2014年07月25日

若狭行。二つ目の目的地、熊川宿

国吉城を堪能したあとは、熊川宿へ移動。
ちょうど一年前、職場の仲間と来て以来の再訪だ。
夏の陽射しに照らされる平日の熊川宿は深閑としている
なんだか昔にタイムスリップしたかのような不思議な感覚ー

IMG_2094.jpg

昨年は町歩きして昼食を摂り、近江高島の生水の郷へと移動して行ったが
今日は、熊川宿の氏神白石神社後方の山上にある熊川城跡への登山だ。
観光案内所で情報を収集し、縄張り図も入手、
飲み物をゲットして登り口になる白石神社から山上を目指す。

続きを読む
posted by うさくま at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

若狭行。新道を走り、国吉城跡に登る。

今日から有給をとって四連休、天気は快晴。

本来やるべきことがあってとった休みではあるが

今月の20日に北陸道とつながった舞鶴若狭自動車道を走ってきた。


本来ならば敦賀ジャンクションまで走りたいところだが、

以前から心にひっかかっていた若狭国吉城跡と熊川城跡を訪ねたい!というか、

それがメーン目的というべきもので

国吉城の最寄インターである若狭美浜ICまで突っ走った。


IMG_1834.jpg

小浜西インターから先が新しく開通した道路で、

トンネルが多いものの、やはり新しい道は気持ちがよい。

我が家の古いナビでは国吉城跡までの所要時間が三時間半とあったが

流石の高速道路効果、二時間余りで目的地に到着した。


燃料と通行料を考えると気楽には出かけられないが

丹波と若狭、さらに越前、まことに便利になったものだ。


続きを読む
posted by うさくま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索

2014年07月21日

東山城整備、そして西園寺公の越えた峠を歩く

ここ二日間、スッキリしない天気だったが
今日の丹波は快晴!
2014年度の波々伯部氏の山城整備作業がスタートした。

昨年度で、淀山城、東山城、南山城の
整備作業は一通り終わったわけだが
当然ながら、時がたつと木々が育ってくる
ということで、三城の再整備作業が行われることになった。

KC3Z1056.JPG


続きを読む
posted by うさくま at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2014年07月20日

西遷御家人久下氏、家紋探索行

昨日ゲットした資料に触発されたわけではないが
今日は、家紋探索に出かけてきた。
 
目的地は丹波市(氷上)山南町の谷川周辺、ターゲットは
中世栗作荘(郷)とよばれた谷川一帯を領した久下氏の家紋探しである。
 
久下氏は武蔵国から丹波に西遷した関東御家人で
中世を通じて丹波史に大きな足跡を刻んだ。
いまも山南町から篠山市にかけて、久下名字が少なからず分布している。

IMG_5549.jpg
丹波久下氏が本領とした栗作荘金屋より玉巻城跡を見る

続きを読む
posted by うさくま at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2014年07月19日

資料探し、朝光寺を訪問

今日から三連休。
天気予報を見れば梅雨明け前の荒れた天気とかで
なんと、昼からは夕立になりそうとのこと。

ということで、先日、なにげなく発見した資料
「丹波の土豪(古文書集)」と「播磨北部の生業と武士」、
県下の図書館を蔵書検索したところ
二冊とも蔵書しているのは県立図書館と加西図書館だと分かった。
なんとも便利な社会というか、ありがたいことだ。

kensak_PC.jpg


続きを読む
posted by うさくま at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月13日

和田寺で家紋探索、歴史話を楽しむ

篠山の南西部に位置する今田町、
日本六古窯の一つで知られる丹波立杭焼で知られたところだ。
その今田町で最古の歴史を誇る古刹が和田寺。

和田寺の起源を訪ねれば奈良時代の大化二年(646)、
法道仙人が一宇を建立したことに始まるとうから古い。
その後、盛衰があり源平時代には兵火に遭って一山焼失した。

IMG_1758.jpg

IMG_1760.jpg

東光寺として再建され、和田寺山上に伽藍を連ねたが
ついには山上から山麓に遷され、現代に法灯をつないだという。
往時の繁栄は本堂に続く参道、古図などから偲ぶばかりだが
1400年に及ばんとする歴史はそこかしこに匂い立っている。

続きを読む
posted by うさくま at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史探索

2014年07月12日

丹後行。一色氏の吉原山城に登る

台風の被害もなく、今日は快晴。
相方の宮津行きにくっついて丹後の山城へ。

IMG_4988.jpg
与謝天橋立ICを目指して走る、将来は豊岡から鳥取まで通じるらしい

丹後は室町幕府の四職家の一に数えられた一色氏が守護に任じたが、
一色氏は将軍の謀略にあって勢力を後退。
戦国末期、織田信長から支配をまかされた細川幽斎は、
一色氏に娘を嫁がせるなど協調路線をとったが、本能寺の変後、
謀略を弄して一色氏を斃し一国支配を果たした。

続きを読む
posted by うさくま at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹後の山城

2014年07月09日

家紋講座、二日目。後川へ−。

昨日より台風のニュースが話題になっているが、
篠山は曇り空、明日の晩くらいに関西は台風の暴風圏に入るらしい。
そんな天気の中篠山の南部に位置する後川集落へ。

KC3Z1037.jpg

一昨日に続く高齢者大学の家紋講座、今日は後川の羽束学園が会場。
待ち時間に担当者の方より一昨日のアンケートをいただき、
目を通すと好意的なものが多かった。
なんとなく嬉しい気分で、今日の講座に望んだのだった。

続きを読む
posted by うさくま at 14:49| Comment(0) | 日記

2014年07月07日

家紋講座と高代寺探索

今日はささやま高齢者大学 一般教養講座の講師を務める、
お題は「家紋に探る、我が家のルーツ」。

KC3Z1017.jpg

会場となる城東の「かやのみ学園」には
50人ほどの高齢者のみなさんが参集された。

KC3Z1032.jpg
講座が始まる前に担当者のHさんがミニコンサート

続きを読む
posted by うさくま at 14:45| Comment(0) | 日記

2014年07月06日

明智方陣城と波多野方国衆の山城が対した尾根を登る

雨が降り出しそうな、薄曇りの朝。
波多野氏を攻めた明智の陣城跡大上西山城跡と、
波多野方の国衆畑氏の支城である武路城跡とが対峙した尾根筋ー。

IMG_4738.jpg

距離にすれば300メートルばかりの緩斜面だが、
前からその両城を隔てる距離感が気になっていたのだった。
なんとなく「行こう!」と思い立ち、尾根筋を探索登山した!

続きを読む
posted by うさくま at 14:23| Comment(0) | 篠山の山城