2010年07月26日

丹後、舞鶴の城に登る

舞鶴若狭自動車道が無料化になって、そろそろ一ヶ月、
丹波に住む者にとってはまことにありがたく重宝させてもらっている。
そのようなおり、「舞鶴の山城」という本を入手、舞鶴山城研究会の方々が編集、発行されもので、素晴らしい一冊である。早速、舞鶴の山城より「これは!」といえる城址をピックアップして真夏の陽射のなか、舞鶴若狭道を舞鶴へと車を走らせた。
 
ピックアップした城址は
東舞鶴インターチェンジの眼前に聳える小山山上にある溝尻城、
丹後守護職に任じた一色氏が最期を迎えたという中山城、
そして、一色氏の四将の一人であった三上氏が拠った志高城で、
いずれも規模の大きなものばかりである。
 
丹後-溝尻城遠望
登り口の樹徳禅寺より城址を見る

丹後-溝尻城竪堀 丹後-溝尻城主郭 丹後-溝尻城堀切
城址南西部の竪堀 ・主郭切岸と愛宕神社 ・主曲輪部北端の大堀切
 
溝尻城は矢野氏が拠った城と伝えられ、主郭を中心として各尾根に曲輪が築かれ曲輪群は竪堀を伴った堀切で明確に区画されている。
さらに、南尾根先の小山に堂奥城、南西尾根先の小山に支城を築き、山全体を城郭化している。いまも、大将口、射手口、家中などの地名が残っていて、城址の遺構と併せて戦国時代の様子を彷彿させる格好のところとなっている。
 続きを読む
posted by うさくま at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹後の山城

2010年07月23日

多田御家人ゆかりの地、阿古谷へ

多田御家人ゆかりの地、阿古谷へ行った。
かねてよりメール交換をしていたMMさんの案内で
北摂の中世に名を残しながら
系図や歴史など謎の多い塩川氏の足跡を巡ってきた。
 
阿古谷-眺望s
三草山の麓より阿古谷を遠望する
 
阿古谷は近世を目前にして没落した塩川氏の一族が新たに居を構え
代々、血脈を伝えてきたところだ。
 
阿古谷-サイの神 阿古谷-風景 阿古谷-墓所
摂津丹波を結ぶ才の神峠  塩川氏の古城-西峰城址か?  塩川氏後裔にあたる家の墓所

MMさんは塩川家ゆかりの方で、誤解と謎に覆われた塩川氏の正しい歴史を
後世に残すためコツコツと史料調査、現地探索を続けてこられただけに
行くところ、見るところで、その熱い思いがビンビンと伝わってきた。

阿古谷の訪問は今回で三度目になるが
MMさんの熱いガイドは、改めて塩川氏の通史
塩川氏を中心とした北摂戦国史へのアプローチに邁進せねば!と
心地よい叱咤激励をいただいた気分だ。
まずは、塩川氏が抗争を繰り返した能勢氏領との境目にある中世山城群の攻略を
暑さが一段落した初秋あたりからはじめようと計画している。
by kuma
posted by うさくま at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2010年07月22日

県立図書館に遠征

今年も、夏の青春18切符を購入、
まずは、久しぶりに県立図書館へ資料探しに行ってきた。

朝のニュースで新幹線が保守車両の事故で、新大阪と岡山間の山容新幹線が運転中止とのこ報道。これは在来線は混んでるのではなかろうか?と心配したが、それほどのこともなく明石に到着、明石城を探索しながら図書館へ。
 
明石城-巽櫓s
夏の青空と見事なコントラストを見せる巽櫓
 
図書館に来るたびに明石城のあちらこちらを探索しているのだが、何度来ても、何度見ても・・・飽きることはない。
土でできた山城は戦国時代を実感させる荒々しい生命力のようなものがあっておおいに魅力的だが、近世城郭はチョッと取り澄ましたような、石垣の素晴らしさ、櫓の美しさがあってそれはそれで面白い。
 
明石城-大手石垣 明石城-坤櫓 明石城-西丸土塁
大手口の石垣 ・西ノ丸より坤櫓を見る ・西ノ丸の土塁
 
大手を入ると正面に巽櫓と坤櫓、それを結ぶ高石垣が飛び込んでくる。
ベージュ色の石垣、白壁、瓦屋根、そして城址の木々の緑、おりからの真夏の陽射に照らし出された、それらのコントラストが実に素晴らしい!
 
