2016年07月31日

ガイド役で三尾山城に登る

今日は予定通り、6人の方をガイドするかたちで三尾山城に登山。
本来なら先輩ガイドKさんが案内されるところだったが
突然のピンチヒッターとして城攻めの先達を務めた。

IMG_6006.jpg

二年前に撮影した三尾山城

IMG_7861.JPG

登山スタート


続きを読む
posted by うさくま at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2016年07月30日

酷暑のなか、篠山の歴史取材行

おもゼミの取材で、篠山東北部の大芋から八百里山麓を歩く。山田家、澤山家、そして畑家を訪ね、相応の成果があったが、畑守国追善墓のところで頭部に負傷。守国さんに対して何か粗相があったのかな〜?、「痛かった〜」。

IMG_7859.JPG

資料と見合わせながら、今日、撮影した写真データを整理

IMG_7829.JPG

みつけた山田家の墓石

IMG_7831.JPG

山田家の家紋

IMG_7846.JPG

畑家の住宅、周囲に濠の名残が

IMG_7847.JPG

明智軍と戦った畑氏の追善墓。屋根のトタンにやられた

今日の取材行で一応の訪問先を訪ね、お家の方やゆかりのみなさんと色々なお話しをすることができた。いよいよ、取材の結果を整理して当日に配布するレジュメ作成に着手せねば。

posted by うさくま at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2016年07月28日

高砂で食事。帰って何気に高島易断

篠山藩窯を源とする丹波青磁・王地山焼を店内に展示、王地山焼の作品に盛り付けた創作料理(ランチとして提供される)を出されることになった「料理旅館・高砂」さんに伺った。歴史を感じさせる老舗の渋い店内、調度に、王地山焼が見事に調和し、料理も味わい深いものであった。

0730_takasago01.jpg

0730_takasago02.jpg

創作料理は「王地山焼膳」と名付けられ、1,800円とのこと。ゆったりした空間で丹波青磁・王地山焼の器に盛られた料理に舌鼓を打つ、オススメです。


・・・・・・・・

あまり信じないのだが、思うところあって高島易断の運勢をみた。「調整運」、天地は寂然として動かず。なるほど、当たらずとも遠からず、というところか。

IMG_1573.JPG

私は運勢というものを横目で見ている程度なのですが、ここのところ??と思うことが多く、チラッと見たら「なるほどな〜〜」と思ったことでした。いいこともあるわけですし、知っといた方がよいかな・・・って感じです (^ ^)


posted by うさくま at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月24日

小田原城界隈を歩く

小田原城を散策中、むかし酔っ払って寝過してしまった上に財布ごとカバンを盗られ、ホテルに泊まるお金もなく無惨に野宿して以来のことだ。当時、あった動物園もなくなり、櫓や門などがあれこれ再建されてて…隔世の感、天守の姿も意外といいかも (^ ^)




後北条氏時代の小田原城総構の遺構・小峰の大堀切を歩いてきた。いずれも、後北条氏の城らしく横堀と土塁が特徴、小田原城総構の規模壮大さは素晴らしかった。後北条氏、もう少し頑張ってみてもよかったのでは?などと思わせるものだった。




小峰の大堀切を歩く


屈折部、正面に横矢曲輪跡


ヒトの小ささが横堀の壮大さを実感させる


西の横堀から小峰大堀切を見る


向こうの山の一夜城跡を遠望


稲荷森の惣構


惣構を東西に分断する山ノ神堀切


無念の自刃を遂げた北条氏政・氏照兄弟の墓所




せっかくなので家紋ウォッチ

まず大堀切傍の蓮船寺、内野家(七宝に十字)、小島家(五瓜に桔梗)、小島家(根笹)。

次の浄永寺、府川家(立ち沢瀉を主体として釘抜・剣片喰・松皮菱も)、林家(三つ巴)、変わっていたのが高根家(富士に水に扇)。

三つ目の桃源寺では小野家(草字?)、渡里家(三階菱)。

四つ目は鳳巣寺、守屋家の墓石がズラリ、家紋は立沢瀉を主体に剣片喰紋が少々。変わったところでは仁平家(並び瓶子)、一寸木家(違い鷹羽)。

最後が永久寺、伊藤家(文字紋、なんて読むのだろう?)この寺は蓮がキレイに咲いていたのが印象的だった。



陰輪違いに十字 とも言える


高根 という名字から、富士のタカネ(高嶺)かけたものか??

