2012年01月30日

冑づくり教室、二日目。

今回、作っている冑は当世具足の初期のものを写したとおぼしきオーソドックスな冑だ。前回、胴部分と大袖の冠板部を作成したが、今日は大袖と草摺の板を制作だ。大袖は冠板に四枚板繋ぎ、草摺は七枚でこちらも四枚板繋ぎ、締めて36枚の板部づくりとなる。

続きを読む
posted by うさくま at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り兜教室

2012年01月23日

冑づくり教室スタート

昨年の兜手づくり教室に続いて、今度は冑づくり教室が始まった。メンバーは前回と同様におっさん、おばさんグループだ。作業工程は兜と同じだが、冑の方はスッキリ進んでも十五回という長丁場、完成は五月の連休頃になる予定だ。

続きを読む
posted by うさくま at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り兜教室

2012年01月22日

美作大原に新免氏の居城群を訪ねる

宍粟城研オフ会に参加して、赤松氏ゆかりの新免氏が勢力を保った美作国大原に残る竹山城→大原宿→山王山城を巡った。

竹山城は播磨姫路から揖保•佐用から美作を経て因幡に通じる因幡街道の宿であった美作国大原にあり、一帯を支配した国人新免氏の居城として知られる。新免氏の出自は諸説あるが、赤松氏の一族とみなされる。新免氏を有名にしているのは、宮本武蔵の父無二斎が仕えていたという伝説であろう。
そして、大原は武蔵生誕の地ともいわれ、かつて武蔵を主人公とした大河ドラマでは大原を武蔵の故郷として描いていた。武蔵の故郷であるか否かはともかくとして、宮本武蔵駅があり、大原の地は武蔵で村おこしをせんとした痛ましい傷跡が無残に残っている…ように感じたのはわたしだけではないだろう。
大原には、かつて大河ドラマで「宮本武蔵」が放映されたときに訪ねて以来、何度か往来したが素通りがほとんどで、竹山城に登ったのも今回のオフ会が初めてである。

続きを読む
posted by うさくま at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 宍粟城郭研究会

2012年01月16日

福島さん講座「戦国の城と合戦」の四講日

本日のお題は「織田信長の大坂本願寺・伊丹城攻め」に加えて、前回、積み残しのあった「明智光秀の丹波攻略戦」の二本立てであった。

せっかく大阪に出ることでもあり、講義会場へ行く前にヨドバシカメラに寄って、プリンタのインク、クリアファイル、使い捨て万年筆を購入する。ついで、阪神地下売場前にある万字屋によって「街道シリーズ」の古書を三冊購入、できればカッパ横丁まで足を伸ばしたいところだが、毎日文化センターへと向かう。
講義内容は、前シリーズ「人物の語る戦国の城」の「日本初の城壁都市-蓮如の専守防衛と寺内町」を受けるもので、蓮如ののち、本願寺勢力が乱世に否応なく巻き込まれていくプロセスが語られた。

続きを読む
posted by うさくま at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2012年01月15日

加西アルプスに築かれた善防山城に登る

善防山は加西市南部に位置する標高251メートルの低山、その姿は岩におおわれた峻嶮な姿で、西方の笠松山とともにミニアルプスを呈している。その中間部にある古法華山は、我が国最古の白鳳石仏(国の重要文化財)を本尊とする古刹であり、善防山から笠松山一帯は修験の場として多くの信者を集めたところであったと思われる。

善防_遠望
東方より善防山を遠望、山上尾根筋に城跡が残る

また、善防山の南方には京都から篠山を経て姫路へ通じる国道372号線が走り、北、西、東方も地方主要道が走る交通の要衝である。それらの道は、かつて古法華に参拝する信者ら、京・丹波・播磨を往来する旅人たちで賑わったことと思われ、善防山城はそのような要衝の地を押さえる格好の位置に築かれている。

続きを読む
posted by うさくま at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2012年01月09日

西脇界隈の山城攻めに出陣

なにやら正月気分が続く三連休の最終日となった今日、宍粟城郭研究会長藤原孝三さんの誘いを受けて西脇の山城探索に出陣した。

会長いわく、山城は臨時的な構築物という性格上、工事途中で作業を中止しているものも少なくいとのこと。以前、ご一緒した宍粟柏原城、先日行った佐用の長谷高山城なども築城途中で終わった城跡で、工事を終えたところを観察、その理由を考察することから山城、ひいては地域の歴史が見えてくるのだという。「なるほど!」と納得、西脇市内にある戦国時代の城跡を案内していただいた。

続きを読む
posted by うさくま at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 播磨の山城

2012年01月05日

初雪

正月休みもアッという間に終わり、昨日は仕事始め。
天気は快晴で、これは幸先よしと思っていたら
昼過ぎあたりから吹雪となり、アッという間に外は銀世界に!

その後も雪は断続的に降り続き
今朝、起きると、外はスッカリ雪景色。
とりあえずトレッキングシューズを履いて出動

2012初雪_01

2012初雪_02


雪の朝 山靴踏みしめ バス停へ
 
と一句ひねりつつ滑りそうになりながら、
バス停に続く坂道を下っていくスリルは格別だった。
とはいいながら、雪に覆われた景色はなかなかのもので
雪は難儀ではあるが、心浮き立たせてくれる

2012初雪_03

2012初雪_04

ちなみに、いまも外を見るとチラホラと雪が舞っている
さてさて、丹波篠山は雪国ではある
posted by うさくま at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月01日

謹賀新年


あけまして 
おめでとうございます。

うさくま年賀2012


年明け早々、とっさの思いつきで
黒岡春日神社の薪能を見に行ったのですが、
出かけるのがが遅すぎて、既に終わっていました。

2012年初_春日神社 2012年初_春日能舞台

でも、初詣をすませることができ
まずまずの年明けを迎えたウサクマでした。
posted by うさくま at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記