2012年11月18日

山名城研の見学会に参加、浜坂に遠征

山名氏城跡保存会、今年最後の城跡見学会に参加するため但馬に出陣。

今日の訪城は、但馬の西部、兵庫県北西部の町―浜坂にある
相応峰寺城と芦屋城の二つ。相応峰寺城は山岳寺院を城郭化した山城、
芦屋城は有力国人塩冶氏が拠った山城として知られたところだ。

あらかじめナビで距離と所要時間を調べたところ
丹波からは110km、約三時間半という長丁場!う〜む、浜坂は遠い。
しかも、外は八上城登山を中止に追い込んだ昨日来の小雨がシトシト降っている。
ひょっとしたら中止かも知れないな〜などと思いながら、
午前六時過ぎ、未だ夜明け前の薄闇のなかを出発した。

 
相応峰_01

続きを読む
posted by うさくま at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 山名氏城跡保存会