2010年07月20日

鎌谷城から井尻城・三宮城に登り、質志鍾乳洞に潜る

しばらくサイトの更新に熱中していたが、久しぶりの外出、
京丹波方面の鎌谷城址、井尻城址、三ノ宮城址をめぐり、京都府下唯一のも鍾乳洞である質志鍾乳洞に潜ってきた。

丹波篠山を起点として、本郷経由で鎌谷城址を目指す。
鎌谷城は紀氏から出た細見氏が拠った城で、細見氏は鎌谷あたりから篠山の本郷あたりまでを支配していた鎌谷城は京丹波方面から兵庫丹波へと通じる道を押さえる格好のところにあり、南方向をみると京丹波と兵庫丹波を隔てる八ヶ尾山が正面にあった。
農作業中の地元の方に道を聞くと、山上の神社に通じる道があり、ちょうど、祭りの準備でわかりやすい下草刈りをやったばかりだという。よく踏み固められた山道を登りきると、神社のある主郭を中心に帯曲輪、腰曲輪が築かれ、尾根先は堀切で区切られている。まことにコンパクトな縄張の城址で、戦国山城のモデルプランのようなところであった。
下山すると先ほどの方が、「暑かったやろ」と、冷えたジュースを振舞ってくださった。その美味なこと、まことに感謝感激!世の中まだまだ捨てたものではない。
 
鎌谷城址s
神社の祀られた主郭切岸と南曲輪の鳥居
 
つぎに訪れた井尻城は、水原交差点より国道9号線を京都方面へしばらく走り、井尻交差点を右折したすぐ右手の小山にある。

 続きを読む
posted by うさくま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城