2012年12月23日

八上戦国講座、四日目

八上戦国講座も四日目。
今日は「波多野氏の存亡」の後編、丹波の乱世を巧みに泳いで
多紀郡を中心に氷上・船井郡まで勢力を拡大した波多野秀治の話を聴講。

とくに、丹波戦国史における最重要事件といえる明智光秀の丹波攻め
それに抵抗した波多野秀治、荻野(赤井)直正との攻防の歴史は
小説にも取り上げられ、丹波に住む者以外にも広く知られている。

続きを読む
posted by うさくま at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2012年12月15日

戦国倶楽部オフ会「戦国を語ろう in 大阪」に参戦

今日は東山城整備の六日目となるところだったが
朝、外を見ると生憎の雨! ここのところ、週末になると天気が崩れるのは何故?
やれそうな気がしないでもなかったが、自治会長のTさんに確認したところ
「う〜ん、中止にしましょうか・・・」ということになって、
ぽっかりと時間が空いてしまった。

続きを読む
posted by うさくま at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2012年12月10日

初雪

十二月になってから寒い日が続いている。
今年の冬を天気予報では「寒冬」と言っていたが
冬が寒いのは当たり前のことではないかい!
と、ツッコミをいれたが、相当に寒い冬になるそうだ。

初雪_01 アッという間に外は雪化粧

今朝、起きて外を見るとチラホラと雪が舞っている。
今年の初雪だな〜と見ていると、
みるみる真っ白に雪化粧となった。
ふむ、丹波篠山はさすがに寒いところだ。

今年の初雪、早いのか、遅いのか・・・?
いよいよ、本格的な冬が来たことだけは間違いない!
posted by うさくま at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月09日

播磨鶴居界隈に遠征

今日は、宍粟城研2012納めの城攻めとなる播磨谷城見学会であったが
先日、会長より中止の連絡をいただいた。
とはいうものの、出陣モードになっていたことでもあり、相方と二人で播磨に遠征した。
ターゲットは谷城をスルーして、その北方にある鶴居城に決定、
鶴居城は谷城とともに赤松一族永良氏が築いた城である。

鶴居-08
東方の飯盛山城から、鶴居城を見る

鶴居城、谷城ともに既に攻城済のところだが、
鶴居城は主郭部の石垣を見落としていたこともあって、再訪を期していたのだ。

続きを読む
posted by うさくま at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2012年12月08日

ディスカバーささやまガイド養成講座 最終日

九月に始まったガイド養成講座の最終日に参加。
本来なら、「ささやまさんぽ」の山城登山企画「金山城と大山荘」の実施日であったが
参加者ゼロで無念の中止、養成講座への参加となった。

続きを読む
posted by うさくま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2012年12月04日

ディスカバーささやまグループ 三十周年式典

今日は、一日のトレッキングツアーの代休。
とはいうものの、
ディスカバーささやまグループ(DSG) 三十周年式典に出動。

DSG_ 30年-1
続きを読む
posted by うさくま at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月02日

思いがけず、剛山城を再訪

ディスカバー篠山グループの先輩にあたる Mo さんより
篠山市環境みらい会議里山部会で、「剛山里山整備実験的作業」をするから
参加しませんか、との誘いを受けてオーケーと返事をしていた。
昨日の里山・山城トレッキングツアーの参加者のお一人Ma さんからもお誘いを受け
これは、「参加しないわけにはいかないな〜」 と意を決したことだった。

剛山地図

さて、当日の今朝、集合場所へと出かけていったが
忘れ物に気が付いて取りに帰ったのが致命傷となって
集合時間に三分の遅刻を喫してしまったのだった。

続きを読む
posted by うさくま at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2012年12月01日

雨中の里山・山城トレッキングツアー

篠山市の東部に位置する辻集落から一山越えた後川原集落までを歩く
「里山・山城トレッキングツアー」にスタッフとして参加、無事に行事を終えることができた。

今日のトレッキングツアーに先立って、まだ陽射の暑い10月3日、
辻の東山城から郵便屋さんの道を経てゴールとなる
後川原の天空農園までを往来してコースの状態を下見する。
郵便屋さんの道は、おりおりに地元有志の方々によって手入れされたところもあるが
人の往来がほとんど絶えたことと、伐採用林道の建設が行われたことで
想像以上の荒廃ぶりで、最低限のコース整備の必要性を痛感したのだった。

里山-下見 里山-整備

かくして、11月7日と26日、ガイドもこなしていただく  
T さんらと山道整備に出動、なんとか人が通れる状態にこぎつけることができた。

かくして迎えたトレック当日の今日、外は無情の雨…

続きを読む
posted by うさくま at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山歩き