2019年11月03日

浄土宗西山派寺院の晋山式を見学

来年の大河ドラマの主人公は明智光秀
その光秀の丹波攻めに頑強に抵抗して戦国武将が
旧多紀郡の八上城主であった波多野秀治。

秀治の生涯において特記されるのが、永禄の政変で
謀殺された将軍足利義輝の遺児という義高をかくまったこと。
変を逃れた義高は仏門に入り、修行ののち丹波に下向
波多野秀治に庇護されて八上城下に誓願寺を開いた。

義高は覚山天誉上人として生涯を多紀郡で過ごし示寂した。
天誉の法脈を受け継ぐ寺院は誓願寺をはじめとして七ヶ寺が
丹波篠山に広まり、今日、晋山式を迎えた十念寺もその一つ。
覚山上人の教えは浄土宗の一派である西山派のうちの深草派で、
浄土宗に中にあっては少数派に属する宗派である。

続きを読む
posted by うさくま at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き