2019年05月30日

シルバーさん相手の家紋講座、無事終了

かねてより依頼を受けていた
シルバー人材センターさんの総会において
家紋講座をやらせていただいた。

担当者さんからのオーダーは、
来年の大河ドラマ「麒麟がくる」を盛り込んだ
家紋の話にしてただきたいとのこと。

61439393_1941742369265149_4551530191083536384_n.jpg

ということで、前半は明智光秀ら戦国武将の話
後半はそれを受ける形で家紋の歴史を話そうと決め
お題を「武家と家紋」とし、惹句は
続きを読む
posted by うさくま at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史講座

2019年05月25日

明智光秀ゆかりの山城攻め2019 第2弾

昨年に続く明智光秀ゆかりの山城攻め。2019年度の
第一弾は、今月はじめの5月5日に須知城を主体に
中畑城、上野山城、上野館を攻めた。

続く今日の第二弾は、宇津城を主体に日吉あたりの山城を
攻めようとした。ところが、台風被害による道路の通行止めが
二ヶ所もあり、不本意ながら迷走してしまった。

60758254_2760891943981305_8313850520800329728_n.png

61142447_2777315639005602_5297749530056327168_n.jpg

朝十時、篠山口駅に集合。
天気は快晴、見事な青空だが天気予報では三十度を超えるとか!
今日の参加者は四人。大河の発表があったあと、明智光秀イベントは
あちこちで盛り上がっているのに、この人気のウスさはチョッと残念。

続きを読む
posted by うさくま at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2019年05月19日

久美浜の山城見学会に参加、プラス但馬の城攻め

今日は、今年はじめてとなる山名氏城跡保存会の山城見学会
ターゲットとなるのは丹後久美浜町に残る矢田八幡山城と佐野城。
両城が残る佐野の地は峰山と久美浜を結ぶ街道が東西に通じ、
南にある丹後山地の尉ケ畑峠を越えれば但馬国へと至る要衝の地である。

kumi_20190519Map.jpg

天気は快晴、集合地になる久美浜町の佐野まで片道80km
ナビによれば1時間40分の行程。集合時間10分前に現地到着、
すでに50人ばかりの参加者がいらっしゃる盛況ぶり、聞けば
地元の皆さんが多くさんかされているとのこと。レジュメをもらい
今日のガイド役である石井さんの前説を聞いて城攻めが始まった。

IMG_4401.JPG
右手後方の山上に城址遺構が残っている

続きを読む
posted by うさくま at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2019年05月18日

篠山こども狂言2019 スタート!

毎年、事務方として参加している
篠山こども狂言の2019年度の稽古がスタートした。
ふりかえれば、2012年度から担当になって以来
今年で八年目となった。時の経つのはまことに早い。

今日の顔合わせ会に寄り合ったこどもたちは五人
中学校に進学するとクラブに入ったり
勉強に集中することで狂言を引退する季節。

image1.jpeg
参加者募集チラシ

もっとも多かったときには二十人を数えたが
ついに十人を割ってしまった。参加いただいた
皆さんに一人でも多くの仲間を募って欲しいとお願いしたが
前途は多難な状況。ともあれ、狂言師 山口氏の指導で
今日集まってくれた親子の皆さんと稽古が始まる。

文化庁の伝統文化親子教室事業の助成金を
ベースとする「篠山こども狂言」、来年の1月の
成果発表会を目指して、一人でも多くの
子どもたちが参加して、狂言が盛りあがることを願う。 
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月13日

豊岡歴博を訪問、但馬界隈をぶらつく

今日は「丹波篠山誕生の日イベント」に出動した振替休日。
連休の間に行く予定をしていた豊岡市立歴史博物館へ遠征、
目的はいま開催されている特別企画展示会「家紋World」の見学。

a60067724_2057843594314209_5574829947769323520_n.jpg
垣屋氏が拠った宵田城跡が目の前
b60364455_2057844284314140_804621024363544576_n.jpg
スッキリした佇まいの歴史博物館

