2019年09月01日

東播磨の中世と近代の史跡を訪ねる

先週、昨日と一緒した歴城友のS氏と、かねて予定していた
加西市鶉野の戦争遺跡跡をメーンとした東播磨の歴史散策を楽しんだ。

集合場所で落ち合い、S友Mさんの車に乗せてもらい
まずは、観応の擾乱における戦場となった光明寺を訪ねることになった。
その途中、中世、滝野庄の政所が置かれたという地に鎮座する
春日神社に寄り道。播磨の地を遊行していた法道仙人に、
武甕槌命が光明寺の建立をお告げし、仙人は光明寺を建立した。そして、
武甕槌命を祭神とする社を造営して光明寺の守護神にしたという。
その後、藤原氏の荘園として滝野庄が立庄されると、大和の春日神社から
藤原氏にゆかりの神々が勧請され春日神社に改められたと伝えられる。
あとで調べると中井権次の彫り物があったらしいが見落としてしまった。

a69413713_2249975405101026_3959940884631388160_n.jpg

光明寺は春日神社後方の山中にあり、「播磨高野」とも称される古刹。
急坂を登っていくに連れ宗教的雰囲気が濃厚となり、
かつての僧坊跡であろう土塁を伴う平坦地が散在している。

b69590218_2249976591767574_5259473348450058240_n.jpg
滝野城主阿閉佐兵衛重氏の墓所

続きを読む
posted by うさくま at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索