ岳城と位田城に登った。
山城に登った後は、目に留まった墓地にお邪魔した。

aIMG_2435.JPG
位田城、山麓にお寺の屋根が見える

位田城への登り口に、古い墓地があり、お邪魔してみると
綾部に多い名字である「四方」「村上」さんの墓所で
家紋は定番の「隅立四つ目結」「丸に上文字」であった。

続きを読む
posted by うさくま at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2020年03月01日

綾部取材行。今日も綾部の山城に登る。

今日も綾部へ取材行。
朝、外を見ると「曇り空」、予報では「曇りのち晴れ」
天気予報を信じて「大丈夫!」と出かけていった。
今日の登城ターゲットは、甲ケ岳城と位田城である。

それぞれ、一度登った山城だが、
現在、どのような姿なのか?
この目で確認せずば、人に話せまい!ということで
先週の高城城に続いて現状確認登山を思い立ったのだ。

綾部南西部の山城.png

続きを読む
posted by うさくま at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城