2011年05月14日

天空農園から、若狭を経て敦賀へ

篠山市の南端に位置する弥十郎ガ嶽を越えたところにある後川新田原集落に江戸時代の古民家を活用した「農文塾」があった。しかし、家屋の傷みが激しくなり、昨年より新たな再生化プロジェクトが進められ「天空農園」として生まれ変わったという。そのオープンセレモニーがあり、縁のあるところが企画されていることもあってイベントにお邪魔してきた。

天空農園 なんともノスタルジックな佇まい

久しぶりに訪ねた後川集落は、羽束川の美しい清流、周囲を取り巻く山々と木々、谷筋に拓かれた田畑などなど、失われつつある日本の原風景を今もとどめたところであった。再生された古民家は集落の庄屋をつとめたという旧家で、円山応挙ともゆかりがある歴史を有するといい、集落を見下ろす位置を占める立地は戦国時代の土豪館は「斯くや」と思わせる雰囲気をまとっている。いろんな意味で、面白いプロジェクトが動きだしたものである。

今日の丹波篠山は快晴、ひさしぶりに吸った田舎の空気は新鮮、後川新田原は少し不便なところではあるが、機会をみつけて篠山側の辻集落から弥十郎カ嶽越えで訪れてみたいと思っている。後川の古民家再生イベントを辞したのちは、若狭経由で敦賀への移動である。

 続きを読む
posted by うさくま at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記