2019年09月19日

おもゼミの下見で八上城に登山してみたが・・・

朝一番、先週、学会に出席ということで休診だった
丹波市の某医院に行って診療を受ける。

医院を出たあと薬を受け取り、一路、集合場所の
城東公民館へと車を飛ばした。丹波から篠山城東まで
約40分、何とか集合時間に間に合った。

0917image1.jpeg
0917 西方の乙女塚あたりから撮影

かくして、今日のメーンイベントである八上城登山。
おもしろゼミナール山城編に係る登山だが、ガイド役の
T さんが発熱により無念のリタイアをされたが、サポート組の
3人が城東公民館に集合して下見登山を決行した。

八月の後半より山上からの展望を確保するため
主郭部を中心に木々の伐採が進められている。
実際に現場に立ってみると、城跡にあった木々、バッサバッサと切られていた。

a70419484_2276941452404421_3584366704928489472_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 篠山の山城

2019年09月15日

有子山城の整備作業、神戸で戦国呑み会

ここ一週間、異常な暑さが続いている。
今日も快晴、天気予報では30度を超えるとのこと。
ではあるが、かねて予定されていた山名城研による
有子山城跡の草刈ボランティア作業に参加するため
早起きして相方と出石へと出っ張った。

丹波篠山から出石まで、いつもの豊岡道ルートだが
改めて沿線を見ると戦国山城が鈴なりに連なっている。
まずは大山城、金山、柏原八幡、高山寺、沼、東芦田、山垣、田ノ口と続き、

a70079747_3082585835145246_8118333357399474176_n.jpg

b70787722_3082586555145174_3111553177153961984_n.jpg

c70353199_3082586931811803_7749472430623555584_n.jpg

d70163656_3082587378478425_3190959047918485504_n.jpg

遠坂を越えて但馬に入ると柴、諏訪、竹田、枚田と続き、宵田、国分寺、
そして出石盆地が近づくと山名氏が本拠地とした此隅山が現れ、
今日の決戦の場となる有子山城が前方に姿を見せるのであった。

e69967900_3082587791811717_6626757259210784768_n.jpg

f70353449_3082588258478337_4758623798880632832_n.jpg

g70193355_3082588578478305_4686016642302345216_n.jpg

h70038655_3086178914785938_1610922050954723328_n.jpg

i70397020_3086179448119218_4491084526461648896_n.jpg

続きを読む
posted by うさくま at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬の山城

2019年09月14日

講座丹波学 第二講 を聴講

午前中、恒例のDSG土曜会に出席。
お決まりの報告、連絡事項がサクサクと終わったのち
今日の講義「鱧切り祭」の歴史についてお勉強。
講師さん作成になるVTRを視聴しながらお話を聞くと
ビジュアル的にも分かりやすくおもしろかった。

image14.jpeg

帰路、現在、山上主郭部からの眺望を確保するため
実施されている伐採作業の進捗状況を山麓から遠望。

70254796_3080372748699888_7278137316491657216_n.jpg

木曜日の丹波新聞にも記事が掲載されていた通り
着々とづ進んでいるように見えた。来週の19日にイベントの
下見を兼ねて登城するが、作業は終了しているだろうか?

午後の部は、前回、現説でスルーした「講座丹波学」を聴講。
お題は『明智光秀の丹波支配』、講師は福島克彦氏である。

続きを読む
posted by うさくま at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2019年09月13日

増えるは診察券ばかりという話

朝、一ヶ月ぶりに泌尿器科へ受診に行ったところ
なんと学会出張とのことで休診だった。
状態が好転しないうえに、塗薬もきれてしまった
「困ったな」と思ったがどうしようもない。

ムダに氷上を往復して、次の目的地である西紀記念病院に移動
昨年来、左目がカスミ、二重に見えるようになった
これは何か変だな?と。何より夜の運転に触りが生じ
モノを見るにしても違和感が拭えなくなってきた。

続きを読む
posted by うさくま at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月08日

東播磨の加西・加東市の墓地で家紋探索。

先日、加東から加西あたりを歴史ウォークしたとき、
心にひかかる名字、家紋があり、今日、改めて
加西から加東あたりの墓地を訪ね歩いた。

まずは、加西市の鶉野飛行場跡近くで見つけた「菖蒲」紋。
清慶寺という浄土宗のお寺がある中野のあたりに三宅名字が集中、
墓地を訪ねてみると「菖蒲」紋で統一されていた。菖蒲は
杜若、あやめ とそっくりで、家紋の世界では「杜若」紋が知られる。
三宅さんの家紋も「菖蒲」ではなく「杜若」が正しい呼称かと思われ
そこらへんも出来れば調査、由来を知られればと思った。

続きを読む
posted by うさくま at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋

2019年09月07日

丹波大山の昔ばなし、歴史講座を拝聴

丹波篠山市民センターで、「大山昔ばなしの会」さんによる
丹波国大山庄にかかる昔ばなし、石造物、大山史などの話を聴講した。

昔ばなしの会の小林会長は、駅からウォーキングのガイド役や
おもしろゼミナールの調査でお世話になった大山の歴史通の一人。
先月だったか、今日の講座の前打ち合わせにこられた時、
久しぶりにお話をうかがい、今日のお話し会に混ぜてもらった。

続きを読む
posted by うさくま at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴講録

2019年09月04日

東播磨のお寺、墓地をめぐった

9月1日の日曜日、加東市滝野の光明寺、加西市の鶉野飛行場を訪ねた。かねてより行きたかったところで、それぞれの有する歴史を堪能した。また、移動の途中に見つけた墓地やお寺への寄り道もおもしろ楽しかった。

東播磨の地図0901.png

続きを読む
posted by うさくま at 08:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋

2019年09月01日

東播磨の中世と近代の史跡を訪ねる

先週、昨日と一緒した歴城友のS氏と、かねて予定していた
加西市鶉野の戦争遺跡跡をメーンとした東播磨の歴史散策を楽しんだ。

集合場所で落ち合い、S友Mさんの車に乗せてもらい
まずは、観応の擾乱における戦場となった光明寺を訪ねることになった。
その途中、中世、滝野庄の政所が置かれたという地に鎮座する
春日神社に寄り道。播磨の地を遊行していた法道仙人に、
武甕槌命が光明寺の建立をお告げし、仙人は光明寺を建立した。そして、
武甕槌命を祭神とする社を造営して光明寺の守護神にしたという。
その後、藤原氏の荘園として滝野庄が立庄されると、大和の春日神社から
藤原氏にゆかりの神々が勧請され春日神社に改められたと伝えられる。
あとで調べると中井権次の彫り物があったらしいが見落としてしまった。

a69413713_2249975405101026_3959940884631388160_n.jpg

光明寺は春日神社後方の山中にあり、「播磨高野」とも称される古刹。
急坂を登っていくに連れ宗教的雰囲気が濃厚となり、
かつての僧坊跡であろう土塁を伴う平坦地が散在している。

b69590218_2249976591767574_5259473348450058240_n.jpg
滝野城主阿閉佐兵衛重氏の墓所

続きを読む
posted by うさくま at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史探索

2019年08月31日

神戸と三田の境目、松原蒲公英城の現説へ

神戸電鉄道場駅の東すぐのところにある戦国山城−松原蒲公英城、
宅地開発の波に呑まれ、城山は造成、城址は消失することになった。
昨年、そのニュースを受け、現地を見に行ってより一年
消失に先立って行われていた発掘調査の現地説明会が開かれた。

31日の土曜日は「講座 丹波学」の初日であり、
蒲公英城の現地説明会とブッキング、さてどうするか?
悩んだが、蒲公英城の現地説明会に出かけていった。

b69490391_3042772362459927_630560396587040768_n.jpg
はじめて訪れたころの蒲公英城跡
c69293789_3042772732459890_1033997197370195968_n.jpg
昨年、訪れた時の蒲公英城跡

蒲公英城にはじめて訪れたのは2006年のこと、城址は
雑木と笹藪に覆われていて踏み込むのに躊躇う状態だった。しかも、
立入禁止の看板があったりして城址探訪を見送った。城山の山麓には
商店や民家もあり、まさか宅地開発で消失するとは思いもしなかった。

続きを読む
posted by うさくま at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 摂津の山城

2019年08月26日

備中、備前の山城攻めに遠征

昨年の台風水害で大きな犠牲をはらった岡山の真備町、
その水害によりかねてから計画されていた小田川、高梁川の
治水工事が急遽、進められることになった。
その結果、潰されることになったのが小田川と高梁川の合流点を
押える尾根筋に残る南山城で、この春より発掘調査が行われた。

城歴友のS氏が南山城現場事務所に見学申請を行い、
今日、いつもの四人組で南山城へと遠征した。それにプラス、
大阪からNさんが加わり、総勢五人で南山城見学会に臨んだ。

aIMG_6434.JPG

続きを読む
posted by うさくま at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 山城探索