2019年10月05日

講座丹波学、第三講を拝聴する

今日は講座丹波学の第三講、
お題は『丹波赤井氏(荻野氏)氏の勃興』
講師は立命館大学講師の秦野氏であった。
講演会場は丹波の森公苑、孫ウーと次女、
相方も連れ立って出かけていった。

IMG_7549.JPG

image2.jpeg

来年の大河ドラマが明智光秀が主人公の「麒麟がくる」に
決定してからの本講座も丹波戦国史に係る話が多い。
本日の赤井荻野直正にしても織田信長が丹波攻めを進める
キッカケを作った人物と言っても過言ではないだろう。
直正は「赤井」・「荻野」と言われるように、赤井氏に
生まれ同族(一族)という荻野氏の養子になった人物。

続きを読む
posted by うさくま at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録