2015年09月27日

信濃遠征、家紋採取

五泊六日の信濃遠征
山城を訪ね、寺社や墓所にある家紋の採取に勤しんできた。

IMG_9731.jpg IMG_9736.jpg IMG_9884.jpg
喬木資料館:知久氏の七本骨御所車紋
喬木資料館:座光寺氏の甲冑に打たれた違い高羽紋
船山城跡の墓所にあった片桐氏の並び矢紋

IMG_0046.jpg IMG_0087.jpg IMG_0096.jpg
諏訪高島城内、護国神社の梶葉紋
桑原城跡山麓の仏法紹隆寺古墓地:矢崎氏の並び矢紋
仏法紹隆寺古墓地:守矢氏の十字紋

IMG_0098.jpg IMG_0280.jpg IMG_0328.jpg
仏法紹隆寺古墓地:茅野氏の三つ盛亀甲唐花紋
諏訪上社本殿の梶葉紋
諏訪上社前宮の梶葉紋

IMG_0395.jpg IMG_0463.jpg IMG_0582.jpg
望月氏の居館跡の城光院の七曜紋
岩尾城主大井氏の供養塔に刻まれた松皮紋
上田城内に鎮座する真田神社の神紋

IMG_0714.jpg IMG_0743.jpg IMG_0835.jpg
真田城山麓で見つけた坂口家の家紋、山形に二本杉?かな
真田幸綱・昌幸父子の墓所がある長谷寺境内にあった大隈家墓所のカゴメ紋
海野一族の氏神、白鳥神社の州浜

IMG_0870.jpg IMG_8754.jpg IMG_8757.jpg
村上氏の居館跡という満泉寺の上字紋
ふるさと小川村に展示されていた木製の屋根材に大日方氏の二つ引両紋
大日方氏の後裔に伝来する甲冑に打たれた二つ引両紋

IMG_1437.jpg IMG_1442.jpg IMG_1857.jpg
小笠原一族二木家の丸に木の字紋
同じく二木家の三愛菱に千切紋、何気に感動 (^^)
天保11年の銘が刻まれた三村家墓石の折敷に三文字紋! これも、お〜ッと感動 (^^)/! 


事前にあれこれ調べたつもりだったが
振り返ってみると、見逃し、調査不足を痛感するばかりだ。
できれば、家紋採取だけに特化して
もう一度、信濃に遠征したいものだが、年内は無理だな。

posted by うさくま at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2015年09月26日

信濃遠征、最終日

この旅の最終日となる六日目。
朝の天気予報では、雨も徐々に上がっていくとのことで
まず、小笠原一族であった二木土佐館を訪ねる。

IMG_1414_hutatugi.jpg

折からいらっしゃった二木家のご婦人からいろいろな話を聞かせていただいた。
ご婦人が教えてくださった二木家墓地を訪ねると、
丸に木の字・三階菱に千切・丸に二つ引の家紋を確認できた。
本家は丸に木の字とのことだが、三階菱に千切紋も用いられていることに感動!

IMG_1437.jpg IMG_1442.jpg


 
続きを読む
posted by うさくま at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2015年09月25日

信濃遠征、五日目は雨だった

いよいよ五日目、朝からず?ーーーっと雨。
スカッとしないが、毎度、お馴染みとなったホテルの朝食を食べ
今日も今日とて、信濃の史跡めぐりをスタート。

まず、最初の横田城跡はあっさりと発見、
ついで、すぐ近くの(伝)大塔砦跡に立ちよる予定たっだが
ナビがどう間違えたのか、道を間違えてしまった。
ともあれ、塩崎城跡山麓の長谷寺を訪ね、大塔合戦が行われた
横田川原方面を遠望、なるほど広い平野だ。

IMG_1009_yokota.jpg
集落の中にポツンと取り残された横田城跡

IMG_1042_otou.jpg
大塔古砦跡といわれるところは、アッケラカンとした田園のなか

 
長谷寺からふたたび、(伝)大塔砦跡を探し求め、
たどり着いた(伝)大塔砦跡は何もない。ともあれ
大塔合戦の説明看板のある公民館に車を停め
周囲を歩いてみたが、なんとも殺風景なところであった。

公民館となりの墓地にあった渡辺家の墓所の紋は
やはりというべき「三つ星に一文字」。
渡辺家はどこでも変わらぬ家紋、こういうのはホッとするかもん。

 
続きを読む
posted by うさくま at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2015年09月24日

