2011年05月03日

綾部、甲ヶ岳城・高城山城を攻める

先日の上林谷の山城めぐりに続いて、またまた綾部の山城攻めに遠征した。今日のターゲットは、昨年末に登った高津城の東方に位置する甲ヶ岳城と中世の綾部市域に繁衍した大槻氏が築いた高城山城だ。いずれも、かねてより心にひかかっていた城で、一気に二城攻略を果たしてきた。

甲ケ岳城

最初に登った甲ヶ岳城は、綾部市南部を東西に貫流する由良川の南側に聳える標高290メートルを測る甲ヶ岳山上に遺構が残る山城だ。登り口は北麓にある中筋小学校西にある薬師さんのお堂そばにあり、ハイキングコースとして整備された山道が城址まで続いている。

甲ヶ岳_遠望
由良川を隔てた栗城址より甲ヶ岳を遠望(20101206)
甲ヶ岳_山道 ko_IMG_8489.jpg 甲ヶ岳_虎口
整備された登山道  尾根筋の堀切状の地形  主曲輪部の虎口

登り口に立てられた城址説明看板によれば、甲ヶ岳城は綾部三大山城の一つで、永禄七年(1564)、丹波守護代で八木城主の内藤宗勝が福知山盆地への進出拠点として築城したものという。天正七年(1579)六月、明智光秀の丹波攻めで八木城が陥落したとき、八木城を脱出した城主内藤氏一族の内藤正勝は再起を期して甲ケ岳城に落ち延びた。しかし、明智方の攻勢に敗れて討死、甲ケ岳城は廃城になったという。

続きを読む
posted by うさくま at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城