2016年04月30日

山開きを前にした登山道チェック登山に同行

早起きして、来たる五日(木曜日)に開催予定の「丹波篠山 山開き」を前にした登山道チェック登山に同行。

当日の担当は「栗柄から三岳」なんだが、大タワから小金ケ嶽のルートチェックとなった(山開きの登山ルートではなかったような・・・?)。

0430_mitake01.jpg

栗柄に集合、車に乗り合わせて大タワの駐車場に移動

0430_mitake02.jpg

0430_mitake03.jpg

修験の山だけに険しい風景

0430_mitake04.jpg

山開きで登る三岳を遠望

0430_mitake05.jpg

0430_mitake06.jpg

ツツジの花

0430_mitake07.jpg

小金ケ嶽の頂上に到着

0430_mitake08.jpg

頂上にはツツジの花が咲きこぼれていた

天気も快晴、吹く風も爽やか、いい山歩きができた (^^)/
・・・

山から帰宅したら誰もいない(*^_^*) 迎えてくれたのは久々に登場したヤモリ。爬虫類は苦手だが、唯一、ヤモリだけは許せます (^^)



posted by うさくま at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2016年04月26日

DSG、第三十四回総会に出席

今日は ディスカバーささやまガイド グループ第三十四回総会に出席した。

振り返ればグループの末席をけがして以来五年になるわけだが、ガイドの能力が進化していないことを実感したことだった。



アミガサダケ

庭のアミガサダケ、なんともプリッと美味しそうにみえるのですが食う勇気を出せないまま朽ちることになりそうです。

0426_amigasatake.jpg



posted by うさくま at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月24日

北播磨城郭研究会30周年記念講演会

北播磨城郭研究会30周年記念講演会、

相変わらぬ藤原会長の熱い山城話を聴く。

0425_koza.jpg

20140424-4.jpg

会長の前座で、家紋の話をさせていただいた


昼からは三草山城に登山、黄砂で遠くが霞んでいたものの天気も好く、いい山&城歩きができた。

0425_mikusa01.jpg

畑口から登る、緑が爽やかだ

0425_mikusa06.jpg

会長の熱い城説

0425_mikusa02.jpg

切岸に残る土留の石積

0425_mikusa03.jpg

曲輪切岸と虎口状地形

0425_mikusa04.jpg

頂上から清水寺を遠望

0425_mikusa05.jpg

三草山頂上の主郭、正月に登った時にはなかった施設が無粋に鎮座していた


・翌日の朝刊にイベント記事

0425_sinbun.jpg



posted by うさくま at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2016年04月23日

丹波篠山、オフ会に出動

今日の篠山オフ会の配布資料がでけた (^_^)
そろそろ、出かけよう。というこで、篠山戦国山城オフ会に出陣

近江・奈良・摂津、さらに遠く加賀から集まったメンバーは総勢九人。
 

続きを読む
posted by うさくま at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2016年04月21日

DSG、高校生をガイドして三岳登山

今日は雨。

某高校のオリエンテーションのガイドで出動、

計画では三岳登山であったが、

雨のため俗に自衛隊道路と呼ばれる道を

大タワまでウォーキングに変更となった。


0421_mitaektozan.jpg


雨中に舗装路を歩くのは山登りよりキツイ!

が、気張って行こう ( ´ ▽ ` )

ということで、途中、リタイアした子のために

大タワまで駆け上るというアクシデントはあったが

大きな事故もなくミッション完遂できた。

posted by うさくま at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月20日

早起きして校正作業に邁進

今日は久しぶりの夜間勤務、

早起きして校正作業に邁進中!


IMG_1017.JPG


なんとなくゴールが見えてきたような・・・、

が道はまだ遠しだな〜〜 ( ´ ▽ ` )

posted by うさくま at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月17日

「第6回ありこ・このすみ歴史講演会」を聴講

今日は、山名氏城跡保存会「第6回ありこ・このすみ歴史講演会」を聴講に出石へ遠征。
講演は西尾会長と兵庫県まちづくり技術センター・西口圭介氏の二つが予定されていたが、西尾会長が体調不良とのことで西口氏の単独公演となった。そのせいもあってか、事務局による前説と西口氏の講演が妙に長かったような・・・。いつものピリッとした雰囲気が薄かったように感じたのは、わたしだけだったろうか?

