2018年08月25日

講座「丹波学」2018、第一講を聴講

朝、淀山城跡整備作業で汗だくになった身体を
シャワーでサッパリしたのち、ビールを一杯!
といきたかったが、講座「丹波学」の開会式
そして第一講の聴講に出かけて行った。

今年度のテーマは「今に息づく丹波の遺産」
第一講は、あの福島克彦さんによる「黒井城と福知山城」
明智光秀が2020年の大河に決定したことで
丹波の戦国史にもスポットライトが当たることは必定
とくに八上城の波多野秀治、黒井城の赤井直正は
いろいろな形で取り上げられることになるだろう。

続きを読む
posted by うさくま at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

朝、辻淀山城跡整備作業に参加

台風の名残であろう小雨がパラつき湿気がまといつくなか
二ヶ月ぶりに淀山城跡整備作業(前回、雨で中止)に参加。

今日の参加者は、子ども一人を含む八人
予定されている作業は東南に位置する井戸曲輪の上部に
設けられた帯曲輪と城址西方の帯曲輪南部とを結ぶ道開け。
本来なら城道はないところだが、秋の見学会を踏まえて
参加者が移動できるコースを開こうというものだ。

39989491_2212420022161836_9045759625743302656_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城