2020年02月26日

綾部市梅迫町の村墓地ウォッチ!

一昨日、綾部市にある大槻氏の山城高城城に登ってきた。
下山したあと、登り口とした久香寺かの境内より見た
東北方の山麓に墓地を発見。早速、墓地紋探索を行った。

IMG_2302.PNG

IMG_2301.JPG

明るい陽射しの中に点々と墓石が散在する
いい感じの墓地である。名字はといえば、梅田・四方・佐々など
珍しいものはない。家紋も「三つ柏」「立ち沢瀉」「隅四つ目」など
こちらも特段、珍しいものはない。そのようななかで、
ありました!久しぶりに出会う「古木柏(株柏)」紋。

続きを読む
posted by うさくま at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋

2020年02月24日

講座の取材行、綾部の山城に再訪

今日は朝から快晴! 
昨日の疲れもあって何となくボーッと起きたのだが、
せっかくの晴れ、「そうだ綾部に行こう!」と思い立った。

四月に予定されている綾部での歴史講座、
先日、講座内容についての問い合わせがあり、お題は
戦国丹波の国衆と山城〜何鹿郡中心に〜」と決定した。
内容は、戦国時代の丹波を俯瞰しながら、丹波に生きた
丹波国衆と彼らが割拠した山城の歴史を探ろうというものだ。

続きを読む
posted by うさくま at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2020年02月23日

山名会、冬の城郭探訪のガイドを務める

今日は、かねてより予定されていた
山名氏城跡保存会の冬の城郭探訪―黒井城攻めの当日。
週間天気予報では「晴れ」となっていたが、残念な小雨模様、
今朝の予報では「曇りのち晴れ」、それを信じて出発した。

87382183_3585690808168077_3630764034036334592_o.jpg
レジュメ資料
aIMG_5278.jpg

九時前、集合場所である丹波市役所春日支所駐車場に到着
山名会の方を加えて三十人近くの方が続々と集まってこられた。
事務局のKさん曰く但馬方面は雨だったのことだが、「必ず晴れる!」と
胸に言い聞かせて城郭探訪のガイド役はスタートした。

続きを読む
posted by うさくま at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2020年02月22日

黒井城山麓に近衛家ゆかりの波多野氏を探る

戦国時代を逞しく生きたことで知られる公家近衛前久の屋敷に奉公に上がって、嗣子信尹をもうけた家女房と書かれる女性は丹波氷上郡の住人波多野総七の娘という。
丹波波多野氏は、八上城の波多野氏とは別に氷上郡に「西の波多野氏」がいたとされる。西の波多野氏の存在に関する真偽のほどは分からないが、前久の子を生した波多野氏がいたことは紛れもない史実。
調べると波多野総七は稲塚の土豪で赤井荻野直正に属していたようだ。前久と直正の関係などを思えば、稲塚波多野氏の存在は軽くないように思える。

続きを読む
posted by うさくま at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2020年02月16日

園部から亀岡、展示会を梯子する

今日の天気は曇り時々雨。
昨日、神戸での家紋講座の第一回が終了したことを受けて
四月に予定されている綾部の講座に取り掛かることにした。
テーマとしては綾部の山城というリクエストだが
演者としては山城の背景にある戦国時代と国衆にもふれたい。

ということもあって、折々に資料を集めている。
戦国時代と国衆に関しては、大河からみで話させてもらっている
講座やセミナーの資料を活かすことができるだろう。
一方の山城は、ある時期、綾部の山城を登りまくったときの
写真やブログ記事などが役に立つだろう。

未だ、講座で語る流れは決まっていないが、
山城の写真や概略図などはほゞほゞ取りまとめることができた。
概略図の出所は「京都中世城館調査報告書」、不足分をゲットするため、
園部の図書館に出かけることにした。ちょうど隣の資料館では
「八木城と丹波の城跡」という展示会をやっていて
文字通りに「一石二鳥だわい!」と園部城跡に急いだ。

IMG_1905.JPG
園部城跡すぐ手前の大村田中城跡

続きを読む
posted by うさくま at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年02月15日

連続家紋講座 in 神戸、第一回を務める

播磨国造社さん主催の家紋講座の当日となった。
家紋講座は三回の予定で第1回は
「家紋のはじまり「日本独特の文化、家紋を知ろう!」
会場は神戸町の KOBE RENT SPACE である。

86704329_2448714575234590_4355407725056753664_o.jpg

レジュメを作成して送付、パワポを編集して推敲
準備を整えて、今朝、神戸へと出発した。
参加者が何人か? PRに苦戦されたようだが
なんとか九人の方(来られたのは八人)が応募いただいたらしい。

続きを読む
posted by うさくま at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2020年02月13日

サーラ67号が発刊された!

サーラ67号が届いた。
今号の「播磨中世武家の歴史と家紋」は、
秀吉の播磨攻めに抵抗した長水城主 宇野氏を取り上げた。

IMG_1875.JPG

83296138_2573706222727941_1623564141161611264_n.jpg

生母の実家が長水城の山麓の下牧谷という集落で、
母の通った伊水小学校は宇野氏の居館跡、地名も宇野である。
加えて、小学校の遠足は長水城登山だったらしい。
子どものころ、落城にかかる伝説などを語ってくれ、
自分の歴史好きのきっかけを作ってくれたのである。

サーラの家紋コラムも17回、9年目となる。
播磨の武家と家紋探索も5回目となった。
いつか長水城主 宇野氏を!と思っていて、やっと実現した。
駄文ではあるが、母の供養になっただろうか。
posted by うさくま at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月11日

黒井城跡登山会の下見行

今月の23日に予定されている山名氏城跡保存会の
冬の城郭探訪「黒井城・興禅寺」の下見で黒井城に登山。
予定では、丹波市役所春日支所に集合、黒井城跡主郭部から西の丸、
下山後、下館だったという興禅寺に寄り、春日歴史民俗資料館で
「特別展 つわものどもが夢の跡〜黒井城と直正〜」を見学。

86279067_3334552269904518_5654640576251822080_o.jpg

今日は、黒井城の主郭部と西の丸までをめぐって
登山タイムと整備されたという現状探索を行うことを目的とした。
夜明けごろに降った雪が、やや不安ではあったが
天気もよし!大丈夫だろうと高を括って出発した。

IMG_1668.JPG
雪の金山城跡
続きを読む
posted by うさくま at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2020年02月09日

陽気に誘われて、日吉あたりをぶらついた

朝、目を覚ますと素晴らしい快晴!
孫らと戯れつつマッタリとした時間をすごしたあと
帰路につくことにした。しかし、せっかくのポカポカ陽気の日吉町
地図で見つけた日吉不動尊金蔵寺の墓地に行ってみた。

IMG_1538.JPG

a84503402_2565978873500676_71942445964722176_o.jpg

墓地では、飯田さん「蝶」、土屋さん「三つ石」、
柳下さん「隅立井筒」、足立さん「三つ巴」、
横山さん「三つ盛り亀甲花菱」、小嶋さん「桔梗」など、
双方では鈴木さん「藤」、渡辺さん「三つ星一文字」は変わらず。

続きを読む
posted by うさくま at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年02月08日

長女の次男、宮参り

昨年の秋、長女に次男坊が生まれた。
名前は「ヨシチカ」と決定、なんとも武将ライクな・・・。

今日は、孫チカの宮参り。長男の孫ゲンと同じく
大田区にある御嶽神社で諸式が行われることになった。
ということで、相方と打ち揃って東京へゴー。
2016年10月の孫ゲンの宮参以来、4年ぶりの東京。

篠山口駅8時28分発の特急コウノトリに乗り、
新大阪で新幹線、品川駅で山手線に乗り換え五反田へ。

a85175618_2563675587064338_2389580083913293824_o.jpg
車窓から4年ぶりの富士山!
aIMG_1434.JPG
五反田駅

続きを読む
posted by うさくま at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年02月06日

この冬、初積雪

今年は暖かい、文字通りの暖冬。
未だに車のタイヤもノーマルのままである。
灯油もほとんど買っていない。
ある意味、ありがたい暖冬である。

今朝、目を覚ますと、なにやら外が明るい。
さては!と、カーテンを開けると雪模様。

IMG_1407.JPG

84752775_2559287444169819_4171484276115636224_o.jpg

丹波篠山(我が家のまわりに限定ですが)は、
実に初積雪となった。

タイヤを変えるか否か、迷うところだが
雪はアッサリと解けてしまった。
タイヤも変える必要ななさそうだ。
posted by うさくま at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

高槻で図録を求め、城址、寺町を歩く

昨晩、H夫妻との呑み会で楽しく痛飲、野田阪神に一泊。
せっかく大阪にいることでもあり、高槻城に行くことにした。
目的は、しろあと歴史館と高槻城跡の再訪、
かつて高槻城の鬼門を守った寺町の墓地での家紋散策だ。

IMG_1277.JPG
阪神野田駅

阪神電車、阪急電車を乗り継ぎ、高槻市駅に下車。
超ひさしぶりの高槻である。


続きを読む
posted by うさくま at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2020年02月01日

石切神社、大阪城、京橋で呑み会

昨日の京都に続いて今日は大阪に出っ張った。
ひっさしぶりにH夫妻との呑み会が目的だが、その前に
相方の所用にひっついて石切劔箭神社に初参拝した。

石切神社はかねてより気になっていた神社で、
門前の商店街の雑駁な雰囲気、占い屋さんの多さなどでも知られる。
先般、NHKで放送された「贋作、男はつらいよ」の
舞台にもなったところで、いいきっかけと出かけたのだった。

a84598264_2550044101760820_8076476422903824384_o.jpg
いざ! 石切神社へ参る

続きを読む
posted by うさくま at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き