四日目。真田氏を含む北信諸将の山城・史跡をめぐる。

まず今日の皮切りは、十何年振りかとなる上田城跡攻め。
真田昌幸が徳川の軍勢を二度にわたって撃退した城
以前に来た時よりも整備の手が行き届き、
大河ドラマを意識した幟や作り物が目立った、来年はすごいことになるのだろう。

IMG_0553_ueda.jpg

IMG_0575_ueda.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2015年09月23日

信濃三日目。今日も天気は晴れ。

朝一番、諏訪高島城を訪問。
城内に入ると、諏訪氏の家紋「梶葉」紋があちらこちらに据えられている。
城そのものは明治維新のときに取りこわされ、いまあるものは再建されたものだ。

IMG_0057_suwa.jpg

IMG_0069_suwa.jpg

かつては、諏訪湖に面して「浮き城」と称されたが、
その面影は堀にうつる天守と堀からわずかに感じられるばかりだ。

続きを読む
posted by うさくま at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

諏訪上社の「根あり三つ梶の葉(諏訪梶葉)ウォッチ

諏訪上社の大祝・諏訪氏の家紋は
諏訪上社の神紋である「根あり三つ梶の葉(諏訪梶葉)」である。
諏訪氏にゆかりの地を歩くと、
当たり前のことだが諏訪梶葉紋が否応なく目に入ってくる。

IMG_0039_takasima.jpg IMG_0046_gokoku.jpg
諏訪高島城内で         諏訪護国神社賽銭箱で

IMG_0108_syouryuuzi.jpg IMG_0127_raigakuzi.jpg
佛法紹隆寺で           頼岳寺で

IMG_0139.jpg
頼岳寺境内に植えられている梶の木

それらの諏訪梶葉紋を見ると
現代の紋帳などに記された紋形にとらわれることなく
自由に描かれていて、なんとなくホッとしたりした。
いまさらのことながら、諏訪大社は上社と下社があり
上社は根が四本、下社は五本がお約束であった。

IMG_0132_raigakuzi.jpg IMG_0150_raigakuzi.jpg
頼岳寺境内で

IMG_0154_raigakuzi.jpg IMG_0155_raigakuzi.jpg
頼岳寺境内墓所で

上社の本宮、前宮をはじめ、諏訪氏ゆかりの地で採取した
諏訪梶葉紋は根が四本ばかりであったが、一つだけ五本のものがあった。
ま、そういうこともあろうか・・・。と思いつつ
なんとなく上社と下社のお約束事は守ってほしかったような。

IMG_0285_suwa.jpg

IMG_0279_suwa.jpg IMG_0281_suwa.jpg
諏訪上社本宮で

IMG_0302_suwa.jpg IMG_0329_suwamae.jpg
何故か?五本足         諏訪上社前宮で

 
また、ゆかりの寺社に植樹されていた梶の木の葉っぱが
まったく、諏訪梶葉紋に似ていないのもおもしろかった。
とはいえ、成長した梶葉が一般的な、特に平戸梶葉紋に似ていた。

kazi_ha.jpg   matura_2.jpg
一般的な梶葉紋          平戸梶葉紋


あたりまえのことだが、では諏訪梶葉は?
ということになるが・・・。 諏訪神のみぞ知るということか??
posted by うさくま at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2015年09月22日

信濃遠征、二日目

二日目日は、天気は快晴、
早起きして、元善光寺からスタート。

IMG_9440_motozen.JPG
快晴のもと、元善光寺さんにお参りする

IMG_9445_motozen.JPG 善光寺同様「立ち葵」紋


ついで、元善光寺北すぐにある座光寺氏が拠った座光寺北城へ
主郭部の耕雲寺に車を停めると寺の山門前は横堀跡、
そこから南方に位置する小学校の先までが城跡になっている。

IMG_9470_zahoku.JPG
耕雲寺山門前は横堀

IMG_9524_zanan.JPG
要所に説明版があり、分かりやすい南城跡

IMG_9605_zanan.JPG
広い主郭部、曲輪を囲む土塁も見事だ


北城からすぐ南西のところに座光寺南城がある
城跡入口部に説明カンバンが立てられ、踏み込んだ城跡にも
要所に縄張図入りのカンバンが立てられている。
城跡は、横堀を多用した複雑なもので、大味な北城に比べて
戦国末期に出城を回収したもののように見受けられた。