0417_yamana01.jpg

0417_yamana02.jpg

とはいえ、保存会の機関誌「山名氏の城と城下を考えるー第6集ー但馬・出石の城を掘る」を会員価格で購入できたのは大きな収穫だった。



posted by うさくま at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2016年04月16日

今年もアミガサダケが出てきた。

今年も我が家の荒れ庭の一角に

アミガサダケが出てきた。


0416_amigasadake.jpg


高級食材として食えるらしいし

ワイルドな知人は食して「旨い」とのこと。

しかし、見るだけで、食べる勇気は

今年も沸いてはこない。


posted by うさくま at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月10日

篠山総合スポーツセンターのオープニングイベント

生まれ変わった篠山総合スポーツセンターのオープニングイベント「歴史ウォーキング」のイベントスタッフの一人として城下町を歩いてきた。今回は快適な歩き方という「なんば歩き」のレクチャを受け、疲れない歩き方にチャレンジ、残念ながらマスターするまでには至らなかった。

0410_sports01.jpg

0410_sports02.jpg

0410_sports03.jpg

0410_sports04.jpg


晴れ間こそ少なかったが天気はまずまず、スポーツセンターから篠山城までウォーキング、そして、大書院・安間家史料館・青山歴史村・歴史美術館をめぐる楽しいイベントとなった。参加者の皆さんの満足度も高かったようで、まずはホッとしたことだった。

posted by うさくま at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月09日

「篠山の山城めぐり」オフ会の下見行ってきた。

「篠山の山城めぐり」オフ会の下見行ってきた。ターゲットは、館山城と足見寺城、下見のつもりが汗まみれでガッツリと城跡を徘徊してしまった。

0409_saa01.jpg

篠山城の桜は満開


まず、館山城跡へ

0409_saa02.jpg

館山城跡を見る

0409_saa03.jpg

山麓の館跡を思わせる地形(畑址だろう)

0409_saa04.jpg

連続堀切?連続虎口? なんとも不思議な地形

0409_saa05.jpg

館跡があったという中央の凹地、はたして城跡か?

0409_saa06.jpg

城跡とされる尾根筋ピーク、土塁が見どころか。

0409_saa07.jpg

城跡の防御施設としては、どのように形容すべきか?


つづいて、足見寺城へ。登り口にある顕勝寺さんに車を停めると、
住職の方がいらっしゃり御挨拶。
以前、福泉寺城見学会のガイドをさせていただいたとき
参加いただいていた方で、お城のことを規定見ると
「確かに城跡はあるが」といまから登ろうとする山とは向いの山を指さされた。
実際、登られたことはないらしく、地元の情報とはいえ
鵜呑みにできないことを思ったことだった。
もっとも、そちらにも城跡があるのかも知れないが?

0409_saa08.jpg

足見寺城跡を遠望

0409_saa09.jpg

城址南尾根の堀切

0409_saa10.jpg

主郭部中央を遮断する大堀切

0409_saa11.jpg

主郭切岸と南の曲輪

0409_saa12.jpg

西方尾根より見た主郭の切岸

0409_saa13.jpg

土橋状の地形が続く西方尾根の堀切


帰ってシャワーを浴びようとすると肌着が塩を吹いていた (+_+)

0409_dani.jpg

ななな、なんと! ダニにやられてましたっ*・゜゚・*:....:*'(*゚▽゚*)'*:.. ..:*・゜゚・*

おそらく、館山城かと? 当日、要注意です。


posted by うさくま at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2016年04月04日

戦国倶楽部 丹波但馬オフ会

但馬竹田城を皮切りに、福知山城、猪崎城、愛宕山城、そして、篠山城をめぐった。心配していた雨もなんとか持ちこたえ、行く先々で桜が満開。
竹田城は百名城スタンプをゲットして登るのは断念、福知山城はおりからの桜まつりで大賑わい、石垣に用いられた転用石は見ごたえあった。猪崎城は相変わらぬ遺構群と満開の桜を満喫、神社と化した愛宕山城はわずかに残る土塁跡に往時を想像。

0404_tantan01.jpg

駐車場から見上げる、桜満開だ〜〜

0404_tantan02.jpg

オープンの頃、何かとバタバタ往来したのは、もう三年前?

0404_tantan03.jpg

福知山城、キリッとしている(再建コンクリート造だが)

0404_tantan04.jpg

石垣に使用された宝篋印塔の台石

0404_tantan05.jpg

猪崎城跡、切岸と曲輪、ここも桜満開

0404_tantan06.jpg

櫓台跡という高み、横堀を睨む横矢かも ー?

0404_tantan07.jpg

猪崎城跡から福知山城を遠望

0404_tantan08.jpg

愛宕山城跡の土塁

0404_tantan09.jpg

土塁を別角度から

0404_tantan10.jpg

愛宕山城跡たらしめる愛宕神社、そもそもは陣城だったようだ


篠山に進路を変えたころから雨がポツポツと降り出し、篠山城は雨中の大書院探訪、城跡歩きとなった。
なんとなく駆け足状態となり、昼ごはんを摂るのも惜しんで、スケジュール通りの城めぐりとなった。懇親会では、ミニ家紋講座、戦国談義に花を咲かせる、楽しい時間はあっという間に過ぎていったのだった。

posted by うさくま at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部