2012年10月28日

八上城ふるさとガイド養成講座、初日。

続きを読む
posted by うさくま at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2012年10月27日

摂津に遠征、渡邊家屋敷、崇禅寺を歩く

先月末、とあるホームページで、摂津三国にある府文化財の渡邊家屋敷が
解体の危機にさらされていることを知った。
早速、保存運動に署名をしたり、知り合いの皆さんに情報発信をしたりした。
しかし、保存運動も抑止力とはならず、テキパキと解体工事が始まった。

摂津_20121027-01
古地図に描かれた渡邊家屋敷

そのうちに訪問しようと悠長なことを考えていたことが悔やまれるが、
ともあれ、解体工事が始まった渡邊家住宅の現状を見ておかねば!

と大阪へ遠征した。最寄り駅は阪急東三国駅、着いて驚いた!

続きを読む
posted by うさくま at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2012年10月21日

但馬生野城、再訪

ちょうど一か月前の秋分の日、田舎へ墓参で帰省する予定をたて、
その翌日に宍粟城研のタケネットさんとの登城を計画していたものが、
つまらぬモライ事故で帰省も登城も無念の中止となり、改めて仕切りなおしたのであった。

生野城2012_01
山麓のローソンから城址を遠望

今回は、墓参は割愛して山城に専念、田舎に一泊した翌朝の九時
宍粟市役所でタケネットさんと落ち合うと、一路、播但道生野インターチェンジへ。
生野の天気は快晴、ローソンで昼ごはんをゲット。
ローソンを出ると目の前に城山がバッチリと見える、いい城攻めの予感だ。

続きを読む
posted by うさくま at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬の山城

2012年10月20日

戦国倶楽部のオフ会で、播磨恒屋城を三訪

朝起きると天気は快晴!一路、播磨へと車を走らせる。
本日の戦国倶楽部オフ会の待ち合わせ場所となった
播但線香呂駅に集合した参加者はわたしと相方、
そして遠く大阪から遠征されてきた佐吉さんの三人という少人数であった、

昨年、たつの歴文主催の山城見学会に参加したとき、
講師&ガイドの木内氏から恒屋城址が整備されたと聞いたこともあって
おおいに楽しみにして城攻めを企画、三度目の訪城となったのだった。

恒屋_201210
恒屋城の主郭から姫路方面を眺望

続きを読む
posted by うさくま at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国倶楽部

2012年10月19日

重文の能舞台で「響き」を体験する

わが国に数ある能舞台のうち、国宝指定のものが一つ、重要文化財指定のものが五つあるそうだ。
そのうちの一つが篠山市内黒岡にある春日神社の能舞台で
そのの発する” 響き” は数ある能舞台のうちでも随一のものともいわれている。


春日WS_01

その貴重な能舞台で、市内在住の大蔵流狂言方山口耕道氏を講師に迎えて、
春日神社能舞台の歴史、能楽文化を学び、
実際に能舞台に立って能の所作、狂言を体感するワークショップの裏方を務めさせていただいた。
続きを読む
posted by うさくま at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月14日

毎年恒例、西紀の黒枝豆を送る

ここ数年、身内や知人への篠山旬の味「黒枝豆」送りが、
我が家のささやかな秋の行事となっている。
今年も例年通り、西紀の道傍で頑張ってはるバアチャンとこで購入、
送ってもらった。なんでもないことだけれど決まったことを終えると
肩の荷を一つおろしたようなホッとした心持になるからおもしろい。

西紀_黒豆2012

続きを読む
posted by うさくま at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月13日

禁裏御倉職立入家 を探索

京都市歴史資料館 特別展 「禁裏御倉職立入家の人びと」を見に京都へ。
菩提寺の清浄華院、城址の立入城へも足を伸ばす。


昨日、届いたばかりの車を駆って京都をめざす。
通いなれた京都縦貫道の沓掛インターチェンジが驚くべき変貌を遂げており
間もなく大山崎インターチェンジとも繋がるらしい。
丹波から山城、近江への往来は一気に便利になるが、
沓掛インター一帯の変貌を見ると、その是非や如何にと思わざるをえない。


さて、立入家菩提寺「清浄華院」近くにある駐車場に車を停め
禁裏御倉職を勤めた立入家の墓所と家紋を探しに「清浄華院」の墓地をそぞろ歩いた。

続きを読む
posted by うさくま at 07:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史探索

2012年10月10日

家紋メルマガ80号を発信

毎月、10日と25日の二回と決めて
地味にコツコツと発信し続けてきた
家紋World メルマガが80号を突破した。



mm_80.jpg


最近、ネタに詰まり気味で苦戦を強いられているが
とりあえずの目標である100号も見えてきた。
このままゆけば、来年の十月には100号だ!

来年はちょうど還暦。
人生節目の年でもあり、頑張って発信していこう。
posted by うさくま at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月06日

丹波篠山味まつりがスタート。

今日から丹波篠山味まつりがスタート。
それに伴って三日間、駅と会場をつなぐシャトルバスが運行され、
その運行サポートとチケット販売のバイトをすることになった。


続きを読む
posted by うさくま at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月05日

古澤 巌コンサート

篠山の東方にある日置集落に鎮座する
磯宮八幡神社でバイオリニスト 古澤 巌 さんの
八幡神社奉納コンサートが催された。

古澤巌_01

続きを読む
posted by うさくま at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月03日

里山山城トレッキングの下見行

いま、計画を進めている「里山・山城トレッキング」の下見に出かけてきた。
メンバーは、ガイドさんをお願いする Tさんと相方の三人。
Tさんは車のない我々をわざわざ迎えに来ていただき、恐縮しきりであった。

「里山・山城トレッキング」は、文化庁助成金に係る体験型ワークショップで
この夏から整備作業が進められている東山城址に登り、
かつて自動車道がないころ郵便屋さんが篠山の東方にある辻集落から
山向うにある後川原集落まで〒配達に通った山道を歩こう、というプランである。

里山下見_03

続きを読む
posted by うさくま at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2012年10月02日

−丹波の祇園さん−波々伯部神社の祭礼と社宝 展

今日から篠山市立歴史美術館において
特別展「−丹波の祇園さん−波々伯部神社の祭礼と社宝」が開かれる。
そのオープンセレモニーが歴史美術館正門前で行われ、
式典の裏方&記録係としてセレモニーに参加させていただいた。

特別展2012_01

波々伯部神社は、平安時代の天徳二年(958)* に
八坂神社よりご分霊をうけたのが始まりという古社である。

続きを読む
posted by うさくま at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記