2015年01月31日

亀岡文化資料館に行く

今日も朝から雪。
予定されていた辻集落の淀山城整備作業は
この雪の影響で中止にしますとの連絡が入った。
これで三か月連続の作業中止となった。
次回の作業は2/28に予定されているが
その日は別用があって参加できない。
なかなか思うようにはいかない、残念なことではある。

KC3Z1318.jpg

雪は降ったり止んだり状態が続いたが
亀岡市文化資料館で開催されている
「ふるさとのお城―平城・平山城・山城・城館―」. の見学
館長黒川さんの講演
「中世文書から見たふるさと亀岡のお城」を
拝聴するため、ちらつく雪の中を亀岡に出かけた。

続きを読む
posted by うさくま at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き

2015年01月25日

第五回 市民センターまつり

今日は篠山市民センターで行われた
「ささやま市民センターまつり」の裏方として休日出勤。
センターまつりも今年で五回目を数え
初参加から三年、役割はといえば駐車場係と記録係だ。

shimin_tirashi_CS3_20141106_OL.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月24日

恒例!車折神社で「一陽来復」のお札をゲット

今年も、「一陽来復」の御札をゲットするため、
京都の車折神社に遠出してきた。

IMG_2934.jpg

IMG_2940.jpg

「一陽来復」とは、易の語で、「陰暦の十月に陰の気が極まり、
十一月の冬至になると陽の気が復(また)めぐってくる」の意味だという。
たとえば 『一陽来復の春』 といえば
「冬が去り春が来ること。新年が来ること」をいうそうな。
なんとなく縁起のよい言葉ではないか。

続きを読む
posted by うさくま at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月19日

亀岡の山城行。笑路城に登る。

今日は25日に行われる「市民センターまつり」の振替休日、
性懲りもなく、またまた亀岡に残る山城跡の踏査に出かけた。
メーンの目的地は中澤氏が拠ったとされる笑路城跡だが、
笑路城の前に支城という犬甘野城跡にも立ち寄った。

笑路城跡は別名松尾城ともよばれ、先週登った法貴山城の南方にあり
丹波と摂津を結ぶ摂丹街道が城址の西方を通っている。
また、城の北方を源満仲が京に上るときに利用したことで
満仲越がなまって万寿越とよばれる旧道が通り、
さらに、犬甘野から杉原を経て能勢に抜ける道も眼下に抑える
格好の位置を占めている。

戦国時代末期、信長の命で丹波平定を進めた明智光秀に対して
笑路城主中澤重綱は屈さず、光秀は笑路城攻めの軍を法貴坂に進めた。
ときに中澤氏の一族で法貴山城主の酒井氏が仲を取りなし、
重綱は光秀に帰伏した。そして、光秀が軍を返した法貴坂の大岩が
「明智の戻り岩」と呼ばれるようになった(異説あり)と伝えられている。


続きを読む
posted by うさくま at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2015年01月18日

亀岡の山城行。数掛山城に登る。

先週に続いて、亀岡の山城を攻めるオフ会の下見に。
今日のターゲットは数掛山城、
昨日、降った雪が気がかりだったが
亀岡は篠山ほどではなく、城攻めを強行した。

数掛山城へは北東山麓に鎮座する広峰神社から
山道が通じているが、今回は、南西の谷筋に残る
虎渓谷千軒跡から水場を経て城址に至るコースにチャレンジした。


続きを読む
posted by うさくま at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2015年01月16日

「古代氏族系譜集成」 をゲット!

むかし、横浜の戸塚に住んでいたころ、
ホームページ「播磨屋」を立ち上げた。1996年の夏だった。
続いて「家紋World」「戦国武将の家紋」を立ち上げ、
振り返れば、かれこれ今年で二十年を数えるに至った。

本家ともいうべき「播磨屋」は我がふるさとをメーンにしていたのだが
平成の合併で郡から市となったことで違和感を覚え、
コンテンツの更新はズーッと途絶えたままだ。
一方、家紋、戦国系の方は、ひところほど熱心ではないが、
ライフワーク的に更新作業を続けている。

続きを読む
posted by うさくま at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月11日

亀岡の山城行。法貴山城に登る。

昨日に続いて亀岡の山城攻めに出陣、
今日のターゲットは丹波と摂津の境目に位置する法貴山城跡。

法貴山城跡への明確な山道はなく、登山ルートをどこにするか?
前回は、明智の戻り岩から急斜面を直登したのだが
あまりにも危険過ぎるものであった。

続きを読む
posted by うさくま at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2015年01月10日

亀岡の山城行。滝ケ峰城跡から法貴へ。

今日から三連休
滝ケ峰城址の登山ルートの踏査に出かけた
五年ぶりの再訪で、
前回に登った桂林寺からのルートをトレースした。

IMG_2083.jpg
東方から滝ケ峰城址を遠望(右側の山上)

続きを読む
posted by うさくま at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2015年01月08日

篠山城大書院「新春恐竜カルタ大会」

篠山のシンボルとなっている篠山城の大書院で
「新春恐竜カルタ大会」が今年も朗らかに行われた。
初回より裏方として参加させていただき今年で三回目となるが
毎度、楽しくお手伝いをさせていただいている。

続きを読む
posted by うさくま at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月03日

雪雪雪の三が日

一昨日に降りはじめた雪は、
丹波篠山を銀世界と化し
当然のことながら2015年の初積雪となった。

IMG_4649.jpg
黒頭峰と夏栗山、手前は丹波大山駅


昨夕には、なんとなく融けかけていた雪だったが
夜のうちに新たな雪が降り積もったようで
今朝、外を見ると昨日以上の積雪である。
測ってみると、16p!

IMG_4657.jpg
雪で景色が一変
IMG_4716.jpg
八上城址を遠望


この積雪で、目論んでいた山城の下見は断念、
残る冬休みは引き籠りに決定となった。
とはいえ、せっかく(?)の雪なので
ゴム長を履いて近所をあっちへウロウロこっちへゴソゴソ、
思いっきり積雪をエンジョイしたことだった。
posted by うさくま at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月01日

2015年迎春。

2015年。
「正月や 冥土の旅の 一里塚」
またまた一つ、齢を重ねることができた。

大晦日から飲み続けたほろ酔い気分のまま
城下町に鎮座する黒岡春日神社に初詣。
春日神社では猿楽発祥の地ともいわれる丹波篠山にふさわしい
初春を寿ぐ元朝能「翁」が幽玄な空気をみなぎらせ催される。


続きを読む
posted by うさくま at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記