2019年06月06日

2020年の大河が始動、篠山も大河に向けて会議体が始動

2020年の大河ドラマが明智光秀を主人公とする
「麒麟がくる」に決定して一年、この6月に入ってすぐに
ドラマの撮影がスタートした。

明智光秀とゆかりの深い丹波地域では、
大河誘致に熱心だった京都丹波の福知山、亀岡市などが
光秀にからむさまざまな取組を展開している。一方、
兵庫丹波の丹波市も黒井城跡を中心にさまざまな取組が行われ、
城址への登山客も増加傾向にあるという。

続きを読む
posted by うさくま at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記