2017年02月19日

淡路島、はじめての山城攻め

先日、淡路の某所より家紋講座の依頼をいただいた。それが引き金となって、いつか淡路島の山城へ行かねばと思う気持ちにとらわれてしまった。

今年の篠山は二十何年ぶりという雪の多さで、その結果として丹波・但馬の山々は雪が残っている状態である。今朝もウッスラと雪が積もっていたが、思い立って淡路に行ってきた。目的地は田村氏が拠った郡家城、蜂須賀時代における淡路治世の中心となった洲本城、安宅氏にゆかりの炬口城などなど。

IMG_9205.JPG

0219_AWAZI01.jpg

丹南篠山口インターチェンジから自動車道に乗り、明石大橋を走りぬけ、淡路の津名一宮インターチェンジを降りる。ここまで、なんと一時間チョイという近さにビックリだ。しかも、雪の篠山が嘘のような、うららかな暖かい陽射である。
最初の山城である郡家城は藪だらけの小山にあり、登り道を探ったが見当たらない。手持ちの縄張り図と地理院の地図を頼りに城址の竹薮へ踏み込む、竹が折り重なっているものの曲輪、切岸、城址を東西に区画する横掘など、城址遺構はシッカリと残っていた。主郭部は広い削平地で、土塁を有し、切岸も高い。戦国時代、城として機能していころは、建物群が営まれ、武士らが暮らしていたことであろう。

0219_01.jpg
郡家城を見る
0219_02.jpg
曲輪と切岸
0219_03.jpg
横堀か?
0219_04.jpg
主郭部への虎口

城主田村氏は淡路国一之宮・伊弉諾神宮の神職も勤めていたともいわれることから、郡家城から供を連れて神宮に通っていたのだろうか。そのようなことを思うと、いまは竹薮に覆われているが優雅な光景が浮かんでくる山城跡ではあった。

田村氏の歴史を調べるため伊弉諾神宮に立ち寄り、社務所の方に中世の神宮、とくに田村氏のことに質問してみた。しかし、いまは田村氏を含む中世の歴史はよく分からないということで残念ながら得るところはなかった。

淡路島の暖かい陽射を浴びつつ、洲本方面に車を走らせた。洲本で昼食を取ろうとレストランを探したが見当たらない、ということでホテルも覗いてみたが心惹かれる店はない。

0219_AWAZI02.jpg
長閑な海辺

それなら、昼ごはんはあとにして洲本城に登ることにした。洲本城は、戦国時代、淡路を支配した安宅氏が築いた城がベースとなって、江戸時代に秀吉配下の大名により改修されたものだ。
城址に残る石垣群はシッカリとしたもので見ごたえ十分だったが、天守台に建つ模擬天主は驚くショボサであった。江戸時代の天守を復元したものでもなく、単に展望台として築かれたそうで、いまは老朽化のため立入禁止となっていた。鉄筋コンクリート製の模擬天主としては日本最古ということで、それはそれで価値があるのかも知れないが、やはり違和感は否めなかった。洲本城では「登り石垣」が最大の見所だが、今回は残念ながら実見できなかったのがは心残りとなった。

0219_06.jpg
洲本城の石垣
0219_07.jpg
見ごたえのある石垣
0219_AWAZI03.jpg
梅が咲いていた
0219_IMG_9286.jpg

0219_IMG_9290.jpg 天主から洲本湾を見る

ここで遅くなった昼ごはんを食べることにしたが、すでに食堂やレストランは準備状態。ハングリーアングリーな相方を宥めすかして、いつもの通りスーパーで食べ物をゲット。腹を満たしたのち、三つ目の山城である炬口(たけのくち)城に攻め上った

炬口城淡路守護被官から勢力を伸ばし淡路を支配下においた安宅氏が築いた城で、洲本港を眼下におさめる小山に遺構が残っている。三好氏が勢力を伸ばすと安宅氏は三好氏の下風に立つようになり三好長慶の弟・冬康が家督を継ぎ由良古城に拠ると炬口城はその有力支城として機能したようだ。

0219_10.jpg
虎口
0219_IMG_9350.jpg
土塁
0219_12.jpg
洲本湾を見る
0219_11.jpg
堀切

城址へは山麓に鎮座する炬口八幡神社から山道があり、アッサリと堀切から伸びる竪堀へと登りつく。城址は土塁で囲繞された二つの曲輪で構成され、山道にそって虎口が開いている。実際に歩いた印象は、山城というより居館跡という佇まいで、立地といい規模といい近江小谷城の山崎丸・福寿丸に似ているものであった。

三つの山城と一宮をめぐって今日の淡路遠征は、ひとまず幕引きとしてお土産を買おうとバスターミナルに寄ってみた。これといった掘り出し物もなく、丹波へと帰っていった。淡路島、丹波からめちゃくちゃ近かったが片道3,430円(ETC でなければ5,050円)はチョッと高すぎやしないか。ともあれ、講座までにもう一回くらい淡路に行きたいものだ。課題は相方が望む美味しいもの、山城とはちがうスポット訪問をどう盛り込むか、それが難しい。
posted by うさくま at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2017年02月13日

歴史民俗誌 Sala 61 が届いた。

歴史民俗誌 Sala 61 号が届いた。
今号は前号に続いて日本の名字にスポットをあてた
「高橋・田中・渡辺の名字と家紋」と題した一文。

20170213_sala.jpg

これで家紋コラムも十一回を数えた。
Sala に書かれているみなさんの記事を読ませていただくと
それぞれ弼つのテーマから外れない仕上がりになっている。
一方、家紋コラムは「家紋」というテーマ以外は
あっちこっちに話題が拡散しているような・・・

受けているのか、受けていないのか心許ない限りだったが
編集後記に好意的な一文をいただき、なんとなく
lこれでいいのかな?ホッとしている小心者である。
posted by うさくま at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月11日

雪の篠山城下町へ

天気予報 通りに、週末は雪。
恒例のディスカバーささやまグループの土曜会に出席するため
こわごわ城下町に出かけてきた。

0211_YUKI001.jpg

0211_YUKI002.jpg

案の定というべきか、城下町の西はずれの信号で
タイヤがスリップしてえらい目に遭ってしまった。

0211_YUKI01.jpg

0211_YUKI02.jpg

0211_YUKI03.jpg

土曜会がおわったあと、三の丸駐車場の手前で
雪の篠山城を撮影、雪、石垣にもよく似合うような。
今年の篠山は、本当に雪が多い。まだまだ雪が降りそうな気配。

posted by うさくま at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月04日

ディスカバーガイドを無事、終了

京都から来篠した若者グループのディスカバーガイドを無事、終了。

天気も良く、暖かい、良い1日だったが、

久々の城下町ガイドはヤヤカミだった (*'ω'*) かも。

posted by うさくま at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月03日

一陽来復のお札を新しく

今日は節分、我が家恒例の行事「一陽来復」の御札はり神事を終えることができた。先日、長女と孫を京都まで送っていた帰り、これまた恒例となっている嵯峨野の車折神社でゲットしたもの。
横浜時代は高田馬場にある穴八幡さんにお札をもらいに行ったもので、穴八幡さんと車折神社の「一陽来復」のお札の見た目はまったく別物である。穴八幡さんのお札になれた目に車折神社のお札は違和感があったが、何年も歳を重ねると馴染みがでてくるからおもしろい。

0203_SETUBUN.jpg

ともあれ、酔っぱらって寝過ごさないように頑張って今年の恵方に向けてお祀りした。これで、今年も心安らかに一年を過ごせることだろう 二礼二拍手一礼 m(_ _)m
posted by うさくま at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記