2019年10月29日

おもゼミに参加して、篠山のみ仏を訪ね歩く

丹波篠山市の公民館事業の人気コンテンツ「おもしろゼミナール」
2019年度おもゼミの第五講「古里にみ仏を訪ねて」に参加した。
講師は丹波篠山市内の文化財に精通され文化財保護審議委員の一人、
教育委員会時代には篠山城大書院の再建に尽力された今井さん。

丹波篠山市内には戦前は国宝指定を受けていたが
戦後、重要文化財指定となった仏像が数多伝来している。
普段なら見ることが難しい重文仏像群の鑑賞と有する歴史
それを今井さんの解説で見てまわる、素晴らしい企画である。

a73357396_2355114217920477_4749348606551523328_n.jpg

朝の9時 集合地の四季の森でバスに乗車、おもゼミツアーがスタート。

続きを読む
posted by うさくま at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2019年10月27日

北神戸遠征、なんやかんやな一日

かなり前からズックがおんぼろになって
そろそろ新しい靴を購入せねばと思いつつ日が過ぎていた。
相方も靴がないとのたまうので、それならばと
北神戸のアウトレットへ出かけていった。

行ってビックリ、車と人の多いこと多いこと
日曜日だけに当たり前と言えば当たり前ではあった。
めざす店はニューバランスの専門店
人の多さに辟易としながら何とか足に合うズックをゲット。
続きを読む
posted by うさくま at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月26日

中央図書館で、光秀と波多野氏の歴史を話す

かねてより依頼を受けていた丹波篠山市図書館友の会の
お話会の講師を務めさせていただいた。
お題は来年の大河ドラマにからんで
「光秀の丹波攻めと波多野氏 〜明智光秀と波多野秀治〜」
昨年以来、いろんなところで話をさせていただいているものだが
せっかくの図書館での話、それならりの工夫に悩んだ。

工夫といっても基本的な部分は変わることはないわけで
明智光秀をテーマとした異常とも言える出版ラッシュに着目してみた。
まずは、中央図書館の蔵書検索システムで光秀、波多野氏、
本能寺などなど大河をふまえたキーワードで蔵書を検索してみると
小説、雑誌などの一般書から教養書、専門書などが結果表示された。

続きを読む
posted by うさくま at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2019年10月22日

孫ウー 一家が寒い国に帰って行った

今日は、「即位礼正殿の儀」がとりおこなわれることで
今年限りの国民の祝日となった。いろいろ、即位礼に対しては
取りざたされてはいるが、家紋を研究する者にとって
新天皇の即位に係る儀式は見逃せない。

そのような記念すべき今日、先月、遠い国から帰ってきた
孫ウーと次女、そして婿らが帰っていった。

aIMG_7771.JPG
長靴を置いて帰った

おおよそ一ヶ月、孫ウーはワヤワヤと暴れたおし
賑やかな時間を振りまいてくれた。
続きを読む
posted by うさくま at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月20日

西京街道モニターツアーで福住、篠山城下町を歩く

一昨年度からスタートしたインバウンド企画
京都と篠山を結ぶ「西京街道モニターツアー」の裏方として出動
ツアーは今日で六回目、いよいよファイナルとなる。

saikyo2019-2.jpg

募集人員は20人で、園部発のバスで福住まで自力で来てもらい
そこからチャーターしたバスで福住始点で篠山城下町観光、
今日は兵庫丹波でも有数の黒岡春日神社の秋祭り、
また、丹波篠山の秋の味、黒枝豆も旬を迎えており
丹波篠山の観光にはバッチリの時期である。さて、
何人の応募者が?と蓋を開けると無残にもゼロ(キャンセル含まず)
ということで小学校・中学校の英語授業の補助に従事されている
ALTの方々5人の参加をえて、モニターツアーは実施された。

午前7時前、福住に参加者5人とスタッフが参集。
続きを読む
posted by うさくま at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2019年10月19日

風輪里でカレー饂飩を食す

朝、孫ウーと次女、相方を誘って風輪里へ出かけていった。
先月、昼ごはんを食べに寄ったとき、
二時間待ちと言われ、流石に待てなかった。

風輪里は総じて品が出てくるまでの時間が長い
だいたい30分待ちは想定内である。
これまでの体験から推して
十時開店、まず第一陣のお客さんがいらっしゃる
そして十一時ごろ、第二陣への準備ができるのでは?