豊岡歴博はこの4月にリニューアルされ、その特別企画展のテーマに
家紋が取り上げられたのだった。それに伴って旧知のI女子の紹介で、
展示会の企画段階からお話をうかがい、来月の下旬に
「家紋って何?」と名づけた講演もお引き受けしてしまった。

bIMG_E3307.JPG
家紋の展示会

c60138786_2057844444314124_4187436592106831872_n.jpg

展示をザッと見たあと、担当学芸員のNさんと改めて
展示をジックリと案内いただき、その後に講演の打ち合わせを行った。
今日は同席が叶わなかったI女子に用意いただいた資料を頂戴し
予め用意してきた講演のメモをもとに方向性は決定した。

続きを読む
posted by うさくま at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年05月12日

JR 駅からハイキングの先達で八上城登山

今日も暑い一日だった。
ディスカバーガイドとして、毎年、出役させていただいている
JR の利用促進を目的とした 駅からハイキング
来年の大河ドラマのPRを兼ねた明智光秀にゆかりの地を歩く
企画が組まれ、その一つである八上城登山の先達を務めた。

60131671_2055937511171484_2254812308041629696_n.jpg

aIMG_4180.JPG

募集人数は五十人、早々と定員を越える応募があったそうで
八上城はなかなかの人気ぶりである。
篠山口駅で受付、チャーターした神姫バスに乗合
朝10時に駅を出発。八上城へ向かう車中で城史の前説をひとくさり。

続きを読む
posted by うさくま at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年05月11日

京都家紋研究会、久しぶりの家紋調査会

まだ春も浅い3月ごろ、家紋同人のK女史とのメッセンジャーで
「最近家紋調査会がありませんね?」、とやりとりしたことから
連休明けごろに実施しましょうよということになった。

それでは、近江の高島あたりをターゲットに日程を決め、
研究会のFBで告示、今日、本番当日となった。

高島市域は西の佐々木氏と呼ばれる一族が割拠したところで、
それにゆかりの家があるのでは? と漠然と思っていたところ。

b60075012_2054476004650968_4821535298716434432_n.jpg

グーグルマップを見ると寺院の境内墓地、田んぼの中に村墓地などがあり
これは期待できそうな・・・ということで、5月11日の朝十時に
近江高島駅に集合しましょうと話は決まった。

続きを読む
posted by うさくま at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2019年05月05日

光秀ゆかりの丹波の山城攻め2019 第一弾!

大河ドラマ「麒麟がくる」の決定を受けて、光秀を迎え撃った
丹波国衆の居城、八上城 → 八木城 → 黒井城 の丹波三大山城 と 
丹波平定後に光秀が築いた周山城 をめぐった 
戦国倶楽部 オフ会企画「明智光秀ゆかりの丹波の山城攻め」。 

引き続いて今年も「光秀ゆかりの山城攻め」を企画
その第一弾は京丹波町に残る須知城跡メーンで実行!
須知城は丹波国衆の須知氏が築いた山城で、周辺には上野山城、
上野館など須知氏ゆかりのの城館跡や菩提寺も残っている。

59305940_2043929832372252_6964355359557287936_n.jpg

今日の天気は快晴!絶好の山城日和(?)となった。
メンバーは総勢七人、メーンの須知城攻めの前の
足慣らしに選んだ中畑城跡に集合、オフ会がスタート。

続きを読む
posted by うさくま at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2019年05月02日

播磨の中世武家 三木氏の足跡を探しに英賀遠征

いま、某民俗誌に連載している
「播磨の中世武家の家紋地歴史を探る」の次回に
三木氏を取り上げるので西播の英賀保に遠征した。

IMG_3839.JPG

篠山口駅9時46分の快速に乗り、尼崎で新快速に乗り継ぎ
姫路駅で播州赤穂行きに乗り換え英賀保駅まで2時間10分
英賀保駅に降り立つのは30年ぶりのことであった。

続きを読む
posted by うさくま at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年05月01日

改元と即位、市名変更、時代は変わるが・・・

昨日、平成が終わり、今日から令和元年となる。
平成天皇は譲位して上皇となり新天皇が即位、
今日のマスコミはその話題で終始することだろう。
平成の幕開けは昭和天皇の崩御を受けたものだったこともあり
即位を心から祝うというムードではなかった。

今回の令和は憚ることない祝賀ムードとなり、ニュースでは
馬鹿騒ぎ、カラ騒ぎをする姿が報道されている。
いささか、浮かれ過ぎてはいないかと思ったのは私だけ?

続きを読む
posted by うさくま at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記