2011年05月05日

四たび目の黒井城攻めを堪能する

今日は、かつての同僚でツィッタ―仲間でもあるfakefuru さん、相方と三人で丹波黒井城を攻めた。三日の綾部方面の山城、昨日の三尾山城につづく三連荘の丹波戦国山城攻めとなった。fakefuru さんは戦国山城攻めははじめてとのことで、三段曲輪→太鼓の段→東出丸を経て主郭へと登るコースを選んだ。

ここ数日、遠くの山が霞んでしまうほどに黄砂がひどかったが、今日の丹波は雲ひとつない快晴、山の木々も新緑に包まれ、抜群の山攻め日和となった。太鼓の段を過ぎ、東の出丸に続く急斜面の道なき道を進んでいたとき、アッという間もなく斜面を五メートルばか滑落、身をもってfakefuru さんに城攻めの醍醐味をお見せしてしまった。

黒井_太鼓段 黒井_滑落
太鼓の段から黒井の町を俯瞰  滑落跡も生々しい斜面

服はドロドロ、手や腕にかすり傷を負ったが、カメラが無事でホッと一安心であった。戦国時代なら間違いなく討死しているところであった。

続きを読む
posted by うさくま at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 丹波の山城