2010年07月26日

丹後、舞鶴の城に登る

舞鶴若狭自動車道が無料化になって、そろそろ一ヶ月、
丹波に住む者にとってはまことにありがたく重宝させてもらっている。
そのようなおり、「舞鶴の山城」という本を入手、舞鶴山城研究会の方々が編集、発行されもので、素晴らしい一冊である。早速、舞鶴の山城より「これは!」といえる城址をピックアップして真夏の陽射のなか、舞鶴若狭道を舞鶴へと車を走らせた。
 
ピックアップした城址は
東舞鶴インターチェンジの眼前に聳える小山山上にある溝尻城、
丹後守護職に任じた一色氏が最期を迎えたという中山城、
そして、一色氏の四将の一人であった三上氏が拠った志高城で、
いずれも規模の大きなものばかりである。
 
丹後-溝尻城遠望
登り口の樹徳禅寺より城址を見る

丹後-溝尻城竪堀 丹後-溝尻城主郭 丹後-溝尻城堀切
城址南西部の竪堀 ・主郭切岸と愛宕神社 ・主曲輪部北端の大堀切
 
溝尻城は矢野氏が拠った城と伝えられ、主郭を中心として各尾根に曲輪が築かれ曲輪群は竪堀を伴った堀切で明確に区画されている。
さらに、南尾根先の小山に堂奥城、南西尾根先の小山に支城を築き、山全体を城郭化している。いまも、大将口、射手口、家中などの地名が残っていて、城址の遺構と併せて戦国時代の様子を彷彿させる格好のところとなっている。
 続きを読む
posted by うさくま at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹後の山城