→扇が船の帆に見えます。

世界遺産富士山→「三保の松原」→能『羽衣』  黒住さん


任平 「二瓶」 にかけたものだろうな、きっと。



一文字に木のようにも見えるが、読めない 



おおお!と目を引く変った家紋こそなかったが、いずれの寺も都会化した町にあってむかしながらの関係をもった名字と家紋が現代にまで引き継がれているのが感じられたのであった。




posted by うさくま at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2016年07月23日

横浜線沿線の山城に登る

思いがけず横浜に出かけることになり、小机城と茅ケ崎城

小机駅のホームから公机城址を見る

主郭の土塁

大堀切が曲輪群を防御

切岸もなかなかの高い

これでもか!と横堀が城址を囲繞する



茅ヶ崎城主郭の切岸

主郭を囲繞する土塁

散策路と化した空堀

ヒトと比べると切岸の高さが分かる




せっかくなので家紋もウォッチ


小机の金剛禅寺では、神本家(下り藤).羽鳥家(横木瓜)、鈴木家(下り藤)、石井家(三つ鱗)。

都筑区の正覚寺は寺紋が「一文字三つ星」、境内の本堂庫裏落慶記念碑に刻まれた名字を見ると、金子家(違い鷹羽)、岸家(橘)、米山家(下り藤)。


posted by うさくま at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2016年07月21日

初孫誕生、波々伯部神社のすべてを拝受

嬉しい出来事がダブルで、きた〜ッ。
初孫、ついに降臨。3618gだったそうな・・・、ちなみに、母親の生まれたときの体重は3900gだった。あたりまえのことだが、初孫に、未だ名前はない (^_^)
娘は横浜在住なので、なかなか会えそうにない。いわゆる遠い田舎のおじいちゃんって存在になるのだろう ??(^_^)

!cid_3ABFEACB-FEC0-46AC-8EE9-95ECD0027E8C.jpg

!cid_D8DCCC2F-7ECB-40AF-A975-6ADF3F9B696E.jpg

つぎに嬉しいこと。
「―丹波の祇園さん―波々伯部神社のすべて」を
神職の T さんよりいただいた。

IMG_6340.JPG

この冬、神社に伺った時、親しくお話しいただき、普段は見られないところも案内いただきました。まことにありがたいことです。またお話を聞かせていただきたいと思いながら、野暮用が続いてなかなか実現しません。



posted by うさくま at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月18日

大阪から大和小泉へ取材行

月初より格闘していた校正が完了、編集事務所さんへ返送した。校正しているなかで、気になった志紀長吉神社、大和郡山の慈光院へ家紋取材に遠征。大和郡山はむかし住んでいたところだけに、どう変わっているのか楽しみだ。

0718_yamato01.jpg

すっかり変わってしまった大和小泉駅

大和小泉駅を降りると驚くべき変貌。あれも、これも、それも、ほとんど無くなっていました。なんといっても、家が駅の周りにミッシリ建っているのにビックリでした。

続きを読む
posted by うさくま at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2016年07月16日

面白ゼミナール、山城編の整備に出動

秋に予定されている「おもゼミ山城編」にリストアップされている栃梨城の整備作業に先輩Tさんと汗を流した。なんということもない山城と思っていたが、意外とよい感じの山城であることも再認識したことだった。何度か登って下調べをし、整備作業に汗を流すとなんとなく愛着が出てくるから不思議だ。


TOTINASI_joro.png

続きを読む
posted by うさくま at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2016年07月10日

信濃武家伝、三校をチェック中

三校をチェック中。

昨年の四月頃から草稿をひたすら書いて、夏過ぎに送った後に

秋ごろ修正依頼を受けてほぼ全面見直しして返送。

暮れ頃に組版初校がきてページを大幅に削減して、

ゴールデンウィーク前に再校がきてガッツリチェックして返送。


0710_sinano.jpg


二ヶ月待って、きた三校正、それでこの付箋の多さ!

愕然としました (*_*) 。が、気合を入れてチェック作業に奮闘中。

う・・・??、息抜きに山城か、墓地に行きた??い (≧∇≦)

posted by うさくま at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月08日

「ふるさと亀岡のお城」の図録を入手

某所で「ふるさと亀岡のお城」の図録を入手した。

そのなかの展示資料一覧で目を引いたのが

亀山藩史料という「旗之紋、幕之紋、家紋、替紋」、

こちらの翻刻版は出ないのだろうか?


0708_zuroku.jpg


山城系のものは、すぐ品切れになってしまうそうです。

ブームは、怖いですね〜

すでに世の中に出ている縄張図(福島さん製)ばかりです。

が、こういうふうに一冊になるとありがたいですね。

posted by うさくま at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月03日

63回目の誕生日

今日は62回目の誕生日、山城行は休憩して
相方と福知山へドライブ。
福知山駅で別行動、自分は図書館へ。
目当ては「京都府中世城館跡調査報告書」、全四巻のうち丹波編。

20170703IMG_6251.JPG

すでに行ったところ、これから行こう、
おもしろい縄張り図なんどのページを複写してきた。
報告書、販売すればスマッシュヒットになると思うのだが・・・、
京都府にその気は無いらしい ( ̄▽ ̄)


posted by うさくま at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月02日

綾部上林谷の山城を巡る

丹波は夏日の予報。朝、早く起きて
綾部上林谷の家紋ウオッチと山城攻めに行ってきた。
あらかじめ下調べした比丘尼城→弓削城→折山城・折山西城
→梨子ケ岡城→沼ケ谷城をめぐりながら、
道中にあるお寺、墓地を訪ね家紋を採取しようというものだ。

ayabe20160702a.png

ayabe20160702.png

続きを読む
posted by うさくま at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城