2014年09月28日

三木城攻め付け城群を歩く

天気もよし、城攻めに出陣
ターゲットは羽柴秀吉が三木城攻めに築いた付け城群。

出かける前に、付城群の縄張り図を用意し
国地院の二万五千分一の地図で城址の所在地を確認
プラス、ネットに上がっている情報に目を通して出陣。

まずは、三木城攻めの本陣となった平井山本陣跡を目指した。

IMG_3050.JPG
法界寺法界寺山ノ上付城跡から三木城跡を遠望

続きを読む
posted by うさくま at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2014年09月23日

連休4日目、姫路へ遠征する

今日も天気、この四連休はアッと嬉しい晴れ続き。
週間天気予報も大外れだ。

先日、見積を取ってみた自分サイズの甲冑「鉄錆地塗二枚胴具足」
決して安い買い物ではないだけに、材質や仕上がりなど
できれば見本を見てみたい。と、思って調べてみると
姫路に支店があるではないか。

samurai_card.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2014年09月22日

福泉寺跡界隈探訪、その先の小金ケ嶽に登る

連休三日目(有休を利用)、今日も丹波は好天気。
予定していた通り、相方と小金ケ嶽登山に出撃。
一昨日に引き続いて火打岩の登り口からスタート
まず、福泉寺跡をめざす。

IMG_2478.jpg

一昨日、福泉寺跡と福泉城を尾根筋ルートで
探索したわけだが、なんとなくルートに不安なものがあり
今日は福泉寺跡の僧坊を経由する山腹ルートで
硅石の露天掘跡、福泉寺城跡までを歩いてみた。

続きを読む
posted by うさくま at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2014年09月21日

城整備、そば、寺&家紋、出石を堪能する

天気予報では「大雨」だったが、昨日に引き続いて好天気。
予定通りに山名氏城跡保存会恒例になっている
秋の有子山城跡の整備作業に遠征。

集合場所となる出石明治館近くの駐車場に集まった参加者は20人以上、
さらにサンテレビ、神戸新聞などなどの
マスコミのみなさんも取材に同行という賑やかさ。

IMG_8337.jpg

はじめて参加させていただいたた四年前のころを振り返れば、
山名氏城跡保存会の活動がメジャーになったことを実感する。
会の地道な活動に加えて山城ブームが追い風となった結果であろう。

続きを読む
posted by うさくま at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2014年09月20日

城跡、講座、狂言会、四連休の初日は盛りだくさん

四連休(月曜日に年休をとった)の初日。
週間天気予報では週末の天気はよくないとのことだったが
見事に外れて薄日がさすまずまずの天気となった。

雨が降らないとなれば、出かけたくなってしまう。
ということで、福泉寺跡と福泉寺城跡に登ることにした。
登り口となる火打岩に車を停め、
毘沙門堂、広峰神社、墓地の家紋など山麓を探索したのち
小金ケ嶽の中腹に残る福泉寺跡を目指した。

続きを読む
posted by うさくま at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月15日

ディスカバーガイド出動、歴史ツアー下見

今日も丹波は快晴。
ひさしぶりにディスカバーささやまガイドに出役。
鯖江から来篠される薬師親交会のみなさんのガイドだ。

約束時間は十一時、篠山城跡駐車場のゲート付近で待合せ
ところが、時間を三十分過ぎてもバスは現れない。
タイムリミットを過ぎたところで観光協会に確認してもらったところ
篠山城に向かっているところでガイドを希望されているとのことだった。

続きを読む
posted by うさくま at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2014年09月14日

あの松本さんの廃線ツアーに参加

三連休二日目、丹波は快晴。
今日は職場の同僚でもある松本さんプロデュースの
「あの松本さんとめぐる旧国鉄篠山線廃線サイクリングツアー」に参加。

現在、篠山城下町への最寄の駅はJR福知山線篠山口駅である。
かつて、篠山口駅から篠山城下町を通って篠山東部の宿場町福住までを
結んだ鉄路があった。昭和19年、篠山東部に産出する硅石など
鉱石群の運搬を目的に敷設された、いわゆる国策路線であった。

国策路線だけに住民の利便性への配慮に欠けるところがあり、
戦後、鉱山の経営が苦しくなるにつれ、赤字路線と化してしまった。
結局、昭和47年(1972)旧国鉄篠山線は38年の歴史を閉じた。

現在、篠山線の高架や駅、線路などの遺跡はほとんど残っていないが
それでも道路と化したかつての路線ルートや残された古写真などが、
篠山線が紛れもなく存在していたことを語りかけてくれる。
鉄道マニアではないが、篠山線の廃線跡は気にかかる存在であった。
そんなこんなで今日の廃線ツアーに交ぜてもらったのだった。

sasayama_root.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2014年09月13日

三連休初日、篠山あっちこっち

三連休の初日、丹波は快晴。

「町屋が美術館に変わる」 をコンセプトに
二年に一度、古い街並みを残した河原町妻入商家群を
舞台に催される「丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2014」
のオープンセレモニーに交ぜていただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月07日

小坂、西谷、西谷館、矢代城跡をめぐる

朝、外を見ると久しぶりのいい天気。
「そうだ、篠山の山城に登ろう」と朝一番に家を出た。
今日のターゲットは、山城仲間のMさんから攻城リクエストが出ている
篠山西部に点在する畝状竪堀を有した山城群である。


一番目の山城は、旧西紀町域南西部にある小坂城跡

kosaka_01.jpg

小坂城跡は西方に明智の陣城夏栗砦跡の残る夏栗山、
南側を氷上郡(丹波市)と多紀郡(篠山市)の境界をなす佐仲峠に通じる街道
そして、南方には南北朝時代に丹波守護に任じた山名氏が本拠にしたという板井城跡、波多野氏に属した山名氏(丹波守護山名氏の後裔というが?)の内場山城跡などがある。
小坂城は板井城、あるいは内場山城を主体とする西紀山名氏領の
北方を固める支城として築かれ、機能したのだろう。

続きを読む
posted by うさくま at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2014年09月06日

篠山の西部で古代を感じる

旧多紀郡丹南町、現在の篠山市西部に御釈迦(ミシャカ)山がある。
そして、その東方にかつて諏訪神社があった。
諏訪神社といえば信濃の一宮である諏訪大社が知られる。
信濃諏訪大社の神事のひとつ「御射山御狩神事」は
信濃の中世武士と深い関わりがあった。

ひところ、小笠原氏ら信濃の中世武士の歴史を調べたとき
御射山祭の頭役を奉仕した武士たちが記録された文書
「諏訪御符礼之古書」は欠かせない史料であった。

それもあって、篠山市内の御釈迦(ミシャカ)山と諏訪神社、
信濃の諏訪大社と御射山(御射山祭)との関係が気にかかっていた。
やっと、今日、諏訪神社跡を訪ねることができた。
諏訪神社跡は西古佐集落の北端に位置する小山の南麓にあった。

KOSA_01.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き

2014年09月04日

ささやま市民文化講座、無事終了

ささやま市民文化講座の講師を務める
お題は、「篠山の中世を語る、家紋・国衆・山城」。
会場は篠山市民センターの多目的ホール
篠山市市民学芸アドバイザー I 氏よりお話しをいただいたのが三月
それから半年、いよいよ当日を迎えたのだった。

続きを読む
posted by うさくま at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記