ということで十一時に入店すると
続きを読む
posted by うさくま at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月18日

放ったらかしの庭がキレイになった。

今朝、ピンポンが鳴ると、植木屋さんが来てはった。
文字通りに伸び放題になっていた生垣に草だらけの庭
よく言えば自然のままの風情だが、
いわゆる放ったらかし状態というのが正しい状態。

IMG_7689.JPG

続きを読む
posted by うさくま at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

おもゼミ国人編のコースを下見でめぐる

12月に予定されている丹波篠山市の公民館事業の
人気コンテンツとなっている「おもしろゼミナール」企画。
その一つである「多紀郡の中世武家と家紋を探る」を
担当して四年目、捻り出した訪問ルートの下見行を実施。

朝、城東公民館に集合。メンバーは、おもゼミ担当のMさん、
サポータのTさん、そして自分の三人。公用車に乗り合せて
まずは小畠越前守永明が波多野勢と戦って討死したロウ山城跡。
城跡はゴルフ場と化しているが、わずかに残った山部分に
曲輪跡、切岸跡とも見られる地形が残っているが、はたして?

つぎは、討死した波多野方の武士たちの首を祀ったという首塚。
続きを読む
posted by うさくま at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年10月13日

図書館友の会の講座用パワポを編集する

今日も雨、昨日、友の会用のレジュメ作成し
担当者の方にメールで送信した。
引き続いてパワポづくりに着手した。
これまでの講座に作成、使用したしたパワポを再編集しつつ
新たな材料を追加作成しながら一通り作ってみた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月12日

図書館友の会の講座資料を作る

今日から丹波篠山では「味まつり」が行われる予定だった。
しかし、台風のため早々と中止が決定した。例年、
味まつりのシャトルバス運営の裏方として出動していたが、
今年は運営方法が変化したとかで出動はなくなった。

外は台風の影響であろう雨風が強い!
そんなこともあって、目論んでいた外出は控えて、
今月の末に予定されている図書館友の会の講演会に
配布するレジュメとパワポの編集に時間を費やした。

続きを読む
posted by うさくま at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月09日

丹波篠山市プレミアム付商品券を使う

この十月から、否応なく消費税が10%にアップした。
その是非については、言いたいことが山ほどあるが
しがない民草の繰言など為政者に届くはずもない。

消費税アップにからんで政府は、クーポンがどうとか
カード決裁がどうとか便利なことばかりを言っている。
それってお金持ちや都市部が得する話であり、田舎暮らし、
とくに老人の皆さんにすれば不公平極まりないものだ!

さらに、選挙民の消費税アップへの矛先をそらすためであろう
プレミアム付商品券を発行した。対象は三歳以下の子がいる世帯
非課税の老人世帯というもので、民草全員ではない。
続きを読む
posted by うさくま at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月06日

来る「ささやま図書館友の会」お話会の資料を作る

来年の大河ドラマに「麒麟がくる」に決定したのち
色んなところで話しをする機会をいただき
明智光秀と波多野秀治、そして八上城にドップリ浸かっている。

先月末、視覚障害者の方、浄土宗寺庭さん方へのお話しを
させていただいた。つぎは、今月後半に依頼を受けている
ささやま図書館友の会の依頼を受けた講座である。

IMG_7578.JPG

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2019年10月05日

講座丹波学、第三講を拝聴する

今日は講座丹波学の第三講、
お題は『丹波赤井氏(荻野氏)氏の勃興』
講師は立命館大学講師の秦野氏であった。
講演会場は丹波の森公苑、孫ウーと次女、
相方も連れ立って出かけていった。

IMG_7549.JPG

image2.jpeg

来年の大河ドラマが明智光秀が主人公の「麒麟がくる」に
決定してからの本講座も丹波戦国史に係る話が多い。
本日の赤井荻野直正にしても織田信長が丹波攻めを進める
キッカケを作った人物と言っても過言ではないだろう。
直正は「赤井」・「荻野」と言われるように、赤井氏に
生まれ同族(一族)という荻野氏の養子になった人物。

続きを読む
posted by うさくま at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2019年10月04日

眼科で検査、ついでに居館跡をめぐる

昼からにしき記念病院の眼科で白内障の手術に先立つ
諸検査を受けるため年休をもらった。
予約の十三時半まで時間があったため、病院と道路を隔てた
すぐ東の小山に残る西谷館跡に寄ってみた。

10041.jpg

71230119_3136445136425982_1114245139422773248_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城