2019年02月03日

一陽来復の御札を貼る

2019年の節分、我が家の恒例となった行事
「一陽来復」のお札を今年の恵方(東北東)に向けて貼り
鬼は外、福は内!と豆まきを無事執り行った。

これで、我が家も「一陽来復」、
陰から陽、冬から春、陽光に包まれることになる(はず)
正直、どのような幸運に恵まれているのか、実感はない
大金持ちになってもいない、健康そのものでもない
とはいえ、平穏無事に生きていることだけは実感できる。
ともあれ、また一年、息災に暮らせることだろう。

とりたてて信心深い性質でもないし
「一陽来復」の御札に捉われるわけでもないが
ずーっと続けてきたことを止めるというのも心がひける
ま、身体が動く限り「一陽来復」は我が家にあり続ける(はず)
posted by うさくま at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

ふたたび播磨後藤氏の歴史探索で播磨遠征

今日も、相方の運転で後藤家の家紋探索に福崎へ遠征。
先日は本家筋にあたるらしい後藤家の墓所を訪ね
「下り藤」紋を用いられていることを確認した。
今日は、まず播磨後藤氏が拠った春日山城の登山からスタート
整備された登山道を登っていくと20分ばかりで山頂の城址。
続きを読む
posted by うさくま at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索