2018年08月04日

またまたまたまた、春日町に遠征

赤井直正の居城・黒井城跡の東方の集落小多利、多利から
先週廻った野上野にある墓地を巡ってきた。
これで4週連続の春日町遠征、今日も相変らぬ酷暑
目的は家紋採取とはいえ、無謀な行動ではある。

IMG_9450.JPG
墓地より小富士山を見る

さて、一番目の小多利の墓地は黒井城を攻めた明智光秀が本陣を布いたという小富士山の東麓。遮るもののない墓地は噎せ返る暑さ、綾部に多い由良家の墓石が多く、家紋は綾部と同じく全て「三つ引両」紋。目にとまったのは高橋家、よく言われる竹笠紋ではなく「酢漿草に二つ引両」紋、三村家の「折敷に三文字」紋は信濃三村氏との共通性が感じられ心に残った。

1-set.jpg
由良氏の「三つ引両」紋と三村氏の「折敷に三文字」紋
1-004.jpg
市島町に多い吉見氏の「一つ引に酢漿草」紋

続きを読む
posted by うさくま at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