続きを読む
posted by うさくま at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2015年09月21日

信濃遠征、スタート

ずーっと書き進めている「信濃武家伝」、
一度は、信濃を訪ねて武将たちの故地を歩きたいものと思っていた。
シルバーウィークに行こう!と決め、訪問地、ルート
ホテルなどを下調べ、段取りして、いよいよ信濃遠征に取り掛かった。


0921-1.jpg
信濃遠征のお供は「長野の山城50選」

続きを読む
posted by うさくま at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2015年09月20日

篠山東北地域で家紋探索

豊岡からの帰り、篠山の北部方面に寄り道して
来月の家紋講座のための墓所めぐりをした。まず、藤阪で発見した墓所では
岡崎家の「剣酢漿草」紋、岡本家の「丸に橘」紋を採取、
藤阪には気付かない墓所がもっとあるのかも知れない。

IMG_8730.jpg
瑞祥寺参道かたわらに咲いていた彼岸花

続きを読む
posted by うさくま at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

恒例、有子山城跡整備作業に参加

ここ数年の秋の恒例行事である
山名城研の有子山城整備作業に混ざって汗を流してきた。
今日の参加者は約30人、
はじめて参加したころに比べると大人数になった。

0920-1.jpg
でこぼこの林道を登りきると城跡
0920-2.jpg
変らぬ主郭からの絶景
0920-3.jpg
シダの繁茂する曲輪と格闘
0920-4.jpg
スッカリ、きれいになった有子山城

コツコツと城研のみなさんが頑張ってきた成果に、
加えてあい変わらぬ山城ブームがあるのだろう。
こういう汗のかきかたは健康的でグーです。
が、人が増え過ぎるのも微妙な感がしなくもない。


0920-5.jpg

作業が終わった後は、まいど恒例になった
出石ソバで腹を満たす。
今日は、連休のはじめということもあって
随分またされてしまったが、相変わらず美味かった(かも)
posted by うさくま at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2015年09月19日

戦国倶楽部、神戸の陣

戦国倶楽部、ひさしぶりのオフ会。
メンバーは四人、まずは河原林正頼ゆかりの芦屋の鷹尾山城、
登山コースにもなっていて、登山客がぞろぞろ。

0919-3.jpg
城跡を遠望、ピークが主郭
0919-1.jpg
城跡の曲輪切岸
0919-2.jpg
謎の二重横堀

続きを読む
posted by うさくま at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2015年09月17日

多紀「家紋講座」の準備に着手

春先の連休以来
ズーッと、信濃の武家の歴史と格闘してきた。
草稿が一段落したところで、
来月15日に予定されている家紋講座用に、
篠山家紋マップを改訂、大芋・多紀・福住を反映した。
これで、ほぼ、篠山全域の家紋マップができた (^^)

20150917.png

今回の講座ターゲットとなる地域、
大芋は見聞諸家紋にも収録された大芋氏の拠ったところ
多紀は丹波鬼と称された荒木山城守の居城細工所城があるところ
そして福住は丹波の青鬼籾井氏の籾井井城があるところ
と、それぞれ歴史的に面白いところ揃いだ。

家紋の話がメーンになるが、
そのような歴史も入れてみたいものだが・・・
そうなると話が散漫になるだろうし、悩む (?_?)
posted by うさくま at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2015年09月12日

カールの星

カールを食べていたら「 星 」形のが出てきた。
こういうのが入っていたとは知らなかった (@_@)
いいことあるのかな? (^ ^)

カールの星.jpg
posted by うさくま at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月05日

妄想「古木に柏」紋ラインを走る

先日来の綾部家紋調査で、綾部市には「古木に柏」紋が広く分布していることが分かった。とくに、山家から丹後に抜ける道筋にあたる上林谷と、上林谷から舞鶴へ分岐する五津合谷に集中していることが知られた。菅坂峠で舞鶴に通じる五津合谷には、道筋に散在する小室家・鎌部家・井関家・藤崎家・田中家の墓所に「古木に柏」紋が刻まれているのであった。

ひょっとして、山家から上林谷、五津合谷から舞鶴まで、「古木に柏」紋ラインがあるのではないかと妄想、上林から五津合、そして舞鶴までを往来してみることにした。

20150905.jpg



続きを読む
posted by うさくま at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