2014年08月31日

八上ふるさと塾に参加して古代を探索

先日、日ごろからお世話になっている八上の池田氏から
「八上ふるさと塾」の『歴史見学バスツアー』に参加しませんか、
とのお誘いを受け、有難く参加させていただいた。

朝八時に八上小学校前に集合、参加者は二十人
ツアーのスケジュールは
・神戸市立埋蔵文化財センター(神戸埋文)
・五色塚古墳
・県立考古博物館(考博)・播磨町歴史資料館(資料館) の訪問、見学だ。

明け方には曇っていた天気は、出発とともに徐々に晴れていき
神戸埋文に着いた時には汗ばむ快晴となっていた。

続きを読む
posted by うさくま at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2014年08月30日

西脇で家紋探索、青垣で丹波学聴講

毎年、丹波の森公苑で行われている
講座「丹波学」平成26年度がスタート。
今年のテーマは昨年に引き続き「戦国の世と丹波」のU、
サブタイトルが 〜光秀と丹波〜 だ。
初回の今日のお題は「南北朝内乱期の丹波 〜荻野氏を中心に〜」である。

KC3Z1132.jpg

講座は13時半からでもあり、相方の希望で
西脇市郷土資料館で開催されている「播州織見本展」へ。

続きを読む
posted by うさくま at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2014年08月24日

あの竹田城、あまりにディープな見学会

昨日に引き続き戦国山城攻めに出陣。
今日は山名氏城跡保存会の「竹田城&観音寺山城見学会」である。
本来なら昨年の八月に実施される企画だったが、
大雨で流れ、一年間のブランクをもって仕切り直しとなったのだった。

一気に火が付いた竹田城ブームは衰えることを知らず、
いまでは見学ルートが設定され、自由な城歩きは御法度状態となっている。
保存会からの情報によれば会長の顔利きで、
本来なら入れない所も見学できるとのことだった。

気になる今日の天気は、予報によれば
「晴れのち曇り、夕方から雨」という何とも微妙なもの
ともあれ、集合場所を目指して丹波から但馬へと車を飛ばした。

IMG_6920.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会

2014年08月23日

戦国倶楽部オフ会、南河内の陣に参戦

六月以来、二か月ぶりの戦国倶楽部オフ会に遠征。
今回のメーンターゲットは千早城跡、サプライズとして烏帽子形城跡。
集合は河内長野駅に九時。
今日の天気予報は曇り時々雨、いささか心配なもの。

KC3Z1111.jpg

篠山口駅06:46発の電車で集合地の河内長野駅へ。
大阪駅を経て新今宮駅、新今宮駅で南海電車に乗り換えて
河内長野駅に08:53に到着。約二時間、丹波から河内は遠い。

続きを読む
posted by うさくま at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2014年08月20日

夏休み五日目を過ごす

夏休みも、ついに最終日。

庭を見れば草が生い茂っている。
しばらく放っていた結果だが
その生命力というか、根性はたいしたものだ。

0720-1.jpg
放っておいたら、草ぼうぼう
0720-2.jpg
これでスッキリ

草むしりをして、スッキリしたあとは
先日壊れた椅子の代わりを購入するため
三田へ出かけることにした。

続きを読む
posted by うさくま at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月07日

丹波吉見氏の家紋探索行

夏休み、三日目。
昨日は図書館で資料集めをしてレジュメ作成に没頭、
なんとかベースらしきものができた。

それで安心したわけではないが、
今日も市島方面に家紋探索に出かけてきた。
ターゲットは丹波市島の鹿集城主であった吉見氏の家紋探し、
『丹波志』には「一文字に酢漿草」とあるが、果たして!

IMG_6571.jpg
中学校の片隅に建てられた鹿集城址の石碑

続きを読む
posted by うさくま at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2014年08月05日

栗柄峠を越えて、春日へ家紋探索行

ささやま市民文化講座まで、ついに一ヶ月を切ってしまった。
資料を探しレジュメとパワポを作成せねば!
と気合いを込めて向う三日間の夏休みをとった。

相方を栗柄に送り届け、そのまま丹波市立中央図書館を目指した。
栗柄の山道を抜けて春日に入ると正面に三尾山が飛び込んでくる。

IMG_6006.jpg
栗柄峠を越えて春日に入ると三尾山城が正面に現れる

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2014年08月03日

田路氏発祥の地、朝来田路谷を歩く

天気予報では「曇り」というが、ときおりパラっとくる不穏な天気。
予定通り、宍粟城研会長藤原さんと朝来田路谷の探索行に出陣。

丹波篠山から但馬朝来までは、何通りかのルートがあり
ナビは舞鶴道→中国道→播但道を推奨している。豊岡道を
知らないナビとしては最良の選択なのだろうが遠回りな上にお金もかかる。
青垣から銀山湖を横目に生野へ抜け、そこから北上という一般道ルートもあるが
道が狭い山道は避けたい。ということで豊岡道を選択、
会長との待合せ場所である田路谷口までは一時間半のドライブだった。
豊岡道は本当に安くて重宝な自動車道である。

IMG_5894.jpg
奥田路に残る田路城址を遠望

続きを読む
posted by うさくま at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 但馬の山城

2014年08月02日

園部船岡に蜷川氏の歴史を訪ねる

天気はイマイチだが、蜷川氏の調査を目的に園部町船岡へ。
目的地は蜷川氏の菩提寺である蟠根寺、その後方にある蟠根寺城だ。

IMG_2267.jpg

蟠根寺は三度目になるが、はじめてきたときは
何となく荒れた雰囲気で、寺後方の山麓にある墓地も古寂びていた
二度目は、山門付近の雑草や潅木が伐採されスッキリ
さらに古い墓所も整理されて新しい墓地が造成されていた。
そして、三度目の今日、全体にスッキリと掃除がゆき届いていい感じである。

続きを読む
posted by うさくま at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索