明石城-水濠 明石城-東丸石垣 明石城-三の丸石垣
本丸北方の水濠 ・東ノ丸の石垣 ・三ノ丸東方の高石垣と登城道
 
城址はその多くが図書館、野球場といった公共施設化しているものの、周囲の濠をはじめ、本丸、二の丸、西の丸、東の丸に残る遺構は見応え十分である
さらに、要所に残る土塁、また、竪堀状の地形など山城の味わいも残されている。<
明石駅から図書館へいくコースはどこにするか?、図書館でドップリと資料探しに耽溺したのちはブラブラと城内をそぞろ歩きしながら明石駅へ。来るたびに時計と空模様をみながらコースを選び、新しい明石城の表情を発見する…、県立図書館通いはこれがあるから楽しいのだ!
by kuma

posted by うさくま at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月20日

鎌谷城から井尻城・三宮城に登り、質志鍾乳洞に潜る

しばらくサイトの更新に熱中していたが、久しぶりの外出、
京丹波方面の鎌谷城址、井尻城址、三ノ宮城址をめぐり、京都府下唯一のも鍾乳洞である質志鍾乳洞に潜ってきた。

丹波篠山を起点として、本郷経由で鎌谷城址を目指す。
鎌谷城は紀氏から出た細見氏が拠った城で、細見氏は鎌谷あたりから篠山の本郷あたりまでを支配していた鎌谷城は京丹波方面から兵庫丹波へと通じる道を押さえる格好のところにあり、南方向をみると京丹波と兵庫丹波を隔てる八ヶ尾山が正面にあった。
農作業中の地元の方に道を聞くと、山上の神社に通じる道があり、ちょうど、祭りの準備でわかりやすい下草刈りをやったばかりだという。よく踏み固められた山道を登りきると、神社のある主郭を中心に帯曲輪、腰曲輪が築かれ、尾根先は堀切で区切られている。まことにコンパクトな縄張の城址で、戦国山城のモデルプランのようなところであった。
下山すると先ほどの方が、「暑かったやろ」と、冷えたジュースを振舞ってくださった。その美味なこと、まことに感謝感激!世の中まだまだ捨てたものではない。
 
鎌谷城址s
神社の祀られた主郭切岸と南曲輪の鳥居
 
つぎに訪れた井尻城は、水原交差点より国道9号線を京都方面へしばらく走り、井尻交差点を右折したすぐ右手の小山にある。

 続きを読む
posted by うさくま at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 丹波の山城

2010年07月15日

槿が咲く

槿の花が咲いた。

昨年、妙な花の付き方がしたので
元気のない株を伐ったこともあって
ヒョットして今年は咲かないかも・・・などと心配していた。

槿咲く

たくさんの蕾が付いているので
これからしばらく咲き続けてくれそうだ。
この前蕾を付けた桔梗も
つぎつぎと花を咲かせている。

桔梗咲く

全体としては放ったらかしの野放図な庭で
ウサとしては気にいらないところもあるようだが、
揶揄豊かなところがクマ的にはお気に入りである。
by kuma

posted by うさくま at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月09日

三木に行く

以前よりメールで摂津国人塩川氏の情報を
いただいていたMMさんを訪ねて三木に行ってきた。
三木は羽柴秀吉の干殺し作戦で敗れ去った
播磨の戦国大名別所氏が拠った三木城があったところで
今回で三度目の訪問である。

三木-城址s
美嚢川越しに三木城址を見る

MMさんのお宅を訪ねたあと、パラツク雨のなか
美嚢川越しに三木城址をみながら
市内をぶらりと歩いてみると、古い佇まいが残った懐かしい町だった。
さらに、帰り道の途中に三木城攻めの途中で客死した
竹中半兵衛の墓に参拝、墓所には九枚笹の紋が据えられていた。
墓所のまわりはキレイに整備され
三十代のなかばで客死した武将が手あつく祀られていることを実感する。

三木-紋 三木-街 三木-半兵衛墓
別所氏の紋を発見 ・風情のある造り酒屋の佇まい ・竹中半兵衛の墓所

さらに、車を走らせていると藤原惺窩が生まれた冷泉館址、
その北方には中世武家渡瀬氏が支配していた渡瀬が・・・。
いずれも三木別所氏に関わる史跡で、
渡瀬氏はのちに三万石の大名に出世したものの、
豊臣秀次事件に連座して自害して果てたといわれる不遇な武家だ。
渡瀬氏が築いた渡瀬城址は高校の敷地となり大半は失われてしまったというが
渡瀬氏の歴史探索と併せていつか訪ねてみたいところだ。
 
三田西インターチェンジより播磨三木に通じるコースは
随所に三木氏をめぐる戦国史が刻み込まれた、戦国ロードである。
by kuma

posted by うさくま at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月07日

そろそろ桔梗の蕾が綻びる気配

先日、桔梗の蕾を発見したと思ったら
なんと!虫に食われてしまった。
その後、木酢液などをかけて虫駆除に努めたところ
被害は一つに抑えることができた。
 
今朝、何気なくみたところ、
蕾が紫に色付き、近いうちに花開きそうだ。

  庭の桔梗
 
蕾をよく見ると、
桔梗の花形の五角形になっている。
自然の造形というのは理詰めだな〜と思うと面白い。
 
庭の紅白撫子

今年は花の付きがよくない撫子だが
それでも、小さな花をポツポツと咲かせている。
見れば、めでたく紅白のそろい咲き…!
どういう形であれ、咲くべき花が咲くのはホッとするな〜。
by kuma 
posted by うさくま at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月06日

丹波ささやまおもしろゼミナールに参加

この春、申し込んでいた『丹波ささやまおもしろゼミナール』 の
「宝篋印塔めぐり」 に参加した。

チャーターされたバスに乗り込んだ参加者は四十人くらい
自分も含めて、ほとんどの方がリタイア組で占められていた。
もっとも、平日の火曜日に
宝篋印塔をめぐり歩く、物好きな人も少ないだろうが・・・。
天気はといえば、明け方に降った雨がまだ残っているかのような空模様、
宝篋印塔がある林の中は湿気もひどく、これは降るかも?と思ったが、
午後からは太陽が顔を出し、快適な「宝篋印塔めぐり」 とあいなった。
 
ゼミ01_出発
一番目に訪ねる宝篋印塔がある味間南を歩く

ゼミ01_味間南 ゼミ01_東木之部 ゼミ01_宮田 ゼミ01_東浜谷
味間南の宝篋印塔 東木之部の宝篋印塔 宮田の宝篋印塔 福応寺跡の宝篋印塔

ゼミ01_説明
小野奥谷の宝篋印塔を見ながらガイドさんの説明を聞く

ゼミ01_鷲尾 ゼミ01_小野奥谷 ゼミ01_奥原山
鷲尾の宝篋印塔 小野奥谷の宝篋印塔 奥原山の宝篋印塔

すでに訪問した宝篋印塔もあったが、
ボランティアガイドの方によるムダのない的確な説明に
改めて篠山市内に散在する宝篋印塔の歴史を勉強させていただいた。
さらに、移動中のバスのなかでは、かつて篠山を走っていた軽便鉄道のこと、
地名のことからむかしの篠山のこと など、
地元で生まれ育った方ならではの話も飛び出して、
まことに有意義な得がたい時間を過ごすことができた。 
by kuma
 
posted by うさくま at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2010年07月04日

くまさん屋を立ち上げる!

前々からネットショップをやりたいな〜と言っていた
ウサとポチの要望に応えて『くまさん屋』を立ち上げた。

まったくの見切り発車で、入れ物を作っただけに過ぎないが、
取り急ぎ、商品カテゴリとして、『家紋関連』 と 『電子ブック』 を作成。
『家紋関連』には、以前よりロムとして商品化していた
家紋画像データ ●Windows版 ●Mac 版 をアップ。
『電子ブック』には、「見聞諸家紋」をPDF化したものをアップしてみた。 

くまさん屋

これから、追々にグッズを作成、アップしていく…予定だが、
さて、どうなることやら。
楽しみなような、怖いような…
by kuma
posted by うさくま at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記