2012年03月26日

いよいよ八日目

いよいよ八日目。
併行して行われていた「兜教室」は今日が最終日となるが、
甲冑組はこれからが佳境へと入っていくことになる。
今日の作業は、
胴前部分の飾り布張りと細部の仕上げ糸張り、ついで、縅糸の寸法ごとの切り分けだ。
言ってしまえば簡単なことだが、これが一筋縄ではいかないのである。

続きを読む
posted by うさくま at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り兜教室

2012年03月24日

追憶の昭和めぐり

かつてそこにあった、いまは自然に帰りつつある風景
そこに封印された懐かしい思い出を訪ね歩く
と銘打った 『篠山歴史「追憶の昭和」めぐり』 のホスト側として
篠山市内に残る昭和の名残を経巡った。

今朝の天気は、といえば大雨!
参加者は19人、欠席者もなく雨天のなかバスをスタート。
最初の訪問地となる「鐘が坂隧道」へ。
続きを読む
posted by うさくま at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月19日

福島さんの戦国講座、最終日

今日は、先週の木曜日に引き続いて大阪へ出陣。
福島さんの戦国講座講座第二ステージの最終回、
お題は「豊臣秀吉の朝鮮出兵と倭城」の聴講がメーンの目的である。

秀吉の朝鮮出兵は文禄と慶長の二度に渡って行なわれ、文禄の役では朝鮮全土を席捲するものであった。その後、和平への動きがあったが破れ慶長の役となったが、明の介入もあって日本勢は振わず半島南部の海岸線に押し戻された。

続きを読む
posted by うさくま at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 聴講録

2012年03月18日

子ども狂言、磯宮八幡宮で発表会

昨年の夏にスタートして以来、練習を続けてきた
篠山市内の子供たちによる
 『篠山子ども狂言 早春発表会』 が無事、盛況裡に終わった。

会場となったのは足利尊氏ゆかりの磯宮八幡宮、
日本に一本しかない裸榧(国指定) でも知られるところ。


子ども狂言_舞堂
磯宮八幡宮の舞堂を能舞台に設えて発表会

続きを読む
posted by うさくま at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月17日

丹波篠山ひなまつり めぐり

今日から25日の日曜日まで、丹波篠山では雛まつりが催される。
会場は城下町を中心とする市内十七カ所、
それぞれの地域や家々に伝来した雛人形が思い思いに公開される。

POSTAR_hina.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月12日

甲冑教室、七日目

甲冑教室も七日目。
前回、出張で参加できなかった黒塗り工程の続きをT先生にやっていただき、甲冑はいい感じの黒に光っている。今日の作業は胴部分の飾りであり、全体を引き締める効果となる金筋塗りからスタートだ。

DSC_0362.jpg
慣れた手つきのT先生の金塗

続きを読む
posted by うさくま at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り兜教室

2012年03月11日

十年ぶり、置塩城に再訪

播磨守護職赤松氏の居城であった置塩城に
実に十年ぶりに再訪した。
播磨赤松氏の場合、嘉吉の乱で滅亡した前期赤松氏と
応仁の乱をきっかけに再興がなった後期赤松氏とに分類される。
置塩城は後期赤松氏が本拠とした戦国山城だ。

置塩_遠望
東方より城址を遠望(2009/08)

続きを読む
posted by うさくま at 08:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 宍粟城郭研究会

2012年03月10日

はっけんゼミナール歴史美術館編

はっけんゼミナールの三回目、今日は歴史美術館編「篠山の宝物―不思議と謎がいっぱい」だ。篠山は寒いが天気はまずまず、参加予定者は二人だったが実際に来てくれたのは一人!しかも、初回に来てくれたFくんであった。

DSC_0465.jpg
最少人数でゼミナール続きを読む
posted by うさくま at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月05日

美作勝山にひな祭り見学に

職場の観光先進地視察研修に参加して、岡山県の北部にある真庭市勝山の「ひなまつり」を市場調査してきた。
勝山は出雲街道の宿場町で、戦国時代には高田城主三浦氏が治め、江戸時代には勝山藩三浦氏二万三千石の城下町として栄えたところ。また、勝山の町を流れる旭川は高瀬舟の船着き場として勝山の経済を支えた。加えて、第二次大戦末期、文豪谷崎潤一郎が疎開したまちとしても知られる。

勝山_01 中橋から見た高田城跡と欄干のお雛さん

続きを読む
posted by うさくま at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2012年03月01日

丹波焼きの調査

丹波焼きの調査で立杭へ。先週スタートの予定だったが雨で延期、今日はいい天気となったが気温が上がり汗みずくでの山歩きとなった。

tan_DSC_0326.jpg
丹波焼の里−立杭の町

続きを読む
posted by うさくま at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記