2019年11月24日

埴生城攻めのオマケで墓地紋探索

伐採作業が行われたというニュースをゲットした埴生城
再訪ついでに登り口の最福寺の墓地にお邪魔した。

b78565349_2271019973004052_4850059800026808320_o.jpg


このお寺の墓地は、何度か訪問したところで
城主だった野々口西蔵坊にゆかりであろうか野々口家の
墓石が多かった。今日改めてお邪魔したところ以前に変わらず
野々口家の墓石を最多として、近在の家々の墓石が営まれていた。

c78545078_3297019823701845_3833760221558210560_o.jpg
味わいのある野々口家の古い暮石に彫られた「三つ引両」。野々口家は多紀郡の東部にも多く、そちらでも「三つ引両」紋が用いられている。

続きを読む
posted by うさくま at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

伐採作業が行われた埴生城攻め

十年前の年の瀬に登った埴生城、
知り合いの方が整備作業が行われたとの
京都新聞の記事をネットにアップされた。

IMG_8638.JPG

はじめて登った時、雑木に覆われていたが
記事の写真を見るかぎりではバッサリと伐採され
京都方面の展望も確保されたとのこと。
今日は亀岡に行く用事もあることとて
行き掛けの駄賃にうどんを食し、埴生城を再訪した。

cIMG_8470.png

続きを読む
posted by うさくま